新着記事

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

オーストリアの「緑のワイン」をワイン居酒屋「ホイリゲ」で満喫

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)

オーストリアは紀元前からの歴史を持つ、欧州でも有数の白ワインの産地です。ぶどうの生産に適した土壌と、ドナウの流れ、バラエティーに富んだその地形は、ローマ帝国時代からこの地域のワインの生産を支えています。

●ワインの種類と産地

アルプスの小国として知られるオーストリアですが、ワインは山岳地帯ではなく、丘陵地帯や平地で生産されます。ウィーン周辺の「ウィーンの森」やドナウ河が湾曲する世界遺産ヴァッハウ渓谷では白ワイン、ハンガリーとの国境に近い平野では赤ワイン、そして、緑の丘が広がるシュタイヤーマルク州ではロゼワインが主に生産されています。

その中でも特にオーストリアに特有なのは、グリューナー・ヴェルトリーナーと呼ばれる白ブドウの品種。爽やかでフルーティーな飲み口が特徴で、その色から「緑のワイン」とも呼ばれています。また、品種改良された赤ワイン「ツヴァイゲルト」もこの国独自の品種です。

また、「ゲミシュターザッツ」は、同じ土地でとれた複数の品種を混ぜて作られたワインで、土地に関係なく複数の品種をブレンドした「キュヴェ」よりも、土壌の特徴を味わえることができるワインとなっています。

オーストリアは、貴腐ワインやアイスワインの生産量も多く、国内のワインショップでは品質の良いものが比較的お手頃な価格で購入できます。

このように、他の国にはあまりない手法や品種があり、独自の発展を遂げたオーストリアワインは、世界中のワイン通の間でも親しまれています。

●ワイン居酒屋「ホイリゲ」の楽しみ方

そんなオーストリアワインを楽しむには、ワイン居酒屋「ホイリゲ」がお勧め。ホイリゲとは、「今年とれた新酒」という意味で、その年に収穫したブドウで作ったワインをぶどう畑のすぐそばで飲ませてくれる、ワイン農家直営の居酒屋です。

目の前の葡萄畑でとれたワインを飲みながら、軽食をつまむのが、オーストリア的スタイル。高級ワインをバーで気取って楽しむのとは異なり、自然に囲まれた田舎の風景と、フレッシュなワイン、素材の味を活かしたシンプルな料理を存分に楽しむことができます。

ワインも品質によって楽しみ方が異なります。瓶詰された質の良いワインを飲む場合にはワイングラスから飲みますが、できたてのワインを樽から飲む場合には、ホイリゲ特有のずんぐりしたグラスを使用します。また、クシュプリッツター(G’spritzter)とよばれる、ガス水と割って飲む白ワインも暑い日に人気。ワインの質やその日の気分に合わせて、様々な楽しみ方ができますね。

そして、ホイリゲ料理も一味違います。パテを塗ったパンや、ソーセージのスライスなどのシンプルなものも、とてもワインによく合いますし、ショーケースから豪華な肉料理を選んで、テーブルで取り分けて食べることもできます。

●秋の風物詩「シュトルム」を飲んでみよう

そんなホイリゲ通いが最も楽しくなるのが、オーストリアや欧州の一部の地域だけで期間限定で飲むことができる、珍しい飲み物が出回る秋です。

オーストリアで「シュトルム」と呼ばれるこの飲み物は、ぶどうの収穫から新酒ができあがる間の、いわばぶどうジュースとワインの中間の飲み物です。ぶどうジュースの甘みを残しつつ、ワインのアルコールも入っていて、甘酸っぱく味わい深い飲み物です。

発酵途中の飲み物ですので、色は濁っていて、発泡しています。アルコール度数は4~11%と、発酵具合によって異なるのも、「生きているワイン」ならではですね。

最近スーパーでもシュトルムをボトルで購入することができますが、まだ中身は呼吸し、発泡していますので、蓋には小さな穴が開けられています。傾けるとこぼれてしまいますので、スーツケースなどに入れて持ち帰るには適しません。

また、発酵途中ということで、飲みすぎるとお腹を壊すことがあります。ドイツで「フェーダーヴァイサー」と呼ばれているこの飲み物が、オーストリアで「シュトルム(嵐)」と呼ばれている理由の一つだとも言われています。

●秋のワイン祭り

このシュトルムを楽しむお祭りが、ウィーン近辺の多くのワイン生産地で開かれます。

半地下のワインセラーが集まった、ワイナリー通り「ケラーガッセ」は、オーストリア独特のワインの村の風景ですが、この「ケラーガッセ」沿いのホイリゲが、それぞれの畑でとれたシュトルムやワインをふるまいます。時には、ハプスブルク時代から使われているワインセラーに入らせてもらえる場合もありますよ。

* * *

オーストリア独特のワイン文化と、秋限定の楽しみ方、いかがでしょうか?

独自の歴史とアットホームな居心地の良さが楽しめるオーストリアのホイリゲとワイン。

ワイン好きな方だけでなく、田園風景の散策を楽しみたい方、秋の風物詩を楽しんでみたい方は、ぜひ一度この時期にオーストリアに足を運んでみてください。

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウィーン国立オペラ座 「ウィーン国立オペラ座」は失敗作だった!?|二人の建築家の悲劇の…
  2. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  3. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  4. 運が良ければ、練習風景を見ることもできる 緑に包まれたF1サーキット「レッドブル・リンク」を訪ねて(オース…
  5. 乗客が気軽に整備士に声を掛けたり、運転席に載せてもらったりと、オーストリアののどかな田舎らしい、穏やかな空気が流れます 森を抜け、ワインを味わい、宿泊する鉄道体験 | ファイシュトリッ…
PAGE TOP