新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

上田寿美子さんの豪華客船クルーズ記事まとめ

文/編集部

「マツコの知らない世界」にも度々出演しているクルーズライター上田寿美子さんが、これまで『サライ.jp』に寄稿いただいたクルーズ記事の数々をまとめてご紹介します!

■豪華客船『クイーン・エリザベス』世界一周クルーズ乗船記《完全版》
https://serai.jp/tour/2623

2014年1月10日、世界一有名な豪華客船『クイーン・エリザベス』(QUEEN ELIZABETH、9万900総トン)の世界一周クルーズが、英国サウサンプトン港からスタートしました。120日間で世界24カ国41港を巡るというダイナミックな地球周遊旅行。その模様を上田寿美子さんが同乗取材しました。貴重な記録です。
↓↓↓
https://serai.jp/tour/2623

■日本海の景勝地を巡りつつイタリア式船旅を楽しむ『コスタ ビクトリア』日本発着クルーズ
https://serai.jp/tour/76581

イタリアの客船「コスタ ビクトリア」の日本発着クルーズに乗船した上田さん。博多(福岡県)→舞鶴(京都府)→金沢(石川県)→境港(鳥取県)→釜山(韓国)→博多(福岡)を巡る5泊6日のツアーの模様をお伝えいただきました。


日本海の景勝地を巡りつつイタリア式船旅を楽しむ【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第1回】

船上で船長とダンス!? そして航海は盛夏の釜山と博多へ【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第2回】

船は京都・舞鶴へ!日本海側の景勝地を巡り、船上では縁日を楽しむ。【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第3回】

クルーズの終着地点は金沢!伝統ある街の新旧の魅力を訪ねる【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第4回】

【第1回】https://serai.jp/tour/76581

【第2回】https://serai.jp/tour/82499

【第3回】https://serai.jp/tour/84287

【第4回】https://serai.jp/tour/97227

■アジア最大の新造客船『ゲンティンドリーム』で行くシンガポール発着2泊3日クルーズ
https://serai.jp/tour/116952

2016年11月にデビューしたアジア最大の新造客船ゲンティンドリーム。シンガポール発着2泊3日でアジアの人々を中心にゲンティンドリームを披露するクルーズが行われました。アジアを巡る高級感のあるプレミアムクルーズの模様を、上田さんがレポートします。
↓↓↓
https://serai.jp/tour/116952

■犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船『クラウン・プリンセス』で行くアラスカクルーズ
https://serai.jp/tour/138865

プリンセス・クルーズの客船「クラウン・プリンセス」で行く、アラスカクルーズの模様をお伝えいただきました。アメリカ・シアトル発着の、7泊8日クルーズでラストフロンティアの地・アラスカを、時には優雅に、時にはワイルドに旅することができる人気のクルーズツアーです。

【第1回】https://serai.jp/tour/138865

【第2回】https://serai.jp/tour/142492

*  *  *

以上、クルーズライター上田寿美子さんのクルーズ記事をまとめてご紹介しました。豪華な船の旅をお楽しみ下さい!

取材/上田寿美子
クルーズライター、クルーズジャーナリスト。日本旅行作家協会会員、日本外国特派員協会会員。クルーズ旅行の楽しさを伝え続けて29年。外国客船の命名式に日本を代表するジャーナリストとして招かれるなど、世界的に活動するクルーズライター。旅行会社等のクルーズ講演も行う。著書に「豪華客船はお気に召すまま」(情報センター出版局)、「世界のロマンチッククルーズ」(弘済出版社)、「ゼロからわかる豪華客船で行くクルーズの旅」(産業編集センター)など。2013年からクルーズ・オブ・ザ・イヤー選考委員。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. コスタクルーズ提供 費用が高い?日数がかかる?憧れる?「クルーズ旅行」の本当のところ…
  2. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  3. 豪華客船『飛鳥Ⅱ』で行く「歌舞伎クルーズ」の旅
  4. 船上から「氷河の崩落」の圧倒的迫力を体感!客船クラウン・プリンセ…
  5. 犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船クラウン・プリンセスで…
PAGE TOP