新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話 3】

文/砂原浩太朗(小説家)

曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話3】

諸葛孔明とならんで三国志を代表するのは、曹操(155~220)以外にない。小説化された「三国志演義」では悪役として描かれているが、政治家・武将としてすぐれ、詩人でもあるという懐の広さを持った人物なのだ。今世紀にはいって、その墓陵が発掘されたニュースをご記憶の方も多いだろう。彼自身に関しては、これまでも多くの書物が著されているが、本稿では比較的語られることの少ないその妻や子について記してみたい。

曹操を責めつづけた最初の妻

曹操は漢の初代皇帝・劉邦とおなじ、沛(はい)国(安徽省)の出身。祖父は権勢を誇った宦官(かんがん。去勢された廷臣)で、父が養子となって跡を継いだ。漢王朝創業の功臣につながる家柄であり、若くして首都・洛陽の治安をつかさどる任につく。これを振り出しに群雄のなかから頭角をあらわし、ついには三国のなかでも最大の強国・魏を築くこととなる。

さて、曹操の正妻は丁(てい)氏という名が伝わっているのみで、はっきりした出自は不明である。彼の家柄からしてそれほど遅い結婚ではなかったろうから、故郷を同じくする名家の子女というところではないだろうか。曹操の子・曹植(後述)のブレーンに丁儀(ていぎ)という人物がおり、やはり沛の出身である。その父と曹操は親しかったというし、丁儀も曹操の娘と結婚話があった。推測でしかないが、この一族の出身という可能性はあるだろう。

丁氏は子にめぐまれず、側室が生んだ長男・曹昂(そうこう)を引きとり、手もとで育てていた。が、西暦197年、南陽(河南省)の張繍(ちょうしゅう)を相手とするいくさで曹操が敗北、昂も戦死してしまう。悲嘆にくれた丁氏は夫をつよく責めつづけ、故郷へもどされた。時を経て彼女を迎えにいった曹操だが、丁氏は機(はた)を織りつづけるだけでひとことも発せず、ついに離縁されたという。

歌妓出身だった王后・卞氏

かわって正妻の座についたのが、卞(べん)氏。この時代の女性としては稀有なことに生年の記録があり、曹操より5歳年下である。もとは歌妓だというから酒席などで見初められたのだろう。側室になったのは20歳のときで、黄巾の乱(184)以前ということになる。丁氏は身分の低い彼女を粗略にあつかっていたが、卞氏は正妻となったあとも仕返しをすることはなかった。どころか、四季折々に丁氏へ贈り物をとどけ、対面する機会にはつねに上座へつかせたという。この配慮がかたちだけのものでなかった証に、丁氏が亡くなった折は曹操に願い出て手厚く葬っている。

彼女の聡明さをあらわすエピソードはいくつか残っているが、筆者が惹かれるのは次のような話である。卞氏は質素な女性だったが、曹操から贈り物を受けとるときは、いつも中程度の品を選んだ。そのわけを聞かれると、「上等のものを取ると欲が深いと思われますし、下のものを取ればわざとらしいと見られるからです」と応えたという。機微を心得てみごとというほかなく、ついに王后(魏王・曹操の妻)の位へ就いたのもむべなるかなという気がする。

後継者あらそいの行方

曹操には分かっているだけでも25人の男子がいたが、もっとも知られているのは、後継者となった曹丕(そうひ。187~226)と、その座をあらそった曹植(192~232)だろう。ふたりとも卞氏の所生で、曹丕が長子、曹植が第三子である。

曹植は文才にめぐまれた人物で、曹操もその才を愛で、後継者にと考えていた。が、詩人らしく自由奔放な性質だったようで、規律をまもることに無頓着なうえ酒での失態もあったから、跡継ぎは曹丕とさだまる。曹操は魏王のままで世を去り、皇帝になることはなかったが、はやくも亡くなった年のうちに曹丕が漢の帝から位を譲りうけ、魏の文帝となった。

父が没すると、曹植は兄から罪に問われ、命の瀬戸際に立たされる。七歩あるくあいだに詩をつくれば許すといわれ、みごとそれを果たしたという有名なエピソードは逸話集「世説新語」にあるもので、史実とは言いきれない。だが曹植が文才に富んでいたことは事実である。正史の「三国志」には、彼が書いた詩や文章が収録されている。

母の卞氏をはばかって助命されたものの、曹植の後半生は不遇だった。前述の丁儀らブレーンは処刑、たびたびの領地替えを強いられ41歳で没する。兄の曹丕はすでにこの世の人ではなく、甥である明帝・曹叡(そうえい)の時代となっていた。

知られざる息子たち

曹丕と曹植の話はよく知られているが、前述のように、曹操にはまだおおぜいの息子たちがいる。そのなかから、今回はあと二人を紹介しよう。

曹沖(そうちゅう)は妾腹の子だが、聡明なうえ、容姿にもすぐれていた。ある日、曹操の鞍がねずみにかじられてしまい、死罪に処されると怯えた番人から相談をうける。曹沖は羽織にねずみが開けたような穴をつくり、「不吉なことが起こる前兆では」と父のまえで不安げな表情をうかべた。曹操が「ねずみにかじられたくらいで気に病むことはない」となぐさめたところで鞍の件が報告されたため、番人は笑って許されたという。曹沖はこうして罪に問われた者を救ってやることがたびたびあり、その数は数十人におよんだ。将来を嘱望されていたが、208年、赤壁の敗戦(第2回参照)とおなじ年に13歳で亡くなっている。

曹彰(そうしょう)は曹丕や曹植とおなじく卞氏の生んだ子で、第二子にあたる。兄弟のなかでも武勇にすぐれ、猛獣とさえ格闘するほどだった。父に読書を勧められたが、「男子は将として功を挙げることこそ本望」と関心をしめさなかったという。218年、北方の異民族・烏丸(うがん)と矛をまじえた折のこと。深追いを禁じた軍令が出ているにもかかわらず、「必ず勝てる相手を見逃すのは良将にあらず」と無視して追撃、相手をさんざんに打ち破った。曹操は息子のひげをにぎって喜んだと伝えられている。曹彰は兄・曹丕に先立ち世を去った。西暦223年のことである。

それから16年後、甥にあたる明帝・曹叡(前述)が嗣子亡くして没し、養子の曹芳が跡を継ぐ。曹芳の血統は歴史上、明らかにされていないが、ただひとつ正史に記されている説が、曹彰の孫にあたるというものである。

大国・魏のいしずえを築いた曹操。「三国志演義」が劉備や孔明の側から描かれているため、これほど著名な人物でありながら、まだ光のあたっていない部分も多い。妻や息子たちのエピソードは一例だが、今後も彼のさまざまな側面が掘り起こされることだろう。新しい曹操像は、これから築かれてゆくのである。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』、共著『決戦!桶狭間』、『決戦!設楽原(したらがはら)』(いずれも講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  2. 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2…
  3. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話】 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話 1…
  4. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】にっぽん歴史夜話17】 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】【中国歴史夜話 1…
PAGE TOP