新着記事

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

上田寿美子さんの豪華客船クルーズ記事まとめ

文/編集部

「マツコの知らない世界」にも度々出演しているクルーズライター上田寿美子さんが、これまで『サライ.jp』に寄稿いただいたクルーズ記事の数々をまとめてご紹介します!

■豪華客船『クイーン・エリザベス』世界一周クルーズ乗船記《完全版》
https://serai.jp/tour/2623

2014年1月10日、世界一有名な豪華客船『クイーン・エリザベス』(QUEEN ELIZABETH、9万900総トン)の世界一周クルーズが、英国サウサンプトン港からスタートしました。120日間で世界24カ国41港を巡るというダイナミックな地球周遊旅行。その模様を上田寿美子さんが同乗取材しました。貴重な記録です。
↓↓↓
https://serai.jp/tour/2623

■日本海の景勝地を巡りつつイタリア式船旅を楽しむ『コスタ ビクトリア』日本発着クルーズ
https://serai.jp/tour/76581

イタリアの客船「コスタ ビクトリア」の日本発着クルーズに乗船した上田さん。博多(福岡県)→舞鶴(京都府)→金沢(石川県)→境港(鳥取県)→釜山(韓国)→博多(福岡)を巡る5泊6日のツアーの模様をお伝えいただきました。


日本海の景勝地を巡りつつイタリア式船旅を楽しむ【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第1回】

船上で船長とダンス!? そして航海は盛夏の釜山と博多へ【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第2回】

船は京都・舞鶴へ!日本海側の景勝地を巡り、船上では縁日を楽しむ。【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第3回】

クルーズの終着地点は金沢!伝統ある街の新旧の魅力を訪ねる【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第4回】

【第1回】https://serai.jp/tour/76581

【第2回】https://serai.jp/tour/82499

【第3回】https://serai.jp/tour/84287

【第4回】https://serai.jp/tour/97227

■アジア最大の新造客船『ゲンティンドリーム』で行くシンガポール発着2泊3日クルーズ
https://serai.jp/tour/116952

2016年11月にデビューしたアジア最大の新造客船ゲンティンドリーム。シンガポール発着2泊3日でアジアの人々を中心にゲンティンドリームを披露するクルーズが行われました。アジアを巡る高級感のあるプレミアムクルーズの模様を、上田さんがレポートします。
↓↓↓
https://serai.jp/tour/116952

■犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船『クラウン・プリンセス』で行くアラスカクルーズ
https://serai.jp/tour/138865

プリンセス・クルーズの客船「クラウン・プリンセス」で行く、アラスカクルーズの模様をお伝えいただきました。アメリカ・シアトル発着の、7泊8日クルーズでラストフロンティアの地・アラスカを、時には優雅に、時にはワイルドに旅することができる人気のクルーズツアーです。

【第1回】https://serai.jp/tour/138865

【第2回】https://serai.jp/tour/142492

*  *  *

以上、クルーズライター上田寿美子さんのクルーズ記事をまとめてご紹介しました。豪華な船の旅をお楽しみ下さい!

取材/上田寿美子
クルーズライター、クルーズジャーナリスト。日本旅行作家協会会員、日本外国特派員協会会員。クルーズ旅行の楽しさを伝え続けて29年。外国客船の命名式に日本を代表するジャーナリストとして招かれるなど、世界的に活動するクルーズライター。旅行会社等のクルーズ講演も行う。著書に「豪華客船はお気に召すまま」(情報センター出版局)、「世界のロマンチッククルーズ」(弘済出版社)、「ゼロからわかる豪華客船で行くクルーズの旅」(産業編集センター)など。2013年からクルーズ・オブ・ザ・イヤー選考委員。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. コスタクルーズ提供 費用が高い?日数がかかる?憧れる?「クルーズ旅行」の本当のところ…
  2. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  3. 豪華客船『飛鳥Ⅱ』で行く「歌舞伎クルーズ」の旅
  4. 船上から「氷河の崩落」の圧倒的迫力を体感!客船クラウン・プリンセ…
  5. 犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船クラウン・プリンセスで…
PAGE TOP