新着記事

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話 1】

文/砂原浩太朗(小説家)

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話】

前編はこちら】

孔明と兄・諸葛瑾は腹違いだった?

諸葛一族のうち、孔明(181~234)についで知られているのは、まぎれもなく兄の諸葛瑾(きん。174~241)だろう。呉主・孫権(182~252)につかえ、誠実な人柄で絶大な信頼を得た。弟の孔明が蜀につかえているため中傷の声も起こったが、孫権はいっさい耳をかたむけず、かえって、しばしば蜀への使者に立てたほどである。兄弟も公私の別には細心の注意をはらっていたようで、公の任がおわったあとも、私的に会おうとはしなかったという。

諸葛瑾の伝記には「継母につかえ」云々という一節があり、孔明とは腹違いである可能性も考えられる。父の死後、孔明は叔父に引き取られているのだが、瑾は行動をともにしていない。いささか小説的な想像だが、7歳差で母がちがうとすれば、多感な時期にさびしい思いをしたことも多々あるだろう。兄弟でべつの国に仕えたのには、そうした背景があったのかもしれない。とはいえ、孔明は兄の子・喬(きょう。前編参照)を養子にもらってもいるから、肉親としての交流がつづいていたことはたしかである。

才子・諸葛恪の末路

瑾の長子が諸葛恪(かく。203~253)である。おさないころから才気あふれる人物だったらしく、そうしたエピソードがいくつか残っている。ここでは、もっとも有名な話を紹介しよう。

孫権にはやや悪ふざけが過ぎるという欠点があったが、ある日、驢馬を引いてきて、「諸葛子瑜(しゆ)」と札をかけた。子瑜は瑾の字(あざな=通称)で、面長の諸葛瑾を驢馬のようだとからかったわけである。そのとき恪が、くだんの札に二文字を書きくわえた。その文字とは、「之驢」。つまり、父自身ではなく、「諸葛瑾の驢馬」だということにしてしまったのである。孫権はその才を愛でていたようで、臨終に際し後事をたくした5名のなかにも選ばれている。

幼帝・孫亮が即位すると諸葛恪の威勢はさらに増し、攻め寄せた魏軍をおおいに打ち破るなどの功を立てた。ここまではよかったが、勢いづき、みずから興した魏討伐のいくさには大敗。人望をうしなうなか、孫一族の者に暗殺されてしまう。孫権が没した翌年のことであった。才子の没落はあまりにも早かったというしかない。

ちなみに、このとき息子たちも殺害され、一族は絶えた。が、惜しむ声が多かったと見え、蜀へ養子にいった喬(瑾の子で、恪の弟)の子・攀(はん)が呉にもどり、家を継いでいる。諸葛瑾の遺徳というほかない。あるじのみならず、国中から広く信頼をあつめていたのだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】
  2. 横浜中華街の関帝廟 関羽~神になった武人【中国歴史夜話 4】
  3. 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話3】 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話 3】
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2…
PAGE TOP