新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

スイスの優美なクリスマスマーケットを訪ねる

取材・文/関屋淳子

ヨーロッパの冬の風物詩といえば、各都市で開催されるクリスマスマーケット。アドヴェント(待降節)とよばれるクリスマス前の4週間の準備期間に行われ、飾り用のオーナメントやキャンドル、工芸品、さらにお菓子や温かなホットワインなどを売る屋台が並び、煌びやかな雰囲気に包まれます。
今回はスイスのチューリッヒとモントルーのクリスマスマーケットと、晩年をスイスで暮らした喜劇王・チャールズ・チャップリンの記念館などを、2回に分けてご紹介します。

ヨーロッパ最大規模の屋内マーケットがあるチューリッヒ

日本から直行便があるスイス中央部の都市・チューリッヒ。空港から列車で10分ほどで中央駅に到着です。中央駅に降り立った瞬間、もうクリスマス気分全開! メインコンコースを会場にしたヨーロッパ最大規模の屋内マーケットがあります。会場には約150軒の屋台が並び、ホットワインを片手に多くの人が店を覗き込んでいます。昼もいいのですが、圧巻は夜。このマーケットのシンボルツリーであるスワロフスキーのクリスタルをちりばめた高さ50mの「7000個のスワロフスキーツリー」がくらくらするほどの輝きを放つのです。このツリーを見るだけで幸せな気分になること間違いなし。屋内のマーケットなので、寒さも軽減されているのもいい感じです。

中央にそびえるスワロフスキーツリー

可愛い木のおもちゃ

駅からクリスマスマーケットの会場のひとつであるオペラハウス前まで、路面電車で向かいましょう。メインストリートであるバーンホフ通りはおとぎの国への始まりのようなイルミネーションで彩られています。「ルーシー」の愛称で呼ばれるこのイルミネーション、上から吊るされたコードに無数のLEDランプが灯り、何とも幻想的。さらに、サンタクロースの運転手が運転するサンタトラムを見ることができるかも!

光の雨のようなルーシー

子どもだけが乗車できるサンタトラム

ライトアップされた美しいオペラハウス前の広場には、様々な屋台が集まり、まるでクリスマス村。スケートリンクも併設され、子どもたちの歓声が絶えません。

オペラハウス前広場のスケートリンク

もうひとつの会場、ヴェルトミューレ広場には、「シンギングクリスマスツリー」が登場します。これは巨大なツリーに並んだ子どもたちが美しい歌声を披露するもの。家族が見守る中、声を揃えてクリスマスキャロルを歌う様子は微笑ましく、心が温かくなりました。

シンギングクリスマスツリー

チューリッヒで最も魅力的な地区といわれているのが旧市街地です。中世の面影を残す曲がりくねった路地には老舗レストラン、お洒落なショップやカフェ、歴史ある教会などがあります。なかでもシャガールのステンドグラスがあるフラウミュンスターやヨーロッパ最大の時計盤がある聖ペーター教会は必見です。

中央がフラウミュンスター

この旧市街地の中心部であるニーダードルフ地区にも屋台が立ち並び、落ち着いた雰囲気のクリスマスマーケットが開かれています。

旧市街のクリスマスマーケット

そして2017年からオープンしたのが、イルミナリウムというイルミネーションイベント。プロジェクション・マッピングやレーザーショーもあり、魅惑的な光の世界になっています。場所は中央駅のすぐ近く、スイス国立博物館の中庭で開催されます。

イルミナリウム

レマン湖畔、モントルーの優美なクリスマスマーケット

モントルーはレマン湖東端に位置するエレガントなリゾート地。チューリッヒがドイツ語圏に対して、モントルーはフランス語圏。同じスイスでもちょっと異なるニュアンスを感じます。夏は有名なジャズフェスティバルで賑わう湖畔沿いは、冬はクリスマス一色になります。広場には大きな観覧車が設置され、山小屋風の屋台がずらりと並びます。

レマン湖畔はクリスマス一色

オーナメントやキャンドルはもちろん、チョコレートや焼き栗のお店などがあり、美味しい匂いに溢れています。普段、マルシェが開催される屋根付きのスペースでは、地元定番の肉料理やターキーを焼く店などもあり、ホットワイン片手に家族や友人とのおしゃべりに興ずる笑顔が満ちています。モントルーのクリスマスマーケットでは、スイスフランのほかユーロも使え、フランス側からの観光客が多いことも実感。スイスのなかでは温暖なエリアなので、クリスマスマーケットも軽やかな印象です。

チョコレートも山積み

モントルーはかつて王侯貴族が集まった華やかな歴史があり、今も由緒あるホテルやカジノなどがあります。かつてはルソーやヘミングウェイなど文人らがこの地を舞台に作品を書き、音楽家たちも集いました。なかでもイギリスのロックバンド・クイーンのスタジオがカジノ内にあり、現在は衣装やアルバムなどを展示するクイーンの博物館になっています。レマン湖畔にはボーカリスト、フレディ・マーキュリーの像も立ち、ファンならずとも思わず記念写真を撮ってしまいます。

カジノ内のクイーンの博物館

クリスマスマーケットは2018年は11月22日からスタート。ロマンチックな本場の雰囲気を楽しみに出かけてはいかがでしょうか。後編ではモントルーの隣町、ヴヴェイにあるチャップリンの記念館と、ユングフラウヨッホに立てられたチャップリンの氷像などをご紹介します。

取材協力:ユングフラウ鉄道グループ、Zurich Tourism

※本記事は2017年12月に取材したものです。

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 咸臨丸 所縁の地サンフランシスコで巡る幕末の歴史|「咸臨丸」水夫達の眠る…
  2. 3時間半でスコットランドを飲んで、食べ尽くす「フードツアー」 短時間でエディンバラの名物を飲んで食べ尽くす!|新しい観光スタイ…
  3. ピエール・ブーレーズ・ザール 世界的指揮者ダニエル・バレンボイムの理想を建築家フランク・ゲイリ…
  4. シティのビル群が一望できるビュースポット、カンガルー・ポイント。 ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ブリスベン編…
  5. リーガースブルク城 実在した「魔女狩り」の謎|岩山の上に建つキリスト教界で最強の古城…
PAGE TOP