サライ.jp

文・石川真禧照(自動車生活探険家)

主動力は電気モーター。だが電気自動車のように急速充電器は必要なく、遠出の際に電池残量を気にすることもない。エンジンで発電し、電気の力でごく静かに走る、新しい様式のSUVが登場した。

日産が久々に発売した新型車は、新世代の動力源として開発した「eパワー」を搭載した小型の多目的スポーツ車だ。

自動車を動かす動力源は、ガソリンや軽油を使用するエンジンが主流だ。しかし近年は、トヨタが得意とするエンジン+モーターによるハイブリッド車や、モーターだけで走行する電気自動車(EV)が増えてきた。

そのなかで日産は「eパワー」と呼ばれる独自の手法でエコカーを開発し、実用化している。エンジンとモーターを搭載しているのだが、車の駆動力となるのはモーターだけ。エンジンは、そのモーターに電気を供給するための“発電機”として使用する。

日産は「リーフ」という100%電気モーター駆動のEVを10年前から市販化しているが、EVは原価が高い電池の搭載量が多く、車両価格が高くなってしまう。そこでモーターを主にし、エンジンを発電機として使う方法を実用化した。こうすれば電池の搭載量が少なくて済む。軽量化に加え、価格も抑えられて一石二鳥だ。実用第1号は2016年に発売した小型2ボックスカーの「ノート」だった。以降、1ボックスカーの「セレナ」でも実用化し、eパワーに関する技術力を高めてきた。

走りも価格も軽やか

今年6月、日産が久々に新型車を発売した。小型SUV(多目的スポーツ車)の「キックス」だ。

車体の全長は4.3mを切っている。トヨタ/プリウスなどより短く、ホンダ/フリード+やマツダ/CX -3とほぼ同じサイズで、扱いやすい。一方、全幅は広め。それでも日産/セレナより20mm広いだけなので、日本の狭い道でも困ることはない。車両重量はEVの日産リーフよりも300kg以上軽く、車両価格も抑えられている。

全長は4.3mを切る短さ。最低地上高は170mmを確保している。
前輪駆動。単一色9色とツートーン(2色使い)4色を用意。
今回の試乗車は、室内が2色使いの仕様で華やかな雰囲気。
計器類やナビゲーション画面は、やや高めの位置に配置されている。
試乗車の座席は茶と紺系の合成皮革仕様。前席は手動レバーで高さ調節ができる。
後席は高い着座位置で、頭上、足元ともに広い。
後席の背もたれを前に倒し、荷室を広げることができる。
荷室床面と後席部に約10cmの段差があり、全面平らにはならない。

アクセルペダルから足を離すと減速充電が働き、強く減速

クーペのようにウェッジシェイプ(くさび形)を描く横顔と後ろ姿。
ライト類は後尾灯も含め、すべてLEDを採用している。

日産/ノートや同/セレナのeパワーよりも進化した、最新のキックスに試乗してみよう。

始動/停止ボタンを押し、変速レバーを「D」(ドライブモード)にシフトする。さらにS(スマート)/エコ/B(ノーマル)の3モードが選べる。エコモードは燃費を重視した設定で、街中や渋滞路で使用すると便利。発進はややゆったりとしていて、アクセルペダルから足を離すとエンジンブレーキがかかったみたいに減速し、そのまま走るとブレーキペダルを踏まなくても車が停止する。Sモードに切り替えると加速が速くな り、アクセルペダルを離した時の減速がやや緩やかになるが、やがて自然に停止する。このエンジンブレーキがかかっているような状態の時に、エンジンが発電機の役目を果たし、充電しているのだ。

変速レバーの前に「S(スマート)/エコ/B(ノーマル)」モードの切り替えスイッチがある。Bモードは減速充電が働かない。
前席の天井部にSOSボタンを搭載。
事故や急病時などに押すと、オペレーターに接続、警察や消防への連絡をサポート。

高速走行ではエンジンが始動する。モーターを動かす電力が不足するので、エンジン始動で発電し、電力が供給されるのだ。

車体前部にはモーターとエンジンが入っている。
エンジンは3気筒、1.2Lで充電を受け持っている。主動力源は電気モーター。

今回の試乗でのガソリンの消費量は、14~21km/Lだった。街中では20km/L超、高速では14km/L前後。電気の使い方を考えながらのドライブは、ちょっと知的なドライブの時間だった。

日産/キックス X ツートーンインテリアエディション
全長×全幅×全高4290×1760×1610mm
ホイールベース2620mm
車両重量1350kg
エンジン:モーター直列3気筒DOHC、1198㏄:交流同期発動機
最高出力82PS/6000rpm:129PS
最大トルク10.5kg-m/3600~5200rpm:26.5kg-m
駆動方式前輪駆動
燃費消費率21.6km/L(WLTCモード)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン 41L
変速機形式:─
サスペンション前:ストラット式 後:トーションビーム式
ブレーキ形式前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク
乗車定員5名
車両価格286万9900円(消費税込み)
問い合わせ先:お客様相談室 0120・315・232

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2020年12月号より転載しました。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア