新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

住んだ人がみな不幸になる「ルート66」の呪われた町。潜入取材の廃屋で見たものは…

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)

アメリカはアリゾナ州に、「呪われた町」と噂されるゴーストタウンがある。キャニオン・ディアブロ(悪魔渓谷)の端に位置する、ツーガンズ(Two guns)がそれだ。一時は大勢の観光客で賑わったものの、たった50年でゴーストタウンに成り果ててしまった。一体この町に何が起きたのだろう?

アパッチ族が惨殺された洞窟

時は1878年に遡る。ネイティブアメリカンのアパッチ族とナバホ族が、このツーガンズ周辺で衝突を起こした。

ナバホ族に追われたアパッチ族は、小さな洞窟に身を潜めた。ナバホ族は洞窟入口で火を焚き、アパッチ族を炙り出す作戦に出た。慌てて逃げ出そうとした者は入口で射殺され、洞窟に残った42人は煙にまかれて命を落とした。そうして全員の息の根を止めた後、ナバホ族は彼らの武器や財産を身ぐるみはいでその場を去ったという。
陰惨な争いが起きたこの場所は、いつからともなく「死の洞窟」と呼ばれるようになった。

谷の底にある「死の洞窟」

死者を冒涜するような洞窟ツアー

この地は町とも呼べないような小さい集落だったが、1920年初頭にぐんと発展を遂げる。近くに国道ルート66が開通したのだ。ハイウェイ沿線のちょうどよい休憩地点として、ダイナーやガソリンスタンドが次々と作られた。

今は見る影もないガソリンスタンドの廃墟

内部は落書きだらけ

この頃に建設されたキャニオン・ディアブロ橋は、歴史登録財になっている

町が賑わい始めた頃、ふらりと奇妙な男がやってきた。派手好きで傲慢、自らを「アパッチ族の子孫」と名乗るハリー・ミラーという人物だ。この地に商機を感じたミラーは、土地の権利を買い取り、無茶苦茶な町おこしを始める。

まず作ったのが、動物園。ニワトリやピューマ、その他アリゾナ州の動物を無理やり集めて見世物にした。これがヒットし、単なる立ち寄り所に過ぎなかった町は、大勢の人々が足を運ぶ観光地へと変貌を遂げた。今まで「キャニオン・ロッジ」と便宜的に呼ばれていたこの地に「ツーガンズ」というキャッチーな名前をつけたのもミラーだ。

動物園の跡。mountain lions(ピューマ)が最大の売りだった

ピューマの檻の後ろには、ニワトリ小屋の跡らしきものも

次にミラーは、アパッチ族が惨殺された例の「死の洞窟」を一大アトラクションにしようと企んだ。洞窟に残されていたアパッチ族の遺骨をかき集め、土産物として販売した。洞窟の中に作り物の飾りやイルミネーションを施し、洞窟ツアーを開催した。「死の洞窟」という通称は「謎の洞窟」に変えてしまった。

次ページに続きます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP