新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

市川崑『おとうと』|若き岸恵子のお姉様ぶりが堪らない【面白すぎる日本映画 第9回】

文・絵/牧野良幸

今回ご紹介する『おとうと』は、市川崑監督の1960年の作品。「銀残し」という手法で現像されているので、カラー映画でありながらレトロな色調だ。

また監督のこだわりであろう、光線が暗い影の部分には黒がたっぷりとのっている。大正時代の東京下町の暮らしぶりが、屋内の暗さでことのほか感じる。

主要な登場人物は4人。女子学生のげん(岸恵子)とその弟碧郎(へきろう、川口浩)。二人の父親である小説家(森雅之)と継母(田中絹代)だ。

本作『おとうと』は、ズバリ、げんを演じる岸恵子の魅力を堪能する映画だ(と僕は思う)。

当時、岸恵子は20代後半。『君の名は』で一躍スターとなったあと、フランス人の映画監督と国際結婚ずみで、女子学生役には多少無理のある年齢である。

にもかかわらず映画が始まれば、岸恵子が女子学生に見えるか見えないか、そんなことはどうでもいい問題となる。男としては、げんが姉として、そして母親がわりとして見せる母性にウットリするからだ。岸恵子の甘い声が女性らしさをさらに際立たせる。

「げんのようなお姉さんがいたらいいなあ」と思う男は僕だけではないだろう。色っぽくて美人、男まさりだけれど時にヌケている、そしていつも優しいお姉さん。

不良の碧郎に注意を払う刑事や近くに住むの労働者など、男性はみんなげんにメロメロだが、碧郎だけは弟だけあって女性として見ない。もったいないと言うべきか、うらやましいと言うべきか、なにかと姉につっかかり、ついに取っ組み合いまでしてしまう。

「バカヤロ! 弟やらの分際で姉さんにむかって。これでもか!」とげんは碧郎に馬乗りになる。この場面を見て、またも碧郎をうらやましく思う。本当に仲のいい姉弟なのだ。

しかし僕がげんを魅力的に思うのは、演じているのが岸恵子だからという理由だけではない(本当です)。父親役の森雅之と継母役の田中絹代。日本映画を間違いなく代表する二人が脇を固めているから、げんの明るさが際立つのだと思う。

父親と継母はずっと重く陰鬱である。特に継母は、げんとは対照的に、そして残酷なくらい女性としての輝きを失っている。これも田中絹代という大女優が演じてこそ、であろう。

では碧郎を演ずる川口浩だけが3人に圧倒されているか言うと、そうとも言えない。碧郎の最期がいとも哀しいのは川口浩の醸し出す素朴さによるものである。『おとうと』というタイトルどおり、映画の背骨となっていたのはこの碧郎であったと今さらながらラストで気づくのである。

【今日の面白すぎる日本映画】
『おとうと』
■製作年:1960年
■製作・配給:大映
■カラー/98分
■キャスト/ 岸恵子、川口浩、田中絹代、森雅之、仲谷昇、浜村純、岸田今日子ほか
■スタッフ/監督:市川崑、脚本:水木洋子、原作:幸田文、音楽:芥川也寸志

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 当時31歳の樹木希林が演じた老婆役が光る『寺内貫太郎一家』【面白…
  2. 若くしてベテラン女優のような存在感の菅井きん。黒澤明監督『生きる…
  3. 顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画…
  4. 切腹したくない武士がなぜ切腹するに至ったか?映画『切腹』衝撃の物…
  5. 江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの…
PAGE TOP