新着記事

朝倉義景画像(心月寺蔵、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館写真提供)

ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景は、作法・礼法にこだわり、細やかな気配りをする大大名だった!?【麒麟がくる 満喫リポート】

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】

「赤壁の火計」はあったか?

呉将・黄蓋は、すでに3代へ仕える古つわものだったが、戦術をめぐって周瑜とはげしく対立、百たたきの刑に処される。これを恨みに思い、曹操への投降を申し出た。いよいよ開戦となり、黄蓋の船団は打合せどおり曹軍の陣へ飛びこんでいくが、間近まで迫ったところで突如、火を噴き上げる。全船に火薬や燃えやすい草木を満載し、火だるまとなって敵陣へ突っ込む手筈だったのである。百たたきの刑は、投降を信じさせるため体を張った策で、「苦肉の計」と呼ばれるものだった。この作戦が図にあたり、曹操の船団はいっせいに炎上、大敗北を喫して北方へ逃げかえることとなる。

たびたび映像化もされた、「赤壁の戦い」最大の見せ場だが、あまりに小説的だとも言えるだろう。筆者はかつて、この部分もアレンジされたものだと思っていた。いささかドラマチックすぎるように感じたのである。

が、周瑜および黄蓋の伝記には、「黄蓋が火計を進言し、いつわりの投降を申し出て、曹軍の船団を炎上させた」旨がはっきりと記されている。ディテールもかなり詳しく書き込まれており、「苦肉の計」をのぞけば、「演義」はほぼ正史を踏襲していると言えるほどだ。

いっぽう、曹操の伝記では「赤壁で劉備と戦い、負けいくさとなった」という程度の簡素な記述にとどまっているが、後代に付された註の部分に、やはり「軍船を焼かれた」とある。正史の三国志は魏を正当とする立場だから、始祖というべき曹操の伝では、敗戦の詳細を書きづらかったのかもしれない。

とはいえ、これほどはっきり敗北と軍船焼失が記されているのだから、赤壁での火計はあったと見るべきだろう。ほかにも「演義」では、兵の病になやむ曹操のもとを、孔明とならび称される智者・ほう統(「ほう」は、まだれに「龍」)がおとずれる。船団を鎖でしっかりとつなげば、船酔いから起こる病がおさまると献言するが、実は黄蓋の火計を見越し、船と船を離れにくくした上で一気に焼き尽くす策だった(「連環の計」)。この部分はフィクションだが、当時、曹軍に疫病が流行していたことは事実である。また、孔明が法術を用いて、火計に有利な「東南の風」を吹かせたという有名なくだりがあるが、実際に東南の風が吹いたことは正史にも明記されている。いずれも歴史小説として、おどろくほどたくみなアレンジと言える。

史上、あまりにも名高い「赤壁の戦い」。正史と小説の差異を検証して感じるのは、きわめて精緻な脚色の手法である。こんにち残っている「三国志演義」は、14世紀に羅貫中(らかんちゅう)がまとめたものだが、それ以前に伝えられた講釈や戯曲を大いに参照している。長い年月をかけて磨き抜かれた歴史物語の完成度に、あらためて讃嘆の思いを抱かずにはいられない。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』、共著『決戦!桶狭間』、『決戦!設楽原(したらがはら)』(いずれも講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】 趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】
  2. 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 11】 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 …
  3. 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴…
  4. 兵馬俑 秦の始皇帝~暴君か英雄か【中国歴史夜話 9】
  5. 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 …
PAGE TOP