サライ.jp

8横浜のクイーンエリザベス

取材・文・写真/上田寿美子

世界一有名な豪華客船『クイーン・エリザベス』(QUEEN ELIZABETH、9万900総トン)の世界一周クルーズが、2014年1月10日、英国サウサンプトン港からスタートしました。今年のコースは、120日間で世界24カ国41港を巡るダイナミックな地球周遊旅行で、途中日本に初寄港します。

2クイーンメリー2とクイーンエリザベス

世界約30カ国からやってきた乗客の間でも、初寄港となる日本の4つの港を巡ることは、早くも話題の的になっていて、3月15日に鹿児島、17日に横浜、19日に神戸、21日長崎への訪問に期待が高まっています。きっと春爛漫の季節に女王船『クイーン・エリザベス』の堂々たる姿が日本の各港をにぎわせることでしょう。

3花火のお祝い

今年の世界一周は、出発からドラマチックな演出が用意されていました。1月10日は丁度姉妹船『クイーン・メリー2』(15万1400総トン)の10歳の誕生日。そこで、伝統の港サウサンプトン港に祝いの花火を打ち上げ、『クイーン・エリザベス』と『クイーン・メリー2』が同日にそれぞれのワールドクルーズへ繰り出したのです。

4寄港地と世界地図の特大ケーキ

『クイーン・エリザベス』の船上では、早速、初日に「世界一周乗船者の集い」が行なわれ、会場入り口には世界地図と全寄港地の地名を描いた特大ケーキを飾りつけ、これから約4ヵ月間共に過ごす人々が親睦を深めました。 そして、11日には「船長主催の歓迎パーティー」を開催し、シャンパンの乾杯で華やかに世界一周の幕が開きました。

5初のフォーマルパーティー11日

こうして始まった「『クイーン・エリザベス』2014年世界一周」の模様を、これから船上より逐一ご紹介してまいります。どうぞご期待下さい。

1サウサンプトン港朝もやの中のクイーンエリザベス

>> 次ページ「クイーン・エリザベス船内案内と伝統の大西洋横断」

1210

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア