新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)

7つの島からなるカナリア諸島。スペイン領だが、地理でいうとアフリカ大陸の北西部沖、大西洋に浮かんでいる。アフリカ大陸に一番近いフエルテベントゥーラ島はモロッコまで約100キロの場所にあり、今回紹介するランサローテ島はその隣にある島だ。この島は緑の湖、青い洞窟の中にいる白い蟹、黒いビーチなど様々な色に溢れている。そして、見渡す限り溶岩の景色の中でも根付いている植物や火山灰に覆われた黒い大地でも育つワインなど、自然の生命力と地球のエネルギーをたっぷり感じられる場所だ。その魅力を様々な角度から見ていこう。

この島は火山島で、溶岩台地が広がり、クレーターも多く見られる。島の東部にあるティマンファヤ国立公園「Timanfaya National Park」はまるで地球の物ではないような火山地形が広がっている場所で多くの観光客を集めている。見渡す限り広がる溶岩台地は圧巻だ。そしてそんな中でも根付いている植物があることに驚かされる。

公園内には観光客用にラクダもいて乗ることができるほか、火山岩の熱を利用して調理した料理を出すレストラン「El Diablo Restaurant」もある。ランツァローテ島の中でも地球のエネルギーをたっぷり感じることができる人気スポットだ。

また国立公園内にある「El Golfo」という村には緑の湖「El Lago Verde」もある。湖自体もこの村の名前「El Golfo」で呼ばれる時もある。1966年のイギリス映画「恐竜100万年~One Million Years B.C.~」という映画にも登場した場所だ。海水が分断されてできた湖で生息する藻によって緑に見える。

El Golfoの村には白い建物が並び、レストランやホテルも点在するので湖と合わせて立ち寄ってみるといいだろう。


島の北部には花と水に溢れ自然と人との調和を目指した「Jameos Del Agua」がある。地元アーティストによって作られた観光スポットだが、元々そこにあった自然美を活かして作られている。洞窟の中にある青い湖にはJameitoと呼ばれる白い蟹が生息しているが、世界中でここにしか生息していないので是非見ておきたい。

またこの場所では音楽イベントが開催されるほか、レストランやバーなどもありナイトクラブとしても人気を集めている。数多くの植物や色とりどりの花が配置されており、カラフルな場所だ。

ランツァローテ島には魅力あるビーチも数多くある。その数なんと100以上!

カイトサーフィンやサーフィンスポットとして人気のPlaya de Famara

ゴールドの砂が美しいPunta Papagayoの崖の上には絶景を望めるカフェもある。

そしてPlaya Las Malvas、Playa del Golfo、Playa de arenaなどには黒い砂のビーチがある。火山島ならではの黒いビーチは見ておきたいところだ。

そしてプラヤ・ブランカ(Playa Blanca)は、美しい白砂のビーチとともにレストランや土産物店などが海沿いに並び、沖合にはフォルテベントゥーラ島が見える。近くのロハ火山(Montana Roja)からはブラヤ・ブランカの街が見渡せるほか、カルデラの周りを一周出来る遊歩道が整備されている。

ちなみにブラヤ・ブランカからは、隣のフォルテベントゥーラ島の Corralejoとを結ぶフェリーが一日に何便も出ている。最短片道25分で行けるので、2島合わせて訪れることも可能だ。

海水浴だけではなく、シュノーケリングにダイビング、ヨットやパラセイリングなどマリンスポーツもとても盛んで、世界中から多くの人が集まってくる。

観光だけではなく、旅行中に是非楽しみたいのが地元のグルメだ。

意外かもしれないが、ランツァローテ島はワインの名産地だ。火山灰に覆われた黒い台地でも育つブドウの木の生命力にも驚かされる。島内には数多くのワイナリーが点在し、濃厚な赤ワインからデザートワインまで様々な種類が生産されている。スタイリッシュなワイナリーと共に、この島ならではのワインヤードも是非立ち寄ってほしい。

By Norbert Nagel, Mörfelden-Walldorf, Germany [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], from Wikimedia Commons

食事で楽しみたいのはやはりスペイン料理を代表するパエリアやタパス、そして魚介類だ。海を見ながら食事を楽しめるレストランも多くあり、地元産のワインと共にグルメも楽しんでみるのもいいだろう。


ティマンファヤ国立公園の横にあるハヌビオ湖にはJanubio Salt Flatsと呼ばれるカラフルな塩田があり、そこで採れた塩の販売もしている。ランツァローテの名産の1つだ。

ここに挙げた以外にも、世界最長8kmの溶岩洞窟で、コンサートなども開催されるロス・ヴェルデス溶岩洞「Cueva de Los Verdes」や、島の首都Arrecife、1799年に建設されたサンホセ城「Castillo de San Jose」、10000以上の植物が見られるサボテン園「Jardí­n de Cactus」など見どころは多い。

効率良く回るにはレンタカーがお勧めだが、島の各所を回れるガイドツアーなどもある。行く前に観光ポイントを調べて上手に計画を立て、ランツァローテ島で地球のエネルギーをたっぷり感じてみてはいかがだろうか。

ランサローテ島観光局オフィシャルサイト:https://turismolanzarote.com/
ランサローテ島ガイドウェブページ:https://www.lanzaroteguide.com/
ランツァローテインフォメーションガイド:https://www.lanzaroteguidebook.com
スペインランツァローテ:http://www.spain-lanzarote.com

文・写真/バレンタ愛
12年間のウィーン生活後、2016年よりカナダ・オタワ在住。長年のヨーロッパ生活とトラベルコンサルタントなどの経験を活かし、2007年よりフォトライターとしても幅広い分野において多数の媒体に執筆、寄稿、写真提供。海外書き人クラブ会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞す…
  2. 豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア…
  3. イギリス政治の中心地ロンドン・ウェストミンスター イギリスのブレグジット問題|あるスコットランド女性の憂いとチャレ…
  4. 眩いばかりの黄金製品も多数展示されている。 ラテンアメリカ第1位に輝く「ラルコ博物館」(リマ) |性の営みを…
  5. 咸臨丸 所縁の地サンフランシスコで巡る幕末の歴史|「咸臨丸」水夫達の眠る…
PAGE TOP