新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話 1】

文/砂原浩太朗(小説家)

諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話】

前編はこちら】

孔明と兄・諸葛瑾は腹違いだった?

諸葛一族のうち、孔明(181~234)についで知られているのは、まぎれもなく兄の諸葛瑾(きん。174~241)だろう。呉主・孫権(182~252)につかえ、誠実な人柄で絶大な信頼を得た。弟の孔明が蜀につかえているため中傷の声も起こったが、孫権はいっさい耳をかたむけず、かえって、しばしば蜀への使者に立てたほどである。兄弟も公私の別には細心の注意をはらっていたようで、公の任がおわったあとも、私的に会おうとはしなかったという。

諸葛瑾の伝記には「継母につかえ」云々という一節があり、孔明とは腹違いである可能性も考えられる。父の死後、孔明は叔父に引き取られているのだが、瑾は行動をともにしていない。いささか小説的な想像だが、7歳差で母がちがうとすれば、多感な時期にさびしい思いをしたことも多々あるだろう。兄弟でべつの国に仕えたのには、そうした背景があったのかもしれない。とはいえ、孔明は兄の子・喬(きょう。前編参照)を養子にもらってもいるから、肉親としての交流がつづいていたことはたしかである。

才子・諸葛恪の末路

瑾の長子が諸葛恪(かく。203~253)である。おさないころから才気あふれる人物だったらしく、そうしたエピソードがいくつか残っている。ここでは、もっとも有名な話を紹介しよう。

孫権にはやや悪ふざけが過ぎるという欠点があったが、ある日、驢馬を引いてきて、「諸葛子瑜(しゆ)」と札をかけた。子瑜は瑾の字(あざな=通称)で、面長の諸葛瑾を驢馬のようだとからかったわけである。そのとき恪が、くだんの札に二文字を書きくわえた。その文字とは、「之驢」。つまり、父自身ではなく、「諸葛瑾の驢馬」だということにしてしまったのである。孫権はその才を愛でていたようで、臨終に際し後事をたくした5名のなかにも選ばれている。

幼帝・孫亮が即位すると諸葛恪の威勢はさらに増し、攻め寄せた魏軍をおおいに打ち破るなどの功を立てた。ここまではよかったが、勢いづき、みずから興した魏討伐のいくさには大敗。人望をうしなうなか、孫一族の者に暗殺されてしまう。孫権が没した翌年のことであった。才子の没落はあまりにも早かったというしかない。

ちなみに、このとき息子たちも殺害され、一族は絶えた。が、惜しむ声が多かったと見え、蜀へ養子にいった喬(瑾の子で、恪の弟)の子・攀(はん)が呉にもどり、家を継いでいる。諸葛瑾の遺徳というほかない。あるじのみならず、国中から広く信頼をあつめていたのだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話7】 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話 7】
  2. 荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】 荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6…
  3. 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】
  4. 横浜中華街の関帝廟 関羽~神になった武人【中国歴史夜話 4】
  5. 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話3】 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話 3】
PAGE TOP