新着記事

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その2~

【義家族との間】離婚後も娘のように接してくれる義両親。その深い愛に救われた~その1~

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』

認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

皇帝専用駅ヒーツィング

謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の駅と路線(オーストリア)

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ここは日本?ロンドンの不思議な観光スポット「Kyoto Garden」を散策

文/塚田沙羅(海外書き人クラブ/ロンドン在住ライター)

ロンドン西部の高級住宅街として名高いケンジントンエリアには、ホランド・パークという公園があり、天気の良い日は多くの人で賑わいます。

そのちょうど中心部に、「Kyoto Garden(京都庭園)」という本格的な日本庭園があることは、あまり知られていないでしょう。

この記事では、英国と日本のつながりの証とも言える、この庭園の魅力についてお伝えします。

日本人の美意識が表れた庭園

京都庭園入口

京都庭園は、1991年に日本と英国の長年の友好の証として、京都市から贈られたものです。この庭園建設は、英国のジャパンソサエティ設立100周年を記念したジャパンフェスティバル1991の一環であり、京都造園業界と京都商工会議所が提携して実現しました。

庭園内は、色とりどりの鯉が泳ぐ大きな池を中心に、綿密な設計のもと配置された各種植物や木、石造りの灯篭や滝などで構成されています。一歩足を踏み入れると、いきなり日本のわびさびの世界に迷い込んだような、不思議な感覚を覚えます。

池にかかった石橋からは、短い滝を眺めることができます。低い段々を持つ階段状になっており、そこを水が爽やかな音をたてながら流れ池に落ちていく様子は何とも趣があります。撮影スポットとしても人気で、多くの人が橋の上で足を留めます。

園内には鹿威しもあり、情緒あふれる空間となっている

木や植物は日本の庭園と同じように、植物の自然な姿を生かしながら丁寧にトリミングされており、日本人の繊細な美意識が余すことなく生かされています。春には色とりどりの花が一斉に咲き、庭園はカラフルな顔を見せます。冬には緑も少なくなり少し寂しい景色になりますが、それはそれで四季の趣を感じられ、日本人にとってはなじみ深く感じられます。

この繊細な技術が生きる京都庭園では、広大かつ大胆とも言える作りの英国の公園との対比がはっきりと感じられ、日本人の自然に対する向き合い方を改めて発見できることでしょう。

孔雀やリスなど動物たちとも触れ合えるかも?

ホランド・パーク内では、珍しく野生の孔雀が自由に園内を歩き回っています。自然繁殖も行われており、年々その数は増えているそうです。

孔雀たちはしばしばこの京都庭園内にも入ってきます。石の灯篭や、淡い緑の植物で構成された素朴な風景には、孔雀の鮮やかな羽根がよく映えます。日本風の空間に美しい孔雀が悠々と歩いている様子は、エキゾチックながら風雅な組み合わせです。

また、園内には大きな尻尾を持つリスや、水鳥など、数多くの動物たちが暮らしています。すべて野生の動物ですが、人間に慣れている個体も多く、かなり近くまで寄ってきてくれることもあります。

東日本大震災のメモリアルも

京都庭園内にある小路を行くと、Fukushima Memorial Garden(福島庭園)というごく小さな別公園へ出ます。別の入口を持っていますが、京都庭園と中でつながっています。

福島庭園入口

福島庭園は、2012年に英国の東日本大震災被災地支援への感謝の証として建設されました。中は石と木々が配置されたシンプルなスペースで、庭園そのものに特徴があるというよりは、メモリアルとしての役割が大きいようです。

英国の支援に感謝の意を表す天皇陛下のお言葉を刻んだプレートも設置されています。

日本から遥か離れた場所で和の文化を伝えるこの京都庭園を、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ホランド・パーク自体も、広大な敷地に林が広がる自然豊かな公園なので、散策するのにぴったりの場所です。この他、パーク内にはカフェや新設されたデザイン・ミュージアムなどがあり、併せての観光もおすすめです。

文・写真/塚田沙羅
ロンドン在住のライター。海外書き人クラブ所属。芸大から出版社を経てフリーに。イギリスの文化や生活、アートについてさまざまな媒体で執筆。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP