新着記事

アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 4】 定年後「給与が下がっても働きたい」約7割 定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める|定年後のキャリア対策「十分できている」人はわずか1% 欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は?

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

氷像のチャップリンも!?スイス・チャップリンワールド探訪レポート

取材・文/関屋淳子

クリスマスマーケットで賑わう2017年冬。ヨーロッパ最高の標高3454mに鉄道駅があるスイスアルプスのユングフラウヨッホに喜劇王・チャールズ・チャップリンの氷像が登場。後編は、スイスに縁が深いチャップリンの足跡を訪ねます。

チャップリンの業績を楽しく識るヴヴェイの記念館

前編でご紹介したモントルーの隣町、ヴヴェイ。美しい葡萄畑に囲まれたレマン湖畔の町で、世界的な企業「ネスレ」の本社があることでも知られています。レマン湖を見下ろす高台にチャップリンの生涯や作品をテーマにした記念館「チャップリンズ・ワールド」が誕生しました。オープンは2016年4月16日、チャップリンの127回目の誕生日でした。チャップリンは1952年にこの地に移り、晩年の25年間を家族とともに過ごしました。終の棲家となった邸宅「マノワール・ド・バン」は瀟洒な屋敷とアルプスと湖を望む美しい庭があります。この敷地内につくられたのがこの記念館で、私生活の場である邸宅内も見学することができます。展示スペースには書斎やリビングルームなどがそのままの姿を留め、妻と8人の子どもたちとのやさしく穏やかな生活ぶりを垣間見ることができます。

マノワール・ド・バン

寝室

デスク

もうひとつの新館「スタジオ」は、チャップリンの映画の世界を紹介。ロンドンでの子ども時代、サイレント映画の数々、名シーンのミニセット、オスカー像の展示など見どころが豊富で、飽きさせません。各時代のチャップリンや親交があったアインシュタインら多くの蝋人形もあり、彼の映画を知らなくても楽しめます。

名場面も再現

小道具も展示

この記念館を訪ねて改めて思ったのは、チャップリンの親日家ぶりと、音楽家としての才能です。チャップリンを支えた秘書が日本人であったり、愛用のステッキが滋賀県草津でつくられていたりと、知らないことばかり。また「モダン・タイムス」の「スマイル」をはじめ、数々の美しい楽曲を作曲していたことも印象的でした。

この記念館の近くには、チャップリンをモチーフにした4つ星「モダン・タイムズ・ホテル」もオープン。客室はシックな装いで映画の名場面の写真が飾られています。グリル料理が美味しいレストランやバーも魅力です。

ホテル玄関前にはチャップリンとのツーショット写真も

客室

ユングフラウヨッホにチャップリンの氷像がお目見え

日本人にも人気が高い登山鉄道、ユングフラウ鉄道。名峰アイガー・ユングフラウ・メンヒが連なるスイスアルプスの大自然を満喫できることから、年間10万人以上の日本人が訪れるといいます。

雪景色の中を走る列車

ユングフラウヨッホ駅にもクリスマスツリー

頂上駅のユングフラウヨッホの氷の宮殿に、2017年12月、チャップリンの氷像が完成しました。2017年はチャップリンが死去してちょうど40年。お披露目の式典にはご子息のユージーン・チャップリンさんも参加されました。

氷像の除幕式 右がユングフラウ鉄道のケスラー最高責任者、左がユージーン・チャップリンさん

氷像とユージーン・チャップリンさん

氷像は高さ2m弱、チャップリンの代表作「キッド」のワンシーン、孤児と座り込むチャップリンの姿がかたどられています。山高帽にちょび髭、ステッキを持つ放浪者。氷像を手がけたのは英国の彫刻家ジョン・ダブルデイ氏。彼のチャップリン像はレマン湖畔にも立ちます。晩年をヴヴェイで過ごし、スイスの自然を愛し、永住の地としたチャップリンの偉業を氷像という形で楽しむ、100年以上前に造られた登山鉄道にまた新たな魅力が加わりました。

寒さが厳しいスイスの冬。ですが人々はあたたかく、クリスマスマーケットをはじめ冬だからこそ楽しめる魅力もあります。今冬、訪ねてみてはいかがでしょう。

取材協力:ユングフラウ鉄道グループ、Chaplin’s World

※本記事は2017年12月に取材したものです。

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭り…
  2. 見た目のインパクトが大きい子豚の丸焼き・レチョン 世界中の美食家がフィリピンに注目!|「マニラガストロノミー」を体…
  3. 多くの観光客で賑わうコルコバードの丘のキリスト像 新・世界七不思議に選ばれたリオデジャネイロのシンボル|「コルコバ…
  4. メスカルのお伴はライムではなくオレンジ。そこにチリパウダーを混ぜた塩と乾燥させたグサノ(イモムシ)があれば完璧だ。 アメリカで大人気の「メスカル」、神の酒「プルケ」、メキシコワイン…
  5. 「ザ・ガン号」その2 豪華寝台列車「ザ・ガン号」で1420㎞の荒野を行くオーストラリア…
PAGE TOP