新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】

文/川口陽海身体をちょっとひねった拍子に『うっ・・・』下に落ちたものを拾おうとか…

アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】

文/中村康宏前回の記事『ストレスとうまく付き合うための注目メソッド【予防医療最前線】』で…

100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは?

文/鈴木拓也日本では100歳以上の百寿者の数は、いまや7万人近く。他国に比べて飛びぬ…

コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする?

最近、コンプライアンスという言葉が取り沙汰される機会が多い。企業においては法令や規則を守る、…

日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20

現在、東京・上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」が好評だ。来場者もすでに10万人を突破した。今…

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』

文/印南敦史サライ世代の音楽ファン、とりわけジャズが好きな人であるなら、寺島靖国氏は…

死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは?

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカ映画――特に南北戦争か…

隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い

文/鈴木拓也日本には、県境が未確定なところが14か所もあるという。その1つが…

山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】

写真・文/山本益博今は、「おまかせ」の握りになると、鮨職人が白身のひらめやかれいから…

快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

文・イラスト/小池美波日常生活の様々なシーンで欠かせない靴ですが、足に合わないと思いながらも…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味食いしん坊の作法

  1. 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】

    写真・文/山本益博今は、「おまかせ」の握りになると、鮨職人が白身のひらめやかれいから握り始めることが多くなりましたが、30年ほど前までは、それが「まぐろ」でした。自ら食べたいものを注文する「お好み」で鮨を握ってもらうときでも…

  2. 山本益博|江戸の美意識、小粋な「こはだ」【食いしん坊の作法 第12回】

    写真・文/山本益博「江戸前」の握り鮨で、最も歴史あるすし種といえば「こはだ」です。文…

  3. てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

    文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

  4. てんぷらは衣がいのち【食いしん坊の作法 第10回】

    文/山本益博「てんぷら」の語源については諸説ありますが、室町時代、ポルトガルから来た外来の料…

  5. 日本料理の華、椀刺しとの向き合い方【食いしん坊の作法 第9回】

    文/山本益博昔から日本料理は椀刺しが華と言われてきましたが、「椀刺し」とは、日本料理…

  6. 日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

  7. レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】

  8. 手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

  9. 鮨屋のカウンターに秘められた絶妙な間合いとは【食いしん坊の作法 第2回】 

  10. 美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法 第1回】 

PAGE TOP