新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

今回ご紹介するコレ、一見アクセサリーにも見えるかもしれませんが、実はがっしりと組み合わさった…

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

文/鈴木拓也いまや一千万匹に届くかという、日本の飼い猫。犬よりも飼いやすいということで、…

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

ベランダにスリッパで出ようとして、いざ履こうとすると前後が逆になっている……というのはよくあ…

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

取材・文/池田充枝死絵(しにえ)とは、江戸時代後期に盛んになった浮世絵の一分野で、人気の歌舞…

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  逸品についての記事一覧

  1.  

    本場福岡『稚加榮』の明太子|辛さの中に出しの旨みが効いたご飯の友【魅惑のお取り寄せ】

         

    熱々の炊きたてご飯と美味しいご飯のお供、それだけあれば他には何もいらない。そんな時、日本に生まれてよかったなあと思いませんか。漬物をはじめご飯のお供にもいろいろありますが、そのひとつが明太子。本場の福岡県にはいろいろ工夫をこ…

  2.  

    稲庭中華そば|秋田「稲庭うどん」の伝統製法で作られたラーメン【魅惑のお取り寄せ】

         

    手がかじかんでマフラーや手袋が恋しくなる季節。ふんわりスープの湯気が立ち上る中華そばに、チャ…

  3.  

    長濱ニューメイク|近江長浜で生まれた国産クラフトウイスキー【魅惑のお取り寄せ】

         

    日が落ちる時間が早くなって、夜が長くなる秋から冬。ロックグラス片手に好きな作家の本を紐解いて…

  4.  

    『こんぶ土居』の十倍出し|大阪の老舗がつくる便利な本格昆布出し【魅惑のお取り寄せ】

         

    取材・文/わたなべあや日々何かと忙しくても、食事をする時はふっと緊張の糸を緩めてみたくなりま…

  5.  

    近江長浜『一湖房』の合鴨鍋セット|身も心も芯から温まる冬の味覚【魅惑のお取り寄せ】

         

    取材・文/わたなべあや吐く息が白くなる季節、遠くシベリア大陸から鴨や白鳥などの冬鳥が…

  6.  

    ノーベル賞受賞で注目!「体内時計」の研究でわかった健康生活2つの原則【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏私たちの生活の大部分を占める睡眠・食事・仕事が、人体に大きな影響を与えて…

  7.  

    トヨタ カムリ|4ドアセダンの復権を目指す世界基準の名車、新型カムリ

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)ビューティフル・モンスター(美しき怪物)をテーマに、6年ぶ…

  8.  

    落語家・春風亭一之輔、『アクアスキュータム』を粋に装う

         

    取材・文/堀けいこ気鋭の真打として注目を集める、落語家の春風亭一之輔さん。寄席や劇場を忙しく…

  9.  

    遠近が瞬時に切り替わる遠近両用メガネ「TouchFocus」に編集長も驚いた

         

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)毎月『サライ』の発売日にあわせてサライプレミアム倶楽部の皆…

  10.  

    ピュアモルトスピーカー|ウィスキーの熟成樽材を使った奇跡のスピーカー

         

    いつの時代にも、イノベーションは「常識を疑う」ところから始まる。そのとき必要なのは、「前例」のたぐい…

  11. 左から北斗星、ゆうづる、日本海  

    JR列車ヘッドマーク越前蒔絵時計|往年の寝台列車のヘッドマークが文字盤に

         

    かつては日本列島の主要幹線を走っていた寝台列車も次々に姿を消し、定期運行としては、東京駅と高…

  12.  

    今だけ!ジェイアール京都伊勢丹限定で手に入る京都の銘品3つ

         

    取材・文/末原美裕京都の老舗の名店が軒を連ねているジェイアール京都伊勢丹は、JR京都…

  13.  

    楽器のような響きを実現!オンキヨーが「桐のスピーカー」を開発

         

    桐は古くから、家具に適した木として愛されてきた。その信頼性は箪笥に使われることからも明らかだ…

  14.  

    《LCI》のフロアランプ|イタリア生まれのモダンで粋な照明(ルーメンセンター・イタリア)

         

    イタリアを拠点にモダンで洗練された照明器具を作り続けているメーカー「ルーメンセンター・イタリア(LC…

  15.  

    『鎌倉清雅堂』の「鎚起(ついき)」のうつわ|職人技が光る金属器の艶めき

         

    文・写真/鈴木拓也鎌倉の長谷寺や大仏のほど近くに店舗を構える『鎌倉清雅堂』は、「鎚起…

  16.  

    腕時計に彫金を施して唯一無二の逸品に仕立てる工房

         

    文・取材/山内貴範JR秋葉原駅~御徒町駅間の高架橋の下にある、国内の伝統工芸品などのショップ…

  17.  

    走る家「モーターホーム」の失敗しない選び方ポイント6つ【魅惑のモーターホーム 第2回】

         

    写真・文/柳澤史樹モータホームは、家としての居住機能を誇る「家車」。前回の記事では、…

  18.  

    国際コンテストで認定!世界の「本物オリーブオイル」16選

         

    文/編集部日本人の食事にもすっかり融けこんできた感のあるオリーブオイル。ドレッシング…

  19.  

    ミナセの腕時計|山間の工房で匠がつくる機械式時計【知られざる秋田・羽後町へ2】

         

    文・取材/山内貴範個性的なデザインと、職人技を感じさせる作りで人気が急上昇している国産の機械…

  20.  

    “走る別荘”モーターホームの国産車「B.C.ヴァーノン」誕生の理由【魅惑のモーターホームライフ 第1回】

         

    写真・文/柳澤史樹気が向いたらいつでもエンジンをかけて出発。絶景の景色を見つけたらそ…

  21.  

    BMW 5シリーズ セダン|格段に進化!低燃費と高い安全性を誇る新型4ドアセダン【石川真禧照の名車を利く】

         

    文・石川真禧照(自動車生活探険家)ドイツの自動車メーカーBMWの主力車種が約7年ぶり…

  22.  

    匠の技が生む圧倒的な存在感!人気上昇「ミナセ」の腕時計(秋田県羽後町)

         

    文・取材/山内貴範鳥海山の麓に広がる秋田県羽後町(うごまち)。数百年の歴史を持つという「西馬…

  23.  

    アウトランダーPHEV(三菱)|これぞ次世代の4WD電気自動車【石川真禧照の名車を利く】

         

    文・石川真禧照(自動車生活探険家)アウトランダーは三菱自動車の中型SUV(スポーツ志…

  24.  

    宝物館には日本最古級の懐中時計も!「近江神宮」は世にも珍しい時計神社

         

    文・取材/山内貴範来たる6月10日は“時の記念日”だ。これは、天智天皇の命により設置された、…

  25.  

    地元でも愛される北の珍味!北海道・帯広『牧野水産』の「塩辛」【辰巳芳子の「私のおすすめ」5】

         

    談/辰巳芳子(料理家)漁師は、自然の恵みをいただく仕事です。好漁も不漁もあるでしょう…

  26.  

    男の酒肴かくあるべし!北海道・広尾のししゃも【辰巳芳子の「私のおすすめ」4】

         

    談/辰巳芳子(料理家)人間がお酒を飲むということは、原初から、お酒の力を借りて体を養うという…

  27.  

    粋な自転車で東京の下町を走る!tokyobike(トーキョーバイク)のレンタサイクル【見つけたニッポンの佳いモノがたり5】

         

    文・写真/秋山都東京の「谷根千(谷中、根津、千駄木)」エリアを巡っていると、カメラを片手にこ…

  28.  

    注ぐだけで普段着ワインの風味が向上!画期的な酒器「BIRDY.デキャンタ」【見つけたニッポンの佳いモノがたり4】

         

    文・写真/秋山都日本の町工場における技術力の高さについては、メディアでもよく取り上げ…

  29.  

    辰巳芳子さん考案の「しゃもじと物相(もっそう)」【辰巳芳子の「私のおすすめ」3】

         

    談/辰巳芳子(料理家)料理をする上で、道具をきちんと考えることは大切です。例えば、自…

  30.  

    合わせて175歳超の音楽家夫婦が切り盛り!江古田『砂時計』は音大生が集うユニーク洋食店【大人の東京実用グルメ10】

         

    文・写真/鈴木隆祐B級グルメは決してA級の下降線にはない。それはそれで独自の価値あるもの…

PAGE TOP