新着記事

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

数あるフットマッサージ機の中で、ユニークな仕掛けを持つのが本機である。その仕掛けとは「貧乏ゆ…

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

ライターI(以下I):『麒麟がくる』って鉄砲の場面が多いですね。第5話では光秀が道三に鉄砲を…

認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』

認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

文/鈴木拓也日本国内の認知症の患者数はいまや約500万人。社会の高齢化によって、その…

皇帝専用駅ヒーツィング

謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の駅と路線(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)120年の歴史を誇る、ウィーンの地…

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

受験生の皆さんは、入試に向けて、毎日必死に勉強していることでしょう。しかしながら、医学部合格…

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

取材・文/柿川鮎子お散歩友達の8歳のゴールデン・レトリーバーが、がんを宣告されてしまいました…

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

高齢の親に対してはつい、「頑固・わがまま・融通が効かない」などというようなイメージを持ってし…

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

春が近づいてくると、花粉症の方々は憂鬱な気分になるのかもしれません。ソフトバンクロボティ…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味食いしん坊の作法

  1. さつまいも(みかわ是山居)  

    山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】

         

    写真・文/山本益博私は、真冬には日本料理屋さんへ足が向かなくなります。なぜかというと、春の筍、秋の松茸のような季節ならではの優しい食材が少なく、その代わり、いくら、かずのこ、からすみ、ふぐの白子、たらの菊子などの珍味のオンパ…

  2. 松茸(てんぷら みかわ  

    山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】

         

    写真・文/山本益博今から40年ほど前、「東京味のグランプリ」という食べ歩きのガイドブ…

  3. あなごのてんぷら(みかわ是山居)  

    山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】

         

    写真・文/山本益博「てんぷらは魚の脱水作業」という名言を吐いた「みかわ是山居」主人早…

  4. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居)  

    山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】

         

    写真・文/山本益博初夏のてんぷらと言えば、「稚鮎」をまず挙げなくてはなりません。小ぶりですが…

  5.  

    山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】

         

    写真・文/山本益博てんぷらは、東京湾の波の静かな海に棲息している、きす、めごち、はぜなど尻尾…

  6. あじす(すきやばし次郎)  

    山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】

         

    写真・文/山本益博「江戸前」の握りの代名詞でもある「まぐろ」は冬が美味しいすし種であるところ…

  7. 大とろ(すきやばし次郎)   

    山本益博|「冬の鮨」【食いしん坊の作法 第14回】

         

    写真・文/山本益博今から50年ほど前の東京の「握り鮨」には、季節がありました。例えば…

  8.  

    山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】

         

    写真・文/山本益博今は、「おまかせ」の握りになると、鮨職人が白身のひらめやかれいから…

  9.  

    山本益博|江戸の美意識、小粋な「こはだ」【食いしん坊の作法 第12回】

         

    写真・文/山本益博「江戸前」の握り鮨で、最も歴史あるすし種といえば「こはだ」です。文…

  10.  

    てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

         

    文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

  11.  

    てんぷらは衣がいのち【食いしん坊の作法 第10回】

         

    文/山本益博「てんぷら」の語源については諸説ありますが、室町時代、ポルトガルから来た外来の料…

  12.  

    日本料理の華、椀刺しとの向き合い方【食いしん坊の作法 第9回】

         

    文/山本益博昔から日本料理は椀刺しが華と言われてきましたが、「椀刺し」とは、日本料理…

  13.  

    日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

         

    文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

  14.  

    レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】

         

    文/山本益博レストランに出かけ、席につくと、まず聞かれるのが「お飲み物は何にいたしま…

  15.  

    手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

         

    文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

  16.  

    鮨屋のカウンターに秘められた絶妙な間合いとは【食いしん坊の作法 第2回】 

         

    文/山本益博「江戸前」の鮨屋でしたら、のれんが店の玄関のほかに、つけ台、つまり、カウ…

  17.  

    美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法 第1回】 

         

    文/山本益博「グルメ」というフランス語がいまや誰もが「食いしん坊」「料理にうるさい奴…

PAGE TOP