新着記事

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】【中国歴史夜話 1】

文/砂原浩太朗(小説家)

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】にっぽん歴史夜話17】

不世出の軍師として、あまりにも有名な諸葛亮孔明(181~234)。「三国志」随一のスーパースターであり、劉備(161~223)を補佐して蜀の国を打ちたて、三国鼎立を成し遂げた立役者でもある。孔明以外の諸葛一族が、敵国である魏や呉で重きをなしていたことも、ファンならご存じだろう。本稿では、孔明の子や孫、そして魏呉で活躍した諸葛一族の血脈について語ってみたい。

不美人だった孔明の妻

孔明の妻・黄氏は、荊州(おもに湖北省および湖南省一帯)の名士・黄承彦(こうしょうげん)の娘である。才知にすぐれていたが、不美人として知られてもいた。孔明は劉備につかえる以前からその英名を馳せていたから、黄承彦は、みずから娘をすすめ、縁談をまとめたという。

じつは、黄氏についてはっきり言えるのはこれくらいのことでしかない。天文から地理、兵法書にまで通じ、大いに孔明の学問を助けたというのは、後代にまとめられた小説「三国志演義」の記述であり、フィクションとしてふくらませた部分である。とはいえ、神算鬼謀の軍師(これも多分に小説的味つけがふくまれているが)・孔明の妻が、容色にめぐまれないながらも人なみはずれた才知をもった女性、というのは魅力的な設定だろう。

晩年にさずかった息子

夫婦のあいだにはなかなか子がさずからず、孔明は呉に仕える兄の瑾(きん。174~241)から子をもらいうけて養子とした。名は喬(きょう)という。縁組の時期は不明だが、孔明が劉備の死後、子の劉禅へ「出師(すいし)の表」をたてまつり魏を討つべく出陣したとき(227)には従軍しているから、それ以前であることは間違いない。このとき喬は24歳だから、さかのぼっても10年程度ではないだろうか。

ところがこの年、孔明に実子の瞻(せん)が生まれている。47歳にして、はじめて父となったのである。やはり「三国志演義」では黄氏の所生とあるが、正史には明記されていない。瞻の伝記に註として前述の嫁取りエピソードが記されているため、そのようにも読めるという程度である。もし黄氏が母だとすれば20年ほども子に恵まれなかった後だから不思議な気もするが、10歳ほど年下だったとすればありえないことではないだろう。

こうなると跡継ぎをどうするかで悩ましいところだが、翌年、喬が陣没してしまう。さらに234年には、孔明が五丈原の陣中で生涯をおえる。瞻は8歳で父を失ったのだった。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】
  2. 横浜中華街の関帝廟 関羽~神になった武人【中国歴史夜話 4】
  3. 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話3】 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話 3】
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2…
PAGE TOP