新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。8月の納涼公…

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が…

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

小学生の時には誰しも行ったことのある、工場見学。大人になって訪れると、より深い視点から見るこ…

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

あなたはなぜ働いているのですか? そんな問いにあなたはどう答えるのだろうか? 多くの人は「報酬」…

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    死刑台のエレベーター|ジャズの〝新しい波〟【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第12巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズと映画、たいへん楽しそうなテーマです。私も若いころ、日活アクション映画に登場する、ナイト・クラブでジャズ・バンドを背景にヒーローたちが大活躍するシーンで、「ジャズって、カッコいい音楽だなあ」と思ったものです…

  2.  

    クール・ストラッティン|モダン・ジャズの完成形【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第11巻より

         

    文/後藤雅洋100年に及ぶジャズの歴史の中で、1950年代半ばに絶頂期を迎えた“ハー…

  3.  

    伊豆にある運慶初期の傑作~『サライ』9月号より

         

    静岡県伊豆の国市にある願成就院には、昨年国宝に指定されたばかりの仏像「木造阿弥陀如来坐像・不動明王及…

  4.  

    サライ2014年9月号|特集は「国宝への旅」です。

         

    明治30年の「古社寺保存法」の成立により初めて誕生した「国宝」。そもそもは、明治初期の廃仏毀釈で…

  5.  

    木の葉の子守唄|映画産業と戦争特需から生まれた“白人ジャズ”【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第10巻より

         

    文/後藤雅洋おそらく戦後日本のジャズ・ファンが最初に接した「本場」のジャズは、今号の…

  6.  

    グルーヴィン・ハイ|ジャズを変えたビ・バップ革命【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第9巻

         

    文/後藤雅洋みなさん何気なく「モダン・ジャズ」や「ジャズ」という言葉を使い、その違い…

  7.  

    シング、シング、シング|南部で生まれた黒人音楽の影響【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第8巻

         

    文/後藤雅洋何ごともその歴史を知っていると「なるほど、そういうことだったのか」と理解…

  8.  

    奇妙な果実|ジャズ・ヴォーカルの特殊性とは?【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第7巻

         

    文/後藤雅洋ジャズ・ヴォーカルって、いったい何なんだろう? 多くの音楽ファンのみなさ…

  9.  

    イパネマの娘|ジャズとラテン・ミュージックの深い関係とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第6巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ耳養成マガジン『JAZZ100年』6号のテーマは、ジャズとラテン・…

  10.  

    センチメンタル・ジャーニー|アルト・サックスという楽器の2つの魅力とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第5巻

         

    文/後藤雅洋前回、ジャズで使われるサックスはだいたい4種類であると説明しました。そし…

  11.  

    チュニジアの夜|テナー・サックスがジャズの花形楽器になった理由【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第4巻

         

    文/後藤雅洋本論に入る前に、トランペットと並んでジャズを代表する楽器であるサキソフォ…

  12.  

    朝日のようにさわやかに|ジャズ入門の近道は「聴き比べ」にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第3巻より

         

    文/後藤雅洋私は20歳でジャズ喫茶を開店したので、お客様から「ジャズ・マニアの熱が嵩…

  13.  

    マイ・ファニー・ヴァレンタイン|なぜトランペットは「ジャズっぽい音」がするのか【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第2巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズを代表する楽器って、いったい何だと思います? もちろん人それぞれの…

  14.  

    ワルツ・フォー・デビイ|ジャズに親しむにはピアノ・トリオから【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第1巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの聴きどころのコツを掴む「ジャズ耳」養成マガジン『JAZZ100年…

  15.  

    蕎麦切り寺の「絶対秘仏」はこうして撮影した

         

    天正10年(1582)に、織田信長配下の軍に焼き払われた宝蔵院の「絶対秘仏」を撮影するために、2…

  16.  

    蕎麦切り寺の「絶対秘仏」を撮ることになった

         

    「正月蕎麦の伝統」でちょっと触れた、新潟県妙高山麓の幻の蕎麦切り寺「宝蔵院」の本尊は、絶対秘仏で…

PAGE TOP