新着記事

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話 1】

文/砂原浩太朗(小説家)

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話】

前編はこちら】

孔明と兄・諸葛瑾は腹違いだった?

諸葛一族のうち、孔明(181~234)についで知られているのは、まぎれもなく兄の諸葛瑾(きん。174~241)だろう。呉主・孫権(182~252)につかえ、誠実な人柄で絶大な信頼を得た。弟の孔明が蜀につかえているため中傷の声も起こったが、孫権はいっさい耳をかたむけず、かえって、しばしば蜀への使者に立てたほどである。兄弟も公私の別には細心の注意をはらっていたようで、公の任がおわったあとも、私的に会おうとはしなかったという。

諸葛瑾の伝記には「継母につかえ」云々という一節があり、孔明とは腹違いである可能性も考えられる。父の死後、孔明は叔父に引き取られているのだが、瑾は行動をともにしていない。いささか小説的な想像だが、7歳差で母がちがうとすれば、多感な時期にさびしい思いをしたことも多々あるだろう。兄弟でべつの国に仕えたのには、そうした背景があったのかもしれない。とはいえ、孔明は兄の子・喬(きょう。前編参照)を養子にもらってもいるから、肉親としての交流がつづいていたことはたしかである。

才子・諸葛恪の末路

瑾の長子が諸葛恪(かく。203~253)である。おさないころから才気あふれる人物だったらしく、そうしたエピソードがいくつか残っている。ここでは、もっとも有名な話を紹介しよう。

孫権にはやや悪ふざけが過ぎるという欠点があったが、ある日、驢馬を引いてきて、「諸葛子瑜(しゆ)」と札をかけた。子瑜は瑾の字(あざな=通称)で、面長の諸葛瑾を驢馬のようだとからかったわけである。そのとき恪が、くだんの札に二文字を書きくわえた。その文字とは、「之驢」。つまり、父自身ではなく、「諸葛瑾の驢馬」だということにしてしまったのである。孫権はその才を愛でていたようで、臨終に際し後事をたくした5名のなかにも選ばれている。

幼帝・孫亮が即位すると諸葛恪の威勢はさらに増し、攻め寄せた魏軍をおおいに打ち破るなどの功を立てた。ここまではよかったが、勢いづき、みずから興した魏討伐のいくさには大敗。人望をうしなうなか、孫一族の者に暗殺されてしまう。孫権が没した翌年のことであった。才子の没落はあまりにも早かったというしかない。

ちなみに、このとき息子たちも殺害され、一族は絶えた。が、惜しむ声が多かったと見え、蜀へ養子にいった喬(瑾の子で、恪の弟)の子・攀(はん)が呉にもどり、家を継いでいる。諸葛瑾の遺徳というほかない。あるじのみならず、国中から広く信頼をあつめていたのだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 11】 「始皇帝」を生んだ男たち~秦帝国、天下統一への道【中国歴史夜話 …
  2. 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴…
  3. 兵馬俑 秦の始皇帝~暴君か英雄か【中国歴史夜話 9】
  4. 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 …
  5. 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話7】 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話 7】
PAGE TOP