新着記事

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

常滑焼(愛知県)の急須で淹れたお茶はおいしい。1000℃を超える焼成温度で焼き上げ、釉薬をか…

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

一昔前は流行していた合コンや街コン。しかし、最近では賢く効率的に相性が良い相手を探せる「結婚…

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

文/砂原浩太朗(小説家)三国志の魅力は多々あるが、軍師や参謀といったブレーンたちの活…

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能が…

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

そろそろマフラーが恋しい季節になってきた。そこで今シーズンは、滑らかな感触で暖かいベビーアル…

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

近年、社会問題となっている「あおり運転」。被害に遭うことは避けたいところだが、運悪く巻き込まれる可能…

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

「モチベーション理論」を活用することで、作業の効率を上げる。よく言われることである。しかし、…

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

寝具は軽い方がいい──そんな常識を覆すブランケットである。中材にガラスビーズが使われて、ずっ…

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

報道では芸能人の離婚が派手に扱われたりしていますが、実際にも厚生労働省が実施している人口動態調査…

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味食いしん坊の作法

  1. さつまいも(みかわ是山居)  

    山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】

         

    写真・文/山本益博私は、真冬には日本料理屋さんへ足が向かなくなります。なぜかというと、春の筍、秋の松茸のような季節ならではの優しい食材が少なく、その代わり、いくら、かずのこ、からすみ、ふぐの白子、たらの菊子などの珍味のオンパ…

  2. 松茸(てんぷら みかわ  

    山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】

         

    写真・文/山本益博今から40年ほど前、「東京味のグランプリ」という食べ歩きのガイドブ…

  3. あなごのてんぷら(みかわ是山居)  

    山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】

         

    写真・文/山本益博「てんぷらは魚の脱水作業」という名言を吐いた「みかわ是山居」主人早…

  4. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居)  

    山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】

         

    写真・文/山本益博初夏のてんぷらと言えば、「稚鮎」をまず挙げなくてはなりません。小ぶりですが…

  5.  

    山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】

         

    写真・文/山本益博てんぷらは、東京湾の波の静かな海に棲息している、きす、めごち、はぜなど尻尾…

  6. あじす(すきやばし次郎)  

    山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】

         

    写真・文/山本益博「江戸前」の握りの代名詞でもある「まぐろ」は冬が美味しいすし種であるところ…

  7. 大とろ(すきやばし次郎)   

    山本益博|「冬の鮨」【食いしん坊の作法 第14回】

         

    写真・文/山本益博今から50年ほど前の東京の「握り鮨」には、季節がありました。例えば…

  8.  

    山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】

         

    写真・文/山本益博今は、「おまかせ」の握りになると、鮨職人が白身のひらめやかれいから…

  9.  

    山本益博|江戸の美意識、小粋な「こはだ」【食いしん坊の作法 第12回】

         

    写真・文/山本益博「江戸前」の握り鮨で、最も歴史あるすし種といえば「こはだ」です。文…

  10.  

    てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

         

    文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

  11.  

    てんぷらは衣がいのち【食いしん坊の作法 第10回】

         

    文/山本益博「てんぷら」の語源については諸説ありますが、室町時代、ポルトガルから来た外来の料…

  12.  

    日本料理の華、椀刺しとの向き合い方【食いしん坊の作法 第9回】

         

    文/山本益博昔から日本料理は椀刺しが華と言われてきましたが、「椀刺し」とは、日本料理…

  13.  

    日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

         

    文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

  14.  

    レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】

         

    文/山本益博レストランに出かけ、席につくと、まず聞かれるのが「お飲み物は何にいたしま…

  15.  

    手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

         

    文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

  16.  

    鮨屋のカウンターに秘められた絶妙な間合いとは【食いしん坊の作法 第2回】 

         

    文/山本益博「江戸前」の鮨屋でしたら、のれんが店の玄関のほかに、つけ台、つまり、カウ…

  17.  

    美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法 第1回】 

         

    文/山本益博「グルメ」というフランス語がいまや誰もが「食いしん坊」「料理にうるさい奴…

PAGE TOP