新着記事

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

市川崑『おとうと』|若き岸恵子のお姉様ぶりが堪らない【面白すぎる日本映画 第9回】

文・絵/牧野良幸

今回ご紹介する『おとうと』は、市川崑監督の1960年の作品。「銀残し」という手法で現像されているので、カラー映画でありながらレトロな色調だ。

また監督のこだわりであろう、光線が暗い影の部分には黒がたっぷりとのっている。大正時代の東京下町の暮らしぶりが、屋内の暗さでことのほか感じる。

主要な登場人物は4人。女子学生のげん(岸恵子)とその弟碧郎(へきろう、川口浩)。二人の父親である小説家(森雅之)と継母(田中絹代)だ。

本作『おとうと』は、ズバリ、げんを演じる岸恵子の魅力を堪能する映画だ(と僕は思う)。

当時、岸恵子は20代後半。『君の名は』で一躍スターとなったあと、フランス人の映画監督と国際結婚ずみで、女子学生役には多少無理のある年齢である。

にもかかわらず映画が始まれば、岸恵子が女子学生に見えるか見えないか、そんなことはどうでもいい問題となる。男としては、げんが姉として、そして母親がわりとして見せる母性にウットリするからだ。岸恵子の甘い声が女性らしさをさらに際立たせる。

「げんのようなお姉さんがいたらいいなあ」と思う男は僕だけではないだろう。色っぽくて美人、男まさりだけれど時にヌケている、そしていつも優しいお姉さん。

不良の碧郎に注意を払う刑事や近くに住むの労働者など、男性はみんなげんにメロメロだが、碧郎だけは弟だけあって女性として見ない。もったいないと言うべきか、うらやましいと言うべきか、なにかと姉につっかかり、ついに取っ組み合いまでしてしまう。

「バカヤロ! 弟やらの分際で姉さんにむかって。これでもか!」とげんは碧郎に馬乗りになる。この場面を見て、またも碧郎をうらやましく思う。本当に仲のいい姉弟なのだ。

しかし僕がげんを魅力的に思うのは、演じているのが岸恵子だからという理由だけではない(本当です)。父親役の森雅之と継母役の田中絹代。日本映画を間違いなく代表する二人が脇を固めているから、げんの明るさが際立つのだと思う。

父親と継母はずっと重く陰鬱である。特に継母は、げんとは対照的に、そして残酷なくらい女性としての輝きを失っている。これも田中絹代という大女優が演じてこそ、であろう。

では碧郎を演ずる川口浩だけが3人に圧倒されているか言うと、そうとも言えない。碧郎の最期がいとも哀しいのは川口浩の醸し出す素朴さによるものである。『おとうと』というタイトルどおり、映画の背骨となっていたのはこの碧郎であったと今さらながらラストで気づくのである。

【今日の面白すぎる日本映画】
『おとうと』
■製作年:1960年
■製作・配給:大映
■カラー/98分
■キャスト/ 岸恵子、川口浩、田中絹代、森雅之、仲谷昇、浜村純、岸田今日子ほか
■スタッフ/監督:市川崑、脚本:水木洋子、原作:幸田文、音楽:芥川也寸志

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー 「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリ…
  2. “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【面白すぎる日本映画 第33回】 “男の憧れ俳優”松田優作主演! 男の血が騒ぐ映画|『蘇る金狼』【…
  3. 海底軍艦 東宝の誇る名優集結! オトナの特撮映画『海底軍艦』【面白すぎる日…
  4. 『あなたへ』 降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎ…
  5. コミック雑誌なんかいらない! 人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌…
PAGE TOP