新着記事

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介

カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202kmにおよび47か所の水門によって結ばれている。今回は、運河を巡る水路クルーズと周辺で楽しめるスポットやアクティビティーを紹介しよう。

全長202km、合計47か所の水門があるリドー運河

運河とロックマスター

リドー運河はスタート地点のキングストンから約50m上がり、オタワへ向かうにつれ約80m下がっており、高低差があるため水位を調整する「ロック」と呼ばれる水門が運河全体で47か所に設けられている。船舶の往来の際に水門を開け閉めし、水位を調整し管理するのは「ロックマスター」と呼ばれる水門の管理人だ。彼らはカナダ国立公園管理局のスタッフで、船が通航できる夏の間は水門そばに建てられた「ロックステーション」で過ごしている。

運河の水位を調整する水門「ロック」

水門を管理する「ロックマスター」

水門が開くと勢い良く水が流れ込む

ロックマスターが夏の間を過ごすロックステーション

ロックマスターは、水門の上にある歯車を回転させ、水門を開き水位を調整していく。ロックには電動で開閉するものもあるが、そのほとんどは手動で開閉をする。運河の高低差が大きい場合は、複数の水門を通過する必要があるため一つ一つの水位を調整しながら、時間をかけて船はロックを通過していく。

4つのロックが連なるジョーンズ・フォール

高低差があるため、船は時間をかけてロックを通過していく

リドー歴史街道の自然を楽しむ

世界遺産にも登録されているリドー運河。運河沿いには小さな街も点在し「リドー歴史街道」として旅行者にも親しまれている。それぞれの街を拠点にキャンプやフィッシング、バードウオッチングを楽しんだり、自然を学ぶツアーなども盛んに行われており、アウトドアも満喫できる。

ロックの周りは自然が豊かで公園になっている場所も多い

フォーリーマウンテン保護地域からの眺め

夏の時期に運河で見られるハシグロアビ

街道沿いの湖ではバスフィッシングが盛んに行われている

キングストンにあるクイーンズ大学の「バイオロジカル・ステーション」が、運河近くのオピニオン湖の湖岸にあり、ここでは専任のスタッフからこの地域の動植物の生態についてレクチャーを受けることができる(予約制で英語のみ)。

湖畔に建つクイーンズ大学の「バイオロジカル・ステーション」

大学の専任スタッフから動植物のレクチャーが受けられる

個性的なホテルに泊まる

リドー歴史街道では、コテージから長期滞在のリゾートホテルまで様々なホテルに泊まることが出来る。その中で、おすすめの個性的なホテルを紹介しよう。

<ザ・オピニコン>
チャフィーズロックステーション近くにあるザ・オピニコンは、湖畔のロッジやコテージに宿泊できるリゾーで、元々は釣り客用の宿として90年前にスタートしたという。釣りはもちろん、カヌーやボートなどのアクティビティーや、バードウオッチングなども楽しめる。

【The Opinicon】

森に囲まれた湖畔に建つリゾート「 ザ・オピニコン」

住所:1697 Chaffeys Lock Rd, Elgin, ON K0G 1E0
URL:https://www.opinicon.com

アウトドアの雰囲気が感じられるログハウスのコテージ

 

<ダッフォディル エーカーズB&B>

石造りの古民家を利用したB&B「ダッフォディル エーカーズ」

ダッフォディル エーカーズは、ニューボロの街にある石造りの古民家を利用したB&B。調度品や家具も、アンティークで統一され、古き良きカナダを体感できるインテリアになっている。ロックや湖の散策など、落ち着いてのんびりと過ごすにはおすすめだ。

【Daffodil Acres】
住所:11 New St, Newboro, ON K0G 1P0
URL:https://daffodilacres.ca

客室は落ち着いたアンティークのインテリア

今回はここまで。次回は、希少なアツモリソウの群生とカナダの首都オタワを紹介していく。

協力:オンタリオ州観光局 http://www.ontariostyle.com/index.html
カナダ観光局 https://www.canada.jp
写真・文/石津祐介
カメラマン・ライター。旅行、アウトドア、野鳥、航空機などを中心に撮影、取材、執筆を行う。現在、埼玉県飯能市で田舎暮らし中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪
  2. 退職金でしたい事1位は海外旅行!お金をかけるポイントは?
  3. 美食の都リマのトップレストラン3店| 世界のフーディーズが絶賛す…
  4. オーストリアの「緑のワイン」をワイン居酒屋「ホイリゲ」で満喫
  5. オバマ元大統領も訪れたバリ島の「聖なる泉」ティルタ・ウンプル。万…
PAGE TOP