新着記事

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

関羽~神になった武人【中国歴史夜話 4】

文/砂原浩太朗(小説家)

横浜中華街の関帝廟

横浜中華街の関帝廟

「同年同月同日に生まれることは叶わなかったが、同年同月同日に死のう」――三国志ファンには説明不要、劉備、関羽、張飛がかわした「桃園の誓い」だ。黄巾の乱(184)で騒然となった世を憂える3人の好漢が、王室をたすけ民を安んずるため挙兵を決意、桃畑で義兄弟の契りをむすぶ。むろん、小説「三国志演義」による脚色なのだが、こうした誓いもあったろうと思わせるほど、劉備主従のむすびつきはつよい。本稿では、この「3兄弟」のなかでも、とくに武人として人気の高い関羽(?~219)をとりあげ、実像にせまってみたい。

かたく結ばれた主従

関羽は河東郡解県(山西省)の出身だが、なにかしらの不都合あってか、故郷を出奔している。「演義」では横暴な役人を斬ったため、ということになっているが、ほんとうのところは不明である。侠客どうしの喧嘩、という線も考えられるだろうし、作家の陳舜臣は、解県が塩の産地であることから、塩の密売をしていて捕まりそうになったのではと推測している。
関羽は、現在の北京周辺まで流れ着いたところで劉備に出会い、挙兵にくわわる。張飛とともにその家臣となったが、3人はひとつ寝台で眠るほど親しい仲だった。これは結びつきの強さをあらわすときによく用いられる表現で、実際いつもそうだったという意味ではないが、主従という枠でくくれぬほど固いつながりであることは、まちがいない。

挙兵から16年を経た西暦200年、群雄のひとりとなっていた劉備は曹操と矛をまじえるが、敗れて根拠地・小沛(しょうはい。江蘇省)から逃走、行方しれずとなる。このとき、べつの城を守っていた関羽も虜となった。「演義」では、曹操配下の名将・張遼(ちょうりょう)が説得に出向き、劉備の夫人を託されたのに、ひとり討ち死にするのは心得違いなどと諭して降らせたことになっている。関羽にただ降伏してほしくないという民衆の願望が、こうしたやりとりを生んだのだろう。とはいえ、歴史上も劉備の夫人は曹軍に囚われており、これに近い交渉がおこなわれた可能性はじゅうぶんにある。

去るも男、去らせるも男

関羽の武勇に惚れこんでいた曹操は、官位をさずけるなどの厚遇をあたえ、なんとか家臣にくわえんものと、その意向を探らせる。が、彼のこたえに、いささかも迷いはなかった。「曹公のお気もちはかたじけないが、劉将軍とはともに死のうと誓った仲ですから、裏切るなど思いもおよびません。消息がわかれば立ち去る所存です。ただ、手柄を立て、曹公のご恩へ報いたのちにしたいと思っています」。このとき使者に立ったのが張遼である。降伏時のやりとりは、この史実を踏まえたものだろう。

機会は、ほどなく訪れる。曹操最大のライバルというべき袁紹(えんしょう)とのいくさに関羽もくわわり、敵の勇将・顔良を斬って捨てたのである。「演義」では、つづいて文醜という猛将をも倒したことになっているが、これは脚色。ただし、文醜が討ち死にしたのは事実であり、詳細も記されていないから、関羽の功にあらずとまでは言いきれない。このあたり、「演義」のアレンジはまことに冴えわたっている。

劉備の消息が判明し、関羽はたまわった恩賞に封をして去る。曹操もまた、その志を重んじ、追おうとはしなかった。現実とは思えぬほどドラマチックな展開だが、はっきりと正史に記されているエピソードなのである。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 11】 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 …
  2. 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴…
  3. 兵馬俑 秦の始皇帝~暴君か英雄か【中国歴史夜話 9】
  4. 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 …
  5. 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話7】 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話 7】
PAGE TOP