新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。 マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR] 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金 サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―】 越前がにだけじゃない!食べに行きたい福井県の美味いもの5つ ポルトギーゼ クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5選 今年のヒット商品を発表!|全国のスーパー、ドラッグストア約5,000万人分のPOSデータから集計 「サバ缶」を超えた「イワシ缶」、本格志向の第3のビールが急上昇!|全国のドラッグストア、 スーパーで今年一番売れた商品ランキング

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介

カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202kmにおよび47か所の水門によって結ばれている。今回は、運河を巡る水路クルーズと周辺で楽しめるスポットやアクティビティーを紹介しよう。

全長202km、合計47か所の水門があるリドー運河

運河とロックマスター

リドー運河はスタート地点のキングストンから約50m上がり、オタワへ向かうにつれ約80m下がっており、高低差があるため水位を調整する「ロック」と呼ばれる水門が運河全体で47か所に設けられている。船舶の往来の際に水門を開け閉めし、水位を調整し管理するのは「ロックマスター」と呼ばれる水門の管理人だ。彼らはカナダ国立公園管理局のスタッフで、船が通航できる夏の間は水門そばに建てられた「ロックステーション」で過ごしている。

運河の水位を調整する水門「ロック」

水門を管理する「ロックマスター」

水門が開くと勢い良く水が流れ込む

ロックマスターが夏の間を過ごすロックステーション

ロックマスターは、水門の上にある歯車を回転させ、水門を開き水位を調整していく。ロックには電動で開閉するものもあるが、そのほとんどは手動で開閉をする。運河の高低差が大きい場合は、複数の水門を通過する必要があるため一つ一つの水位を調整しながら、時間をかけて船はロックを通過していく。

4つのロックが連なるジョーンズ・フォール

高低差があるため、船は時間をかけてロックを通過していく

リドー歴史街道の自然を楽しむ

世界遺産にも登録されているリドー運河。運河沿いには小さな街も点在し「リドー歴史街道」として旅行者にも親しまれている。それぞれの街を拠点にキャンプやフィッシング、バードウオッチングを楽しんだり、自然を学ぶツアーなども盛んに行われており、アウトドアも満喫できる。

ロックの周りは自然が豊かで公園になっている場所も多い

フォーリーマウンテン保護地域からの眺め

夏の時期に運河で見られるハシグロアビ

街道沿いの湖ではバスフィッシングが盛んに行われている

キングストンにあるクイーンズ大学の「バイオロジカル・ステーション」が、運河近くのオピニオン湖の湖岸にあり、ここでは専任のスタッフからこの地域の動植物の生態についてレクチャーを受けることができる(予約制で英語のみ)。

湖畔に建つクイーンズ大学の「バイオロジカル・ステーション」

大学の専任スタッフから動植物のレクチャーが受けられる

個性的なホテルに泊まる

リドー歴史街道では、コテージから長期滞在のリゾートホテルまで様々なホテルに泊まることが出来る。その中で、おすすめの個性的なホテルを紹介しよう。

<ザ・オピニコン>
チャフィーズロックステーション近くにあるザ・オピニコンは、湖畔のロッジやコテージに宿泊できるリゾーで、元々は釣り客用の宿として90年前にスタートしたという。釣りはもちろん、カヌーやボートなどのアクティビティーや、バードウオッチングなども楽しめる。

【The Opinicon】

森に囲まれた湖畔に建つリゾート「 ザ・オピニコン」

住所:1697 Chaffeys Lock Rd, Elgin, ON K0G 1E0
URL:https://www.opinicon.com

アウトドアの雰囲気が感じられるログハウスのコテージ

 

<ダッフォディル エーカーズB&B>

石造りの古民家を利用したB&B「ダッフォディル エーカーズ」

ダッフォディル エーカーズは、ニューボロの街にある石造りの古民家を利用したB&B。調度品や家具も、アンティークで統一され、古き良きカナダを体感できるインテリアになっている。ロックや湖の散策など、落ち着いてのんびりと過ごすにはおすすめだ。

【Daffodil Acres】
住所:11 New St, Newboro, ON K0G 1P0
URL:https://daffodilacres.ca

客室は落ち着いたアンティークのインテリア

今回はここまで。次回は、希少なアツモリソウの群生とカナダの首都オタワを紹介していく。

協力:オンタリオ州観光局 http://www.ontariostyle.com/index.html
カナダ観光局 https://www.canada.jp
写真・文/石津祐介
カメラマン・ライター。旅行、アウトドア、野鳥、航空機などを中心に撮影、取材、執筆を行う。現在、埼玉県飯能市で田舎暮らし中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯…
  2. “北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」 ペルーのコンドル湖で発見されたミイラの謎|219体のミイラと20…
  3. ヴァンフック村のゲートは2010年に建造された。両脇に職人をモチーフにした彫り物が。 シルクの町・ヴァンフック村と焼き物の町・バッチャン村(ベトナム)…
  4. ベトナムの家庭料理 景観保存に日本も関わるドウォンラム村(ベトナム)|ハノイ日帰り観…
  5. 「イギリス人は傘をささない」について考察してみた 「イギリス人は傘をささない」について考察してみた
PAGE TOP