新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

才を見抜く才

ここまで辿ってきたことからも分かるが、初期の曹操政権にあって荀彧(じゅんいく)の功績は破格ともいうべきものである。魏帝国の基盤は彼がつくりあげたといっても過言ではないだろう。その智謀と見識にくわえ、荀彧(じゅんいく)には、もうひとつ余人のおよばぬ長所があった。人を見る目の鋭さがそれで、しばしば人材を見出しては推薦したという。前述の郭嘉や、諸葛孔明の好敵手となる司馬懿(しばい)も荀彧(じゅんいく)の後押しをうけて曹操につかえた。荀彧(じゅんいく)が推挙したなかから、10人以上もの大臣が出たというから、その眼のたしかさに驚かされる。それでいて、いくらまわりに勧められても不出来な甥を取り立てようとはしなかった。

荀彧(じゅんいく)には、人間の能力というものが、ありありと見えていたのだろう。とはいえ、おのれの見出した司馬懿の孫・司馬炎が魏を廃することになろうとは、むろん知るよしもない。歴史のふしぎさを感じるのは、このようなときである。

憂悶のうちに死す

理想的ともいえる参謀と君主の関係をたもってきた荀彧(じゅんいく)と曹操だが、西暦212年、思いがけない破局がおとずれる。曹操の位をすすめ、皇族なみの「公」とするうごきが起こったのである。このとき猛然と異をとなえたのが荀彧(じゅんいく)で、これをきっかけにして主従のあいだからこれまでの親密さがうしなわれてしまう。天下をのぞむ曹操の野心に気づかぬ荀彧(じゅんいく)でもあるまいが、いよいよその時が近づくのを目の当たりにし、名門出の身として漢王朝を惜しむ気もちが抑えられなかったのかもしれない。

折しも曹操は孫権討伐の軍を発し(「赤壁の戦い」とは別)、荀彧(じゅんいく)にも同行を要請した。この途上、病を得た荀彧(じゅんいく)は50歳で陣没する。翌年、曹操は魏公となり、さらにその3年後には魏王の位について、帝国への道をひらくこととなった。

これが正史「三国志」の記述だが、後代に付された注では曹操から自殺を強いられたことになっている。前後の経緯から見て、ないとはいえない話だから、早い時期に広まっていたらしい。やはり正史である「後漢書」(成立は「三国志」よりあと)は、最初からこの説にもとづいて記述をすすめているし、小説「三国志演義」も、自殺説を採っている。いずれにせよ、荀彧(じゅんいく)が憂悶のうちに没したのは間違いないだろう。

たぐいまれな才をふるい、魏のいしずえを築きながらも悲劇的な死をとげた参謀・荀彧(じゅんいく)。が、その子孫は曹一族や司馬一族と縁組をむすび、三国が統一されたのちまで生きのこった。やはり人材を輩出する血筋らしく、荀彧(じゅんいく)の死後も高位にのぼったものが複数出ている。彼の遺徳も誇りをもって受け継がれていったにちがいない。そこに、わずかながらも救いを覚えるのである。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』、共著『決戦!桶狭間』、『決戦!設楽原(したらがはら)』(いずれも講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】 趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】
  2. 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 11】 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 …
  3. 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴…
  4. 兵馬俑 秦の始皇帝~暴君か英雄か【中国歴史夜話 9】
  5. 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 …
PAGE TOP