新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    モダン・ジャズ・カルテット|クラシックの香り漂う典雅な〝室内楽ジャズ〟【ジャズの巨人】第11巻より

         

    文/後藤雅洋「モダン・ジャズ・カルテット」略称MJQは、ジャズ界でも珍しい長寿グループです。第2次世界大戦後間もない1952年に結成されて以来、日本が「高度経済成長」を成し遂げた’74年に至る20年以上の間、初期の一時期を除…

  2.  

    ビル・エヴァンス|「ピアノ音楽としてのジャズ」を確立した鍵盤の詩人【ジャズの巨人】第10巻より

         

    文/後藤雅洋1950年代の後半から頭角を現し、惜しくも亡くなってしまう80年に至るほ…

  3.  

    オスカー・ピーターソン|圧倒的な演奏技術でジャズの魅力を伝えたピアニスト【ジャズの巨人】第9巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの楽しさをもっともわかりやすく伝えてくれるミュージシャン、それが多…

  4.  

    チャーリー・パーカー|アドリブに命をかけたモダンジャズの創造主【ジャズの巨人】第8巻より

         

    文/後藤雅洋およそ100年に及ぶジャズの歴史の中で、もっとも重要な人物は誰かと尋ねら…

  5.  

    なぜ、マツダのクルマは魅力的なのか

         

    小排気量でも力強く、低燃費な走りを可能にする新技術「スカイアクティブ」と、躍動感あふれる「魂動デザイ…

  6.  

    バド・パウエル|内なる炎が燃えるピアノ・トリオの開祖【ジャズの巨人】第7巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ史上もっとも偉大なピアニスト、バド・パウエルは、眺める角度によって…

  7.  

    アート・ブレイキー |燃えるドラムで世界を熱狂させたジャズの“親分”【ジャズの巨人】第6巻より

         

    文/後藤雅洋ある世代のみなさんにとっては、ドラマー、アート・ブレイキーのほうが、トラ…

  8.  

    マイルス・デイヴィス|常に次代のジャズを奏で続けた革命家【ジャズの巨人】第5巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズという音楽ジャンルは本来の黒人音楽としての発祥と、白人文化の影響が…

  9.  

    ソニー・ロリンズ|豪放磊落なアドリブ・ジャイアント【ジャズの巨人】第4巻より

         

    文/後藤雅洋私もそうでしたが、ジャズを聴き始めのころは外見のイメージでジャズマンを捉…

  10.  

    ジョン・コルトレーン|ジャズの究極を追い続けた求道者【ジャズの巨人】第3巻より

         

    文/後藤雅洋テナー・サックス奏者、ジョン・コルトレーンの演奏をひとことで言い表すと、…

  11.  

    ビル・エヴァンス|繊細で大胆なピアノ・トリオの改革者【ジャズの巨人】第2巻より

         

    文/後藤雅洋ビル・エヴァンスの本名はウィリアム・ジョン・エヴァンスで、1929年(昭…

  12.  

    サライ2015年5月号|特集は「いま、行くべき名城」「コンテナでつくる夏野菜」別冊付録は「風薫る奈良 仏像図鑑」です

         

    約5年におよんだ平成の大修復を追え、築城当時の美しさを取り戻した姫路城。そして各地に残る歴史の舞…

  13.  

    マイルス・デイヴィス|ジャズを創り、ジャズを超えた「帝王」【ジャズの巨人】第1巻より

         

    文/後藤雅洋1926年にイリノイ州のオールトンで生まれたマイルス・デイヴィスは、赤ん…

  14.  

    この素晴らしき世界|男性ヴォーカルがわかれば「ジャズ耳」は完成【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第26巻より 

         

    文/後藤雅洋「ジャズ耳養成マガジン」もいよいよ今号で最後です。私はちょっとしたきっか…

  15.  

    ヌアージュ|ジャズが芸術音楽になるとき【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第25巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズはいろいろな点で特殊な音楽ですが、他の音楽ジャンルと比べた最大の特…

  16.  

    ア・デイ・イン・ザ・ライフ|ミュージシャンとプロデューサーの役割分担【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第24巻 

         

    文/後藤雅洋この巻のテーマはふたつほどあります。まず、市場に山ほど出回っているジャズ…

  17.  

    ジャンピン・アット・ウッドサイド|サウンドのビッグ・バンドと即興のコンボ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第23巻より 

         

    文/後藤雅洋ジャズ・ファンは大きくビッグ・バンド・ファンとコンボ(=スモール・コンボ…

  18.  

    フル・ハウス|ジャズとブルースは兄弟として育った【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第22巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズはフィーリングの音楽といわれています。ジャズ・ファンに「どこがいい…

  19.  

    三越と琳派。その出会いの物語 〜「光琳遺品展覧会」で幕を開けた百貨店の文化事業

         

    今から約110年前、三越は百貨店としては日本で初めての美術展「光琳遺品展覧会」を開催した。この展覧会…

  20.  

    サライ2015年2月号|特集は「日本酒いま呑むべき30本」です。

         

    日本酒の酒造技術は、いま頂点を迎えたといわれています。蔵元が杜氏を兼ね、自分の主張を酒に込めやす…

  21.  

    ラウンド・ミッドナイト|個性のぶつかり合いから生まれるジャズ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第21巻より

         

    文/後藤雅洋大物同士の顔合わせはどんな世界でも興味深いもの。「2大スター夢の競演」な…

  22.  

    あのマッサンが食べた雑煮に入っていた、あるモノとは?~『サライ』1月号から

         

    もうすぐお正月です。正月の食卓に雑煮は欠かせませんが、出汁や具、餅の形には地域性が見られます。東…

  23.  

    リメンバー|「B級」にこそジャズが匂い立つ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第20巻より

         

    文/後藤雅洋「ジャズ耳養成マガジン」もすでに20号目、読者のみなさんの〝ジャズ耳〟も…

  24.  

    サライ2015年1月号|特集は「『神社』大図解」です。

         

     日本全国に8万余あるといわれる神社。一宮と呼ばれる大きな神社も、町の片隅の小さな社も、その…

  25.  

    スイート・ジョージア・ブラウン|楽器の音色が演奏の〝温度〟を決める【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第19巻より 

         

    文/後藤雅洋1日の仕事を終え、何かジャズでも聴こうかなというとき、私たちは無意識のう…

  26.  

    岡田美術館所蔵琳派名品展|三越ならではの琳派が楽しめる展覧会

         

    俵屋宗達らとともに「琳派」の創始者とされる本阿弥光悦が、徳川家康から京都洛北の鷹ヶ峯の土地を与えられ…

  27.  

    ジャンゴ|エレクトリック・ギターの出現【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第18巻より

         

    文/後藤雅洋楽器の中でいちばん身近なものといえば、ギターではないでしょうか。比較的安…

  28.  

    ブルース・マーチ|名演の陰に名ドラマーあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第17巻より

         

    文/後藤雅洋世間のみなさんにジャズならではの特徴を質問すると、多くの方々が「リズム」…

  29.  

    ファイヤー・ワルツ|ジャズの魅力は〝ライヴ〟にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第16巻より 

         

    文/後藤雅洋今回のテーマはジャズ・ライヴの魅力です。現在ではなどで音楽を聴くことが当…

  30.  

    館長がそっと教える「ウフィツィ美術館展」の見どころ

         

    10月号で紹介した「ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで」が、…

PAGE TOP