新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

文/砂原浩太朗(小説家)

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

紫禁城

中国の歴史をひもとく際、われわれ日本人にとってつかみにくいのが「宦官(かんがん)」と呼ばれる存在だろう。ひとことでいえば「去勢された側仕え」ということになるが、わが国に例のない制度でありながら、中国史を語るうえでは無視することのできない要素でもある。現代の感覚からすれば異形とも思える「宦官」とは、いったいどのような人々なのか。

3000年以上昔からいた宦官

宦官は中国のみの風習というわけではない。エジプト、ギリシャ、ローマといった地中海世界、トルコや朝鮮にも見られたが、なかでも中国では、しばしば国政を揺るがすほどの大きな存在となった。

最古の例は紀元前14世紀。異民族の捕虜を宦官とすることについて、殷(いん)の王が神意をうかがった文献(いわゆる甲骨文字)が残っている。これは宦官に関する世界最古の記録でもあり、最後の王朝である清(1616~1912)の滅亡にいたるまで、彼らは3000年以上にわたって王や皇帝の側近く仕えつづけたことになる。

こうした一団がもとめられたのは、むろん後宮の女性たちとあやまちを犯さぬ側近が必要だったからだが、清朝史の研究家・三田村泰助は、著書『宦官』のなかで注目すべき見解を述べている。もともと王は神の代弁者とされていたため、一般の人間に生身の部分を見せるのは具合がわるい。そのため、側仕えに「人ならざるもの」としての宦官がもとめられたというのだ。傾聴に値する説というべきだろう。同書は宦官について日本語で書かれた書物の先駆けであり、関心のある方には一読をおすすめしたい。本稿もこの書に多くを負っている。

宦官の肉体的特徴とは

宦官に施された去勢手術は、もともと「宮刑」と呼ばれたことから分かるように、刑罰としておこなわれたもの。が、古来、皇帝の側ちかく侍ることで権勢を手にした宦官が多く、みずから志願して手術を受ける者も跡を絶たなかった。清代後期の北京では、紫禁城(宮廷)のすぐそばで数人の専門家が手術をおこなっていた記録がある。切り取られた男根は保存され、宦官本人が生を終えたときはともに埋葬されたという。

去勢された者の特徴として、まず声が高くなることが挙げられる。子どものときに手術を受けたものは女性の声にひとしく、成人してから宦官となった場合は、いささか不自然な裏声になった。髭が生えていた者は数か月のうちに抜け、つるりとした顔になる。また齢をとると肉が落ち、極端に皺の寄った外見になった。

清代の19世紀後半には2000人の宦官が宮中に仕えていたという。この数を多いと感じる方もおられるだろうが、前代の王朝たる明で10万人とされていたのを、名君として知られる康熙(こうき)帝(1654~1722)が大幅に削減したもの。倹約の意図もあるだろうが、明代では宦官の跋扈がはなはだしかったから、これを省みたものと思われる。とはいえ、帝が500人にまで減らしたものが150年ほどのあいだにまた増えているのだから、やはり宦官は中国の宮廷に欠かせぬ存在だったのだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 11】 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 …
  2. 兵馬俑 秦の始皇帝~暴君か英雄か【中国歴史夜話 9】
  3. 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 …
  4. 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話7】 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話 7】
  5. 荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】 荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6…
PAGE TOP