新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

アルプスの渓谷を走る、ノスタルジックな狭軌道鉄道「ヘレンタール鉄道」

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)

アルプスの国、オーストリアには、数々のローカル線が走っています。オーストリアの動脈となるオーストリア国鉄とは異なり、私鉄のローカル線は、時には地元民の足となり、時には電車好きの観光客を乗せ、多くの人に愛されています。

今回ご紹介するのは、そんなローカル線の中でも、世界遺産「セメリンク鉄道」に直結し、ノスタルジックな歴史が魅力のヘレンタール鉄道。「ヘレンタール」とは、「地獄谷」を意味し、まるで地獄のように聳え立つ白い岩肌が風光明媚な、渓谷を走る鉄道です。

●ヘレンタール鉄道の歴史

ヘレンタール鉄道は2018年に100周年を迎えた、狭軌道鉄道です。地元の鉄道好きのボランティアによって運営されているこの鉄道は、別名「ミュージアム鉄道」とも呼ばれています。製造当時のテクノロジーがそのまま使われていて、自由に触って確かめてみることができます。

当初1918年に工業用鉄道として開通しましたが、1926年には乗客を乗せる鉄道として、世界遺産「セメリンク鉄道」とオーストリア最古のラックス(Rax)山のロープウェーをつなぐ路線となりました。

1903年に作られ、通称「走るガーデンハウス」と呼ばれる車両は、欧州最古の運行可能な電動の乗り物で、Payerbachの駅に実物が展示されています。

現在使われているのは1926年製造の緑色の車両で、外観だけでなく内装や運転席も当時のまま。歴史を感じさせるレトロな乗り心地満点です。

●アクセス

このヘレンタール鉄道は、ウィーンから1時間ほど南の世界遺産「セメリンク鉄道」と連結しています。小さな駅舎は、オーストリア国鉄のPayerbach-Reichenau駅から線路沿いに5分ほど歩き、地下道を抜けた反対側にあります。

この760mmの狭軌道鉄道は、ヴィーナーアルペンと呼ばれるウィーン南方のアルプスの渓谷を、縫うように走ります。この渓谷の水源となるアルプスの湧き水は「皇帝の泉」と呼ばれ、90km離れたウィーンの飲料水となっています。まさにアルプスの恩恵を受けた絶景が見所です。

運行は夏期の日曜祝日のみで、一日4本。終点から折り返しの運行をしますので、途中下車せず、往復乗車する人がほとんどです。車内で購入できる乗車券はノスタルジックなデザインで、歴史を演出します。

●ルートと見どころ

それでは、ヘレンタール鉄道のレトロな車両に乗り込んで、出発してみましょう。

木製のベンチは、博物館に飾られている当時の車両そのまま。荷物置き場や照明の曲線、窓を止める革製のバンドも時代を感じさせます。

列車は5kmほどの距離を、25分ほどかけてゆっくりと進みます。揺れは通常の市電などと比べて大きく、開け放した窓からは夏の風が感じられます。

駅は全部で5つ。ほとんどの駅は、道端に看板が立っただけの簡易的なものですが、2つ目の駅はライヒェナウ(Reichenau)という比較的大きめの町で止まります。ここはハプスブルク家の避暑地にもなった土地で、美しい橋からは、カメラを構えて列車を撮影しようとする人たちの姿も見られます。

車窓からの風景は、緑豊か。ウィーンの飲料水の元となる「第一ウィーン水道」の水源が近いシュヴァルツァ(Schwarza)川沿いを走る、自然豊かな景色が広がります。

列車の旅も後半に差し掛かると、目の前にはラックス山の見事な姿がそびえ、山上の山小屋まで見渡すことができます。

終点駅のHirschwang周辺では通常10分間停車して、周りを散策することができます。ここからラックス山のロープウェー駅まで徒歩25分ですが、ここで下車する人は稀で、同じ列車で折り返し元の駅に戻る人が大半です。車庫見学付きの便に乗車した場合は、ここで1時間弱のガイドツアーがあります。

* * *

世界遺産「セメリンク鉄道」から乗り継ぐことができ、険しくも美しい「地獄谷」の美しい川沿いを走るヘレンタール鉄道。歴史を感じさせる車体と、鉄道を愛する従業員、アルプスの美しい景観と、ローカル線の楽しみが詰め込まれた路線です。

本数が少なく、気軽に乗るには敷居が高いかもしれませんが、セメリンク鉄道やアルプスのハイキングを組み合わせ、オーストリアらしい鉄道の旅を計画してみるのも楽しいですよ。

Höllentalbahn
https://www.lokalbahnen.at/hoellentalbahn/

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. スーパーでのマスク販売のかご(4月16日撮影) 欧州で最も早く規制措置の緩和が始まったオーストリアの「新しい日常…
  2. ハプスブルク時代の建物に恐竜が住む、「ウィーン自然史博物館」の魅…
  3. ヴィエナ・リング・トラムは、音声ガイド付きの観光用市電 トラム、観光馬車、自転車型タクシー、シェアリングバイク|歴史と伝…
  4. 皇帝専用駅ヒーツィング 謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の…
  5. ウィーン国立オペラ座 「ウィーン国立オペラ座」は失敗作だった!?|二人の建築家の悲劇の…
PAGE TOP