新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話 1】

文/砂原浩太朗(小説家)

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話】

前編はこちら】

孔明と兄・諸葛瑾は腹違いだった?

諸葛一族のうち、孔明(181~234)についで知られているのは、まぎれもなく兄の諸葛瑾(きん。174~241)だろう。呉主・孫権(182~252)につかえ、誠実な人柄で絶大な信頼を得た。弟の孔明が蜀につかえているため中傷の声も起こったが、孫権はいっさい耳をかたむけず、かえって、しばしば蜀への使者に立てたほどである。兄弟も公私の別には細心の注意をはらっていたようで、公の任がおわったあとも、私的に会おうとはしなかったという。

諸葛瑾の伝記には「継母につかえ」云々という一節があり、孔明とは腹違いである可能性も考えられる。父の死後、孔明は叔父に引き取られているのだが、瑾は行動をともにしていない。いささか小説的な想像だが、7歳差で母がちがうとすれば、多感な時期にさびしい思いをしたことも多々あるだろう。兄弟でべつの国に仕えたのには、そうした背景があったのかもしれない。とはいえ、孔明は兄の子・喬(きょう。前編参照)を養子にもらってもいるから、肉親としての交流がつづいていたことはたしかである。

才子・諸葛恪の末路

瑾の長子が諸葛恪(かく。203~253)である。おさないころから才気あふれる人物だったらしく、そうしたエピソードがいくつか残っている。ここでは、もっとも有名な話を紹介しよう。

孫権にはやや悪ふざけが過ぎるという欠点があったが、ある日、驢馬を引いてきて、「諸葛子瑜(しゆ)」と札をかけた。子瑜は瑾の字(あざな=通称)で、面長の諸葛瑾を驢馬のようだとからかったわけである。そのとき恪が、くだんの札に二文字を書きくわえた。その文字とは、「之驢」。つまり、父自身ではなく、「諸葛瑾の驢馬」だということにしてしまったのである。孫権はその才を愛でていたようで、臨終に際し後事をたくした5名のなかにも選ばれている。

幼帝・孫亮が即位すると諸葛恪の威勢はさらに増し、攻め寄せた魏軍をおおいに打ち破るなどの功を立てた。ここまではよかったが、勢いづき、みずから興した魏討伐のいくさには大敗。人望をうしなうなか、孫一族の者に暗殺されてしまう。孫権が没した翌年のことであった。才子の没落はあまりにも早かったというしかない。

ちなみに、このとき息子たちも殺害され、一族は絶えた。が、惜しむ声が多かったと見え、蜀へ養子にいった喬(瑾の子で、恪の弟)の子・攀(はん)が呉にもどり、家を継いでいる。諸葛瑾の遺徳というほかない。あるじのみならず、国中から広く信頼をあつめていたのだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話3】 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話 3】
  2. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  3. 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2…
  4. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】にっぽん歴史夜話17】 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】【中国歴史夜話 1…
PAGE TOP