新着記事

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

文・写真/杉﨑行恭東海道線の下り電車は藤沢から相模湾沿岸に出る。そこから辻堂、茅ヶ崎を経て相…

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

大河ドラマを影で支えるのが美術スタッフの存在。美術は、画面に映るすべてを担当しているといっても過…

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

サライで15年にわたり「命といふもの」を連載した、日本画家の堀文子さん(1918~2019)…

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への期待が高まっている理由のひとつは、名作大河とい…

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

日本には素晴らしい景色に囲まれた場所がたくさんあります。1年の始まりに出かけるという方も多い…

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してス…

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

長いお正月休み。いつもより体重が増えてしまった、ということはありませんか? ダイエットサポー…

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

誰でもネガティブな考えを持つことはある。そして、それをことさら悪くとらえ、さらに悪い方向に進…

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

■マグネシウムとは?最近注目されている美容ミネラル(アンチエイジングミネラル)、マグネシウム…

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

文・写真/陣内真佐子(グアム在住ライター/海外書き人クラブ)広大な太平洋に浮かぶ…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  逸品についての記事一覧

  1.  

    妖しくも美しき画家・金子國義の「モナリザ」は猫を抱いた謎の少女像

         

    文/編集部書籍や雑誌やレコードの装画で、駅張りのポスターで、きっとどこかで見たことがあるだろう。特徴的な顔立ち、妖しくも美しい独特な雰囲気。日常の中の異界を垣間見せてくれるような不思議な絵。金子國義(かねこ・くによし、1936〜20…

  2.  

    知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

  3.  

    「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  4.  

    鉄板を叩いてつくる山田工業所の「打ち出し式」鉄フライパン【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部中華料理の料理人にとって、鍋は最も重要な道具である。炒める、揚げる、煮る、蒸…

  5.  

    心が満たされないときには(テリー伊藤のクルマコラム 第11回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  6.  

    木の遊び人・永易真門さんの木製デスクペンとアロマポット【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部長野県茅野市、八ヶ岳を見晴かす標高1200メートルの高原に、小さな木…

  7.  

    ホンダ シビック|登場から46年、10代目はスポーティな味付けの高性能セダン【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)初代の登場は46年前。一世を風靡した車種が次々と消えていく…

  8.  

    100万円で『ちょっと違う世界』を買おう(テリー伊藤のクルマコラム 第10回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  9.  

    人気の戦記漫画『空母いぶき』ラベルの特別なウイスキー

         

    文/編集部『ビッグコミック』(小学館)にて連載中の人気漫画「空母いぶき」(かわぐちか…

  10.  

    明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)日本酒、特に純米酒の美味しさに目覚めて20年近く。毎週末、酒屋に…

  11.  

    ゴルフの帝王J・ニクラウスゆかり「ゴールデンベア」ポロシャツ《プレゼントあり》【定番ブランドものがたり】

         

    文/編集部胸ポケットについた熊のマークのポロシャツで、サライ世代にもおなじみの「ゴールデンベ…

  12.  

    「そうだ、いすゞという手があったじゃないか!」(テリー伊藤のクルマコラム 第9回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  13.  

    高齢者の声を集めて作った『マグちゃん』はシニア世代の理想の水筒か

         

    文/編集部だんだんと気温が上がってくると、汗もかくし、喉の乾きも早くなる。そうなると、ちょっ…

  14.  

    「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  15.  

    【名門校の青春食堂 第3回】武蔵高等学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

         

    文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

  16.  

    『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  17.  

    福岡・内野宿産の上質な卵「うちのたまご」を使った焼き菓子《プレゼントあり》

         

    シュガーロードとも呼ばれ、古来、菓子文化が発達してきた長崎街道。その宿場街のひとつ内野宿は、…

  18.  

    フォルクスワーゲンよ、いつまでも一緒にいよう!(テリー伊藤のクルマコラム 第6回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  19.  

    グッドイヤーの新タイヤ「コンフォート」で安全快適な運転を楽しむ【石川真禧照の名車を利く 特別編】[PR]

         

    取材・文/石川真禧照(自動車生活探険家)車の先進技術と同様に、タイヤも日々進化を遂げている。…

  20.  

    クルマとの相性って?(テリー伊藤のクルマコラム 第5回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  21.  

    今こそ、かわいいクルマを買おう!(テリー伊藤のクルマコラム 第4回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  22.  

    「クルマでモテる」はアリなんです!(テリー伊藤のクルマコラム 第3回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  23.  

    湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也中国発祥の饅頭は、鎌倉時代に中国留学から帰ってきた禅僧によってもた…

  24.  

    木製ウォッチ『カーベックス』|使い込むほどに艶が増す天然木の腕時計

         

    カナダのバンクーバーに拠点を置くテンス社から届いた、珍しい木製腕時計をご紹介。ベルトだけが木…

  25.  

    肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也日本が戦乱のさなかにあった1543年、種子島に1隻の船が漂着し、日…

  26.  

    ボルボ XC60|群雄割拠のSUV市場で精彩放つボルボの主力車種【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)気候条件の厳しい北欧スウェーデンの道路に対応するよ…

  27.  

    クルマとの別れはいつも「ごめんね」ばかり(テリー伊藤のクルマコラム 第2回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  28.  

    あの陸王を地で行く“足袋型歩行靴“ラフィート【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部昨年話題となったテレビドラマ『陸王』(原作:池井戸潤)は、老舗の足袋…

  29.  

    木目込みの鈴が目出度い「桐のパンケース」【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部いくら旨いと評判のパンでも、時間とともに劣化していく。放っておけば風味は落ち…

  30.  

    織りと洗いの奇跡が生んだ市松デニムのバッグ【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部ここに一枚のデニム生地がある。よく見ると、東京五輪のエンブレムにも採…

PAGE TOP