新着記事

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)

7つの島からなるカナリア諸島。スペイン領だが、地理でいうとアフリカ大陸の北西部沖、大西洋に浮かんでいる。アフリカ大陸に一番近いフエルテベントゥーラ島はモロッコまで約100キロの場所にあり、今回紹介するランサローテ島はその隣にある島だ。この島は緑の湖、青い洞窟の中にいる白い蟹、黒いビーチなど様々な色に溢れている。そして、見渡す限り溶岩の景色の中でも根付いている植物や火山灰に覆われた黒い大地でも育つワインなど、自然の生命力と地球のエネルギーをたっぷり感じられる場所だ。その魅力を様々な角度から見ていこう。

この島は火山島で、溶岩台地が広がり、クレーターも多く見られる。島の東部にあるティマンファヤ国立公園「Timanfaya National Park」はまるで地球の物ではないような火山地形が広がっている場所で多くの観光客を集めている。見渡す限り広がる溶岩台地は圧巻だ。そしてそんな中でも根付いている植物があることに驚かされる。

公園内には観光客用にラクダもいて乗ることができるほか、火山岩の熱を利用して調理した料理を出すレストラン「El Diablo Restaurant」もある。ランツァローテ島の中でも地球のエネルギーをたっぷり感じることができる人気スポットだ。

また国立公園内にある「El Golfo」という村には緑の湖「El Lago Verde」もある。湖自体もこの村の名前「El Golfo」で呼ばれる時もある。1966年のイギリス映画「恐竜100万年~One Million Years B.C.~」という映画にも登場した場所だ。海水が分断されてできた湖で生息する藻によって緑に見える。

El Golfoの村には白い建物が並び、レストランやホテルも点在するので湖と合わせて立ち寄ってみるといいだろう。


島の北部には花と水に溢れ自然と人との調和を目指した「Jameos Del Agua」がある。地元アーティストによって作られた観光スポットだが、元々そこにあった自然美を活かして作られている。洞窟の中にある青い湖にはJameitoと呼ばれる白い蟹が生息しているが、世界中でここにしか生息していないので是非見ておきたい。

またこの場所では音楽イベントが開催されるほか、レストランやバーなどもありナイトクラブとしても人気を集めている。数多くの植物や色とりどりの花が配置されており、カラフルな場所だ。

ランツァローテ島には魅力あるビーチも数多くある。その数なんと100以上!

カイトサーフィンやサーフィンスポットとして人気のPlaya de Famara

ゴールドの砂が美しいPunta Papagayoの崖の上には絶景を望めるカフェもある。

そしてPlaya Las Malvas、Playa del Golfo、Playa de arenaなどには黒い砂のビーチがある。火山島ならではの黒いビーチは見ておきたいところだ。

そしてプラヤ・ブランカ(Playa Blanca)は、美しい白砂のビーチとともにレストランや土産物店などが海沿いに並び、沖合にはフォルテベントゥーラ島が見える。近くのロハ火山(Montana Roja)からはブラヤ・ブランカの街が見渡せるほか、カルデラの周りを一周出来る遊歩道が整備されている。

ちなみにブラヤ・ブランカからは、隣のフォルテベントゥーラ島の Corralejoとを結ぶフェリーが一日に何便も出ている。最短片道25分で行けるので、2島合わせて訪れることも可能だ。

海水浴だけではなく、シュノーケリングにダイビング、ヨットやパラセイリングなどマリンスポーツもとても盛んで、世界中から多くの人が集まってくる。

観光だけではなく、旅行中に是非楽しみたいのが地元のグルメだ。

意外かもしれないが、ランツァローテ島はワインの名産地だ。火山灰に覆われた黒い台地でも育つブドウの木の生命力にも驚かされる。島内には数多くのワイナリーが点在し、濃厚な赤ワインからデザートワインまで様々な種類が生産されている。スタイリッシュなワイナリーと共に、この島ならではのワインヤードも是非立ち寄ってほしい。

By Norbert Nagel, Mörfelden-Walldorf, Germany [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], from Wikimedia Commons

食事で楽しみたいのはやはりスペイン料理を代表するパエリアやタパス、そして魚介類だ。海を見ながら食事を楽しめるレストランも多くあり、地元産のワインと共にグルメも楽しんでみるのもいいだろう。


ティマンファヤ国立公園の横にあるハヌビオ湖にはJanubio Salt Flatsと呼ばれるカラフルな塩田があり、そこで採れた塩の販売もしている。ランツァローテの名産の1つだ。

ここに挙げた以外にも、世界最長8kmの溶岩洞窟で、コンサートなども開催されるロス・ヴェルデス溶岩洞「Cueva de Los Verdes」や、島の首都Arrecife、1799年に建設されたサンホセ城「Castillo de San Jose」、10000以上の植物が見られるサボテン園「Jardí­n de Cactus」など見どころは多い。

効率良く回るにはレンタカーがお勧めだが、島の各所を回れるガイドツアーなどもある。行く前に観光ポイントを調べて上手に計画を立て、ランツァローテ島で地球のエネルギーをたっぷり感じてみてはいかがだろうか。

ランサローテ島観光局オフィシャルサイト:https://turismolanzarote.com/
ランサローテ島ガイドウェブページ:https://www.lanzaroteguide.com/
ランツァローテインフォメーションガイド:https://www.lanzaroteguidebook.com
スペインランツァローテ:http://www.spain-lanzarote.com

文・写真/バレンタ愛
12年間のウィーン生活後、2016年よりカナダ・オタワ在住。長年のヨーロッパ生活とトラベルコンサルタントなどの経験を活かし、2007年よりフォトライターとしても幅広い分野において多数の媒体に執筆、寄稿、写真提供。海外書き人クラブ会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 奈良原一高《フィエスタ セビーリャまたはマラガ》<スペイン 偉大なる午後>より 1963-65年 (C)Ikko Narahara 写真集『スペイン 偉大なる午後』がニュープリントでよみがえる【奈…
  3. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  4. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  5. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
PAGE TOP