サライ×ビッグコミックオリジナル 特別編集
『三丁目の夕日』夏の思い出編

『ビッグコミックオリジナル』創刊当時から連載が続く、『三丁目の夕日』とはいかなる作品なのか。

第2話「ムシムシ」より。冷暖房器具が普及していなかった当時、「蚊帳」は夏の必需品だった。こういった昭和30年代の道具や暮らしについての解説がしばしば入る。(C) 西岸良平

著者 西岸良平(さいがんりょうへい)さん
(漫画家・76歳)

昭和22年、東京生まれ。昭和48年、『ビッグコミックオリジナル』に『プロフェッショナル列伝』を連載。その後、同誌で『三丁目の夕日』を現在は月1回で連載中。

『三丁目の夕日』(西岸良平)が『ビッグコミックオリジナル』で連載50年

昭和30年代の東京・下町の風物を情感豊かに描く『三丁目の夕日』(西岸良平)が『ビッグコミックオリジナル』で連載を始めてから50年を迎えた。それを記念し、1000作を超える作品から夏が舞台の名作15話を一冊にまとめたのが今号の別冊付録だ。かくも長く続く理由を、マンガ・コラムニストの夏目房之介さんはこう考える。

「『三丁目の夕日』が描く世界は、東京生まれの西岸さんが子ども時代に見聞きした“ご町内”の原風景をなぞるように描いたように見えます。ですが、連載が始まった昭和40年代後半には、作品に描かれるようなご近所がつながる共同体の世界は失われつつありました。つましい暮らしのなかで、共通の情感と信頼で結ばれた、かつてあっただろう『三丁目夕日町』。それは作者により理想化されたファンタジーのなかに生き続けることになりました。激動の高度経済成長がひと段落し、人々が“豊かさ”についてふと足元を見直し始めた頃、共同体の暮らしが息づく近過去を“再発見”させてくれたのがこの作品でした」

連載が始まって以降、郷愁の風物は下町の路地裏からも一掃されていった。作品のなかで回顧される風景がいっそう輝きを帯び、人々の共感を誘うことになったのも必然だった。

作者の西岸良平さんも、連載を開始した当時をふり返り、同誌掲載のコラムでこう語っている。

《実は、10年くらいしか経っていない『昔』なんだよね。でも既に懐かしかったというのは、あの頃は古いものが驚くほどの勢いでなくなって行く時代だったから。日用品が変わる、汽車もなくなる……》(「オレとオリジナル」より)

蚊帳、風鈴、夏の行水、防火水槽……。季節を彩った日常の風物やちゃぶ台などの日用品、包丁研ぎや畳直しといった風習が便利さとひきかえに姿を消していった。当たり前すぎて顧みられることなく、気がつけば一変していた日常の暮らしを、西岸さんは愛惜を込めて漫画の中に生かし続けた。

第4話「夏の星座」より。関谷時計店のご隠居は「天文好きのおじいさん」として子どもたちに人気だが、家業は赤字続きで……。当時のつましい暮らしが垣間見える。(C) 西岸良平

前出の夏目さんもこう述懐する。

「裸電球の木賃アパートのつましい暮らしや、ハエやゴミの匂いに悩まされたり、母子家庭や結核などの貧しさに由来する不幸がさりげなく描かれたり、作者は豊かになった世の中で見えづらくなった負の面もしっかり描き込んでいます。そんな細部にわたる表現があってこそ、『三丁目』に訪れる黄昏時が見せる、明るく美しい夕景=ファンタジーが実感を伴う癒やしを与えてくれるのです。

その意味で、少し前の時代にあったかもしれない暮らしと共感の小世界を描く『三丁目の夕日』は“大人の童話”として、日常に疲れた読者の渇いた心を癒してくれるのではないでしょうか。それこそが息の長い連載になった最大の理由といえます。今のようなAIの時代だからこそ、いっそう必要とされる心の清涼剤であり続けていくことでしょう」

第5話「花火大会の夜」より。遠くで開催される花火大会を見ようと丘の上に登った兄と妹が出会ったのは亡き父親だった。ふいに訪れるファンタジーが“大人の童話”と言われるゆえん。(C) 西岸良平

別冊付録に収録した作品は、あの時代の思い出とともに、人生の機微をも描いている。

解説 夏目房之介(なつめふさのすけ)さん
(マンガ・コラムニスト、73歳)

1950年、東京生まれ。青山学院大学卒業。出版社勤務を経て、漫画、漫画評論、エッセイなど様々な分野で活躍。著書に『マンガに人生を学んで何が悪い?』『手塚治虫の冒険』など。1999年、漫画批評の業績に対し手塚治虫文化賞特別賞受賞。

コミックス『三丁目の夕日』

第1巻は『プロフェッショナル列伝』で始まった。現在、70巻「わらべ歌」まで刊行。半世紀も続く大人のメルヘン。

視覚効果を駆使して昭和30年代の街並みを見事に再現
大ヒット映画『ALWAYS 三丁目の夕日』

『ALWAYS 三丁目の夕日』監督:山崎貴 脚本:山崎貴/古沢良太 Blu-ray&DVD発売中 発売元:小学館 販売元:バップ
東京タワーの建設が進む下町に住む鈴木一家を中心に市井の人々の暮らしが描かれる。
(C)2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会

漫画を原作とし、平成17年に実写映画化されて大ヒット。令和の現在も続く“昭和レトロ”ブームを巻き起こした。平成19年に続編『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、平成24年に3作目の『ALWAYS 三丁目の夕日’64 』が公開された。

取材・文/山田英生

※この記事は『サライ』本誌2024年7月号より転載しました。

『サライ』2024年7月号は別冊付録「サライ×ビッグコミックオリジナル 特別編集
『三丁目の夕日』夏の思い出編」付き。

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店