文・石川真禧照(自動車生活探険家)

三菱自動車が、得意とする電気自動車技術と4輪駆動技術を昇華させ、外部充電が可能なハイブリッド方式のSUV(多目的スポーツ車)を生み出した。ラリーで鍛えた車体制御技術で、異次元の走りを楽しめる。

前照灯を上下2段に変え、前モデルより個性を増した。車体前部から後方にはね上がる面構成が特徴的。

地球温暖化に端を発した脱炭素社会実現のために、脱ガソリン車の動きが話題になっている。日本ではトヨタが主導するエンジン+モーターのハイブリッド車が人気になり、定着してきた。しかし、本格的な脱炭素化にはEV(電気自動車)や水素燃料を用いるFCV(燃料電池車)が主役にならなければ実現は難しい。日本の場合、とくに都会で集合住宅や月極駐車場の利用が多く、充電設備の設置など、EVへの給電体制の構築が課題になっている。

本連載でも何度かEVを取り上げているが、日常生活のなかでEVを使うとなると、現時点では給電の不自由を痛感することも多い。その点で、プラグインハイブリッド車(PHEV)は、いまの日本の給電事情に合った脱炭素化への第一歩といえそうだ。

発電できるハイブリッド車

ドア窓を小さくし、クーペ的な形を強調した側面。前輪〜車体前部がやや長めの形状。

三菱/エクリプスクロスPHEVは、外部充電器からの給電のほか、ガソリンエンジンで走行中に発電して自車充電もできるプラグインハイブリッド車である。エンジンとモーターという2種類の動力源を搭載している点では、ハイブリッド車と同じだが、電池に外部からも充電できる点が異なる。

ハイブリッド車がモーターだけで走行できる距離は2~3kmぐらいであるのに対し、PHEVは20~50kmほどの距離をモーターだけで走行できる。欧州など脱炭素化が進む地域では、自宅から高速道路までモーターで走行し、高速道路ではエンジンで走り(同時に電池に充電し)、高速道路を降りてからは再びモーターで走行、というように排出ガスを最小化する使い方が増えている。

運転席は電動調整式で、やや高めの着座位置。
後席の床面はほぼ平らで、頭上も広い。
後席背もたれを前に倒すことで荷室を広くできる。リアゲートが重いのは要改良箇所。

ラリーで鍛えた制御技術とふたつのモーターで4輪を駆動

前傾姿勢の形状を強調した後ろ姿。「PHEV」を表すエンブレムが後面と側面に付く。

モーターだけで走行できる距離はカタログ上で57.3km。実走でも40kmくらいまではモーターのみでの走行は可能だ。買い物や片道20kmぐらいのお出掛けならモーターのみで走行できる。その際、排出ガスはゼロということになる。

モーター走行時にブレーキをかけたり、アクセルペダルから足を離すと、回生装置(発電機能)が作動し、エンジンブレーキがかかったように減速する。回生機能の容量(強さ)は、ハンドル奥のパドルシフトレバーで運転者が選択できる。下り坂などで回生装置の強さを操作し、工夫して電気を作るというPHEVならではの運転の楽しみも味わえるのだ。

前席は運転席と助手席をはっきりと分けている。中央の大型画面はスマホ連動のナビ。
充電口。200V充電(左)は約4.5時間で満充電、急速充電(右)は25分で約80%充電可。
荷室内に100vのコンセントがあり、1500wまでの電化製品を使用できる。

エクリプスクロスは4輪駆動車だ。モーターは前輪と後輪の駆動用に2基備えられている。前後輪の駆動力と制動力の配分は、運転者がスイッチの操作で4つのパターンから選択することができる。

三菱はかつてランサーエボリューションやパジェロなどのスポーツカー志向の4輪駆動車で世界各地のラリーを席巻した。レースで培った車体制御技術を存分に活かしたエクリプスクロスは、乗れば日本中を走り回ってみたくなるじつに楽しい車なのである。

車体前部には2.4Lガソリンエンジンと前輪用モーター、総合制御部品が収まる。

三菱/エクリプスクロス PHEV Pグレード
全長×全幅×全高:4545×1805×1685mm
ホイールベース:2670mm
車両重量:1950㎏
エンジン:モーター直列4気筒DOHC2.4L ガソリン:永久磁石式同期型モーター
最高出力:128PS/4500rpm:82PS/95PS
最大トルク:20.3㎏-m/4500rpm:14.0㎏-m/19.9㎏-m
駆動方式:ツインモーター4輪駆動
燃料消費量:16.4km/L(ハイブリッド/WLTCモード)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 43L
ミッション形式:1段固定式
サスペンション形式:前:ストラット式 後:マルチリンク式
ブレーキ形式:前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク
乗車定員:5名
車両価格:447万7000円
問い合わせ先:お客様相談センター 電話:0120・324・860

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2021年5月号より転載しました。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品