全国旅行案内図昭和39年(1964)

業務用の旅行案内図に、小出駅(新潟県)から大白川駅までが只見線として描かれている。当時会津線の終着だった只見駅(福島県)との区間は開通前だ。26.0×291.0cm。

平成23年(2011)の新潟・福島豪雨で橋や路盤が流され不通区間があった只見線が、令和4年(2022)10月、11年ぶりに全線で運転を再開した。

不通だった会津蒲生駅〜只見駅間の叶津川橋梁を行く列車。全線での運転再開は、地元に活気を取り戻したい沿線住民の悲願だった。
撮影/衣斐 隆

只見線は昭和17年(1942)に新潟県の小出駅〜大白川駅間が開通したことに始まる。一方の福島県側は、昭和16年(1941)までに会津線として会津若松駅〜会津宮下駅が開通。そこから会津川口駅へ延伸したのは、水力発電用のダムを建設するため。さらに只見駅を経て建設現場まで通じた資材運搬用の線路を、ダム完成後に転用。昭和46年(1971)、大白川駅と只見駅がつながり会津若松駅〜小出駅間が只見線となった。並走する国道252号は、県境が豪雪で閉鎖されるため、只見線は冬季唯一の交通手段となる。

文/遠藤則男 撮影/藤岡雅樹(小学館写真室)

好評発売中!

小学館100周年企画 鉄道開業150年『日本鉄道大地図館』

明治から令和の鉄道地図を収録

『日本鉄道大地図館』より「全国旅行案内図」を掲載した冒頭のページ。路線図から特急、急行、準急の停車駅がわかる。地図の上下に主要な路線図を配置している。

新橋〜横浜間に鉄道が開業した明治から令和までに発行された稀少な鉄道地図からおよそ150点を紹介。全図と部分図を掲載し、その見どころをわかりやすく解説している。3か所ある観音開きのページでは迫力の大きさで地図を見ることができる。巻末に写真や資料も豊富な150年分の年表を収録。
監修:今尾恵介 
定価:3万9600円(税込み)
仕様:A3判 418ページ 上製本 ケース付き

※詳しくはWeb特設ページをご覧ください。
https://www.shogakukan.co.jp/pr/tetsudou_chizu/ 
公式Twitter:@tetsudou_chizu

もれなく付いてくる2大特典

1.吉田初三郎の傑作 鳥瞰図風呂敷

稀代の絵師の代表作を使用。
約70.0×70.0cm
『小田原急行鉄道沿線名所図絵』昭和2年
横浜都市発展記念館 蔵

2.復刻版「運転事務用鉄道線路図」

運転士の業務用冊子を復刻。
昭和39年12月1日発行
屏風折り24.3×202.8cm
鉄道博物館 蔵

日本鉄道大地図館
監修:今尾恵介 定価:3万9600円(税込み) 仕様:A3判 418ぺージ 上製本 ケース付き

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

※この記事は『サライ』本誌2022年11月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店