新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

今回ご紹介するコレ、一見アクセサリーにも見えるかもしれませんが、実はがっしりと組み合わさった…

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

文/鈴木拓也いまや一千万匹に届くかという、日本の飼い猫。犬よりも飼いやすいということで、…

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

ベランダにスリッパで出ようとして、いざ履こうとすると前後が逆になっている……というのはよくあ…

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

取材・文/池田充枝死絵(しにえ)とは、江戸時代後期に盛んになった浮世絵の一分野で、人気の歌舞…

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  健康についての記事一覧

  1.  

    実は視力より大事!目のはたらき低下度がわかる23の簡単チェックリスト

         

    視力1.5なら目がいい人、0.1なら悪い人と一般的には考えますよね。しかし、実はそうとはいいきれません。視力検査は一定の距離から静止したものがはっきり視えるかどうかを検査するものであり、目のはたらきの「静止視力」だけが対象に…

  2.  

    何度でも若返りたい!平安歌人・壬生忠岑が信じた「不老不死の薬」の在処とは

         

    壬生忠岑(みぶのただみね。9世紀半ば~10世紀前半頃)は平安時代の歌人で「三十六歌仙」の一人…

  3.  

    発想の源はモンゴル遊牧民の日常食!カルピスをつくった男・三島海雲が実践していた健康法とは

         

    三島海雲(みしまかいうん・1878-1974)は、カルピス株式会社の創業者。大阪の寺院に生ま…

  4.  

    約7割が不安を感じてる!「骨の健康」を維持するための3つの栄養素とは

         

    自分の「骨」の健康についてなんらかの不安を感じ、背中や腰や関節などの症状や、骨密度の低下など…

  5.  

    あなたの薄毛はO字?M字?薄毛のタイプ別マッサージで髪の「土台」を整える

         

    成人の約半分もの人が悩んでいるという「薄毛」。育毛で実績があるヘッドスパサロン『PULA(プ…

  6.  

    凝りすぎがアダに!?「健康オタク」徳川家康が自ら死をまねいた原因とは

         

    慶長5年(1600)9月、徳川家康は関ヶ原の戦いで石田三成らが率いる西軍を撃破し、天下の主導…

  7.  

    現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

         

    スマホなどデジタル機器の浸透や、それに伴う不規則な生活などの影響で、私たちの目には多くのスト…

  8.  

    夏こそ「朝トマト」で元気に!リコピン吸収率は朝と昼で大きく違うと判明

         

    夏の野菜といえばトマト。夏バテした時にトマトに助けられたという人も多いはず。近年の研…

  9.  

    寝るだけで指圧効果あり!? 韓国生まれの健康枕「カヌダ」が日本上陸

         

    おとなり韓国では累計売上が50億円を突破したという人気の機能性枕「カヌダ」が、日本での販売を…

  10.  

    沖縄の夏を乗り切る食の知恵!ゴーヤーは「味噌煮」で食すべし【沖縄ぬちぐすい紀行9】

         

    全国的にも梅雨が明けて、いよいよ夏本番ですね。今年の沖縄は例年より梅雨明けが早く、連日猛暑が…

  11.  

    高齢者の「真夏の熱中症対策」基本のキ

         

    いよいよ夏本番。気象庁の予報では、今年の夏は後半から暑い日が多くなる見込みです。今年の夏と似…

  12.  

    あなたは何歳?自分の「健康年齢」を簡単にチェックする方法

         

    あなたは自分が年齢に対して、どの程度「健康」なのか(あるいは「不健康」なのか)、知ってみたい…

  13.  

    健康長寿世界一!香港人の元気を支える「基本のチキンスープ」の作り方

         

    厚生労働省が発表した「世界の平均寿命ランキング」(2014年)によると、日本の男性は80.5…

  14.  

    長寿の秘訣は「酒を慎むこと」ほとんど酒を飲まなかった毛利元就の飲酒論【戦国武将の健康術】

         

    毛利元就(1497~1571)は、安芸(広島県西部)の小領主から身を起こし、中国地方のほぼ全域を手中…

  15.  

    秀吉も頭が上がらなかった女傑・おねの健康の秘訣は●●にあった【戦国武将の健康術】

         

    温泉大国日本らしく、戦国武将たちも温泉の恩恵にはずいぶん助けられていたようだ。著書『戦国武将…

  16.  

    意外と生真面目!? 伊達政宗の「独眼流」健康法5つ【戦国武将の健康術】

         

    現代のわれわれが想像する以上に、自らの体調に留意していた戦国武将。健康を害することは「お家の一大事」…

  17.  

    沖縄伝統の「島野菜」を使った手軽な琉球料理レシピ【沖縄ぬちぐすい紀行2】

         

    伝統野菜と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは京都の「京野菜」ではないでしょうか。千枚漬けに使われ…

  18.  

    長生きの秘訣!天下人・徳川家康の「長寿の極意」3か条

         

    現代のわれわれが想像する以上に、自らの体調に留意していた戦国武将。健康を…

  19.  

    琉球料理は命の薬(ぬちぐすい)!キャベツを使った「タマナーチャンプルー」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行1】

         

    医療の発達などにより、日本人の平均寿命は年々のびています。世界保健機関が2015年5月に発表…

  20.  

    74歳で天下獲得をはたした徳川家康、その長寿を支えた健康術とは?

         

    <鳴かぬなら鳴くまで待とうほととぎす>100年以上続いた戦国乱世の時代に終止符を打ち…

  21.  

    94歳まで長生きした日本植物学の父・牧野富太郎の長寿を支えた健康法とは?

         

       牧野富太郎(1862~1957)は「日本植物学の父」と称される植物学者である。22歳で高知から…

  22.  

    じつは理にかなっていた? 石田三成の「三服の茶」は、なぜ健康にいいのか

         

       「脂肪を分解する」「血糖値や中性脂肪を抑える」など、特定保健用食品(トクホ)の「主力商品」のひ…

  23.  

    吉田 類さん/酒場詩人&イラストレーター(66歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【最終回】

         

    【PR】「これからも自由に酒場詩人の道を歩む」芸術家たちに囲まれて育った幼少期にセン…

  24.  

    川上麻衣子さん/女優・ガラスデザイナー(50歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【第21回】

         

    【PR】「15歳のセンタクが、私の生き方を決めた」子供心に〝演じる〟ということに興味…

  25.  

    服用は食前?食後?知っておきたい漢方薬の効果的な活用法

         

    前回は、漢方薬を飲むのと同じくらい大切な「養生」についてご紹介しました(前回の記事「そも漢方…

  26.  

    「長生きしたければ鰹節を食べよ」天下の御意見番・大久保彦左衛門のことば

         

    大久保彦左衛門(1560~1639 )は、徳川家康・秀忠・家光の3代に仕えた旗本である。魚屋…

  27.  

    便秘で悩む人の原因と対処法【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    二十四節気では小寒も過ぎ、寒さが一層厳しくなってきました。寒くて家に閉じこもりがちになってく…

  28.  

    一代で戦国大名にのし上がった武将が毎食欠かさず食べていた健康食品とは?

         

     年が改まり、今は冬まっただ中だが、2月になれば各地から梅の便りが届く。関東屈指の梅の名所といえば小…

  29.  

    命にかかわるほどの肥満に悩む西郷隆盛が実践したダイエット法

         

    維新の英傑として知られる西郷隆盛(1828-1877)は、東京・上野や鹿児島に立つ銅像からも…

  30.  

    そも漢方とは何か?~漢方薬を飲むのと同じくらい大切な「養生」のすすめ

         

    前回は、漢方独自の診断方法や、具体的に漢方が得意とする治療についてご紹介しました(詳しくはこちら)。…

PAGE TOP