新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

漱石も認めた美貌の才女が『吾輩は猫である』に物申したことば【漱石と明治人のことば331】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「あなたは猫の中でよく奥様のことを御書きになりますがあれは少しひどいと思いますよ」
--大塚楠緒子

大塚楠緒子は、漱石の学生時代からの友人で美学者である大塚保治の妻。『吾輩は猫である』が世間の評判となっていたある日、漱石が大塚家にあそびにいくと、楠緒子は漱石に掲出のことばを投げかけ、さらにこうつづけたという。

「私ならあんな書き方に対してはきっと憤慨しますよ」

文中の「猫」は、もちろん小説『吾輩は猫である』を意味する。

これはつまり、漱石がこの作品の中に、鏡子夫人を連想させる苦沙弥の細君を登場させ、苦沙弥とこんな会話をさせていることを言っているのである。

主人「その風はなんだ、宿場女郎の出来損ないみたようだ。なぜ帯をしめて出て来ん」
細君「これで悪るければ買って下さい、宿場女郎でも何でも盗られりゃ仕方がないじゃありませんか」
主人「帯までとって行ったのか、ひどい奴だ。帯はどんな帯だ」
細君「どんな帯って、そんなに何本もあるもんですか、黒繻子(じゅす)と縮緬の腹合せの帯です」
主人「黒繻子と縮緬の腹合せの帯一筋--価はいくら位だ」
細君「六円位でしょう」
主人「生意気に高い帯をしめてるな。今度から一円五十銭位のにしておけ」
細君「そんな帯があるものですか。それだからあなたは不人情だというんです。女房なんどは、どんな汚ない風をしていても、自分さいよけりゃ、構わないんでしょう」

この会話の下敷きとなっているのは、実際に夏目家に泥棒が入ったという事件なのだが、小説だから大分滑稽味がまぶしてある。細君もどこかトボけた調子だ。楠緒子とすれば、同じ「女房」の立場から、ひとこと物申しておきたかったのだろう。

漱石は大塚家でのこの出来事を門弟の野間真綱に話し、「一本決めつけられたよ」と笑っていたという。

大塚楠緒子は明治8年(1875)東京に生まれ、女子高等師範附属高等女学校を首席で卒業。歌を詠み小説も書く才媛だった。漱石も、東京朝日新聞と楠緒子の間を橋渡しして、連載小説の掲載を実現している。

一方で楠緒子は美人の誉れ高く、漱石も鏡子に向かって「あれは俺の理想の美人だよ」などと語り、少しばかりヤキモチを焼かせていた。

明治43年(1910)11月13日、胃潰瘍のため長与胃腸病院に入院中の漱石は、楠緒子の突然の訃報を聞く。享年35。漱石はその死を悼みこんな句を捧げた。

「有る程の菊抛(な)げいれよ棺の中」

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

「サライおみくじ」で今日の運勢をチェック!おみくじには「漱石と明治人のことば」からの選りすぐりの名言が表示されます。どの言葉が出てくるか、クリックしてお試しください。
↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP