新着記事

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【4】食とホテル事情

取材・文/関屋淳子

インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミャンマー連邦共和国。かつてビルマと呼ばれたこの国の印象はどのようなものでしょうか。2016年、軍事政権からアウンサン・スーチー国家顧問のもとで民主化へと歩み出したこと、あるいは映画「ビルマの竪琴」でしょうか。

観光地としてはまだ馴染みのない国ですが、その魅力は多彩。4回にわたり、ミャンマーの今をご紹介します。

第4回は食とホテル事情を紹介します。

ミャンマー料理あれこれ

ミャンマー料理は食べたことがないという方が多いと思います。実は日本人の口に合う!のです。主食は米で、それに合わせるのがカレー。ただしインドカレーのようにスパイスがきいて辛いわけではなく、食べやすい味。どちらかというと煮物感覚です。また、野菜料理も豊富でヘルシーです。

ココナッツチキンカレー、魚の煮物、海老の炒め物、青菜の炒め物

豚肉のカレー、サラダ、野菜の天ぷら

もやしと青菜の炒め物

ミャンマーでは揚げ物がとても人気で、揚げせんべいや野菜の天ぷら、かき揚げのようなもの、ひよこ豆の揚げ豆腐もあり、多種多様。たいていのレストランで出てきます。

前菜で出てきた揚げせんべい各種

ニンニクなど野菜のかき揚げ風

ミャンマーのシャン地方の名物が米麺を使ったシャンヌードル。あっさりとした味わいで辛さもありません。汁ありと汁なしがあり、屋台などでいただくときは、麺の種類や具材など自分好みにカスタマイズできるとか。油を多用するミャンマー料理ですが、シャンヌードルでさっぱりリセットできます。

シャンヌードル

食事につきもののビール!ミャンマービールはモンドセレクション金賞を受賞するなどの、実力派。しっかりしたキレがあるラガービールで、ミャンマー料理に合います。ほかにはワイン、ウイスキーなども。ミャンマーでは敬虔な仏教徒はお酒は飲まないので、レストランでお酒を注文しているのは観光客ばかりです。

ミャンマービール

高級ホテルやリゾートホテルも

旅の拠点であるヤンゴンには外資系のチェーンホテルから、スパ・フィットネス・プールなどを備える5つ星ホテルまでそろっています。宿泊した「セドナホテルヤンゴン」はフランクミュラーが入るショップなど高級感もあり、上品な内装の客室は無料Wi-Fiも整っています。

今回、バガンとインレー湖というローカルエリアを訪ねましたが、それぞれのローカリティを活かしたホテルがあり、印象的でした。

バガンでは、「タラバ―ゲートホテル」に宿泊。オールドバガンにあり、開放的なゆったりとした空間にヴィラタイプの客室があります。プールサイドバーではフレンドリーなスタッフの気持ちのいいサービスが受けられます。また、スパではウェルカムマッサージが受けられました。

タラバ―ゲートホテルの客室

プールサイド

レセプション棟

バガンの遺跡を360度見渡すことができるバガンビューイングタワーの近くにある「オーリアム パレスホテル&リゾート」。バガンの遺跡エリアでは郊外に位置しますが、バガンの遺跡と同化するようなヴィラが幻想的です。

オーリアム パレスホテル&リゾート

インレー湖での滞在は「ロイヤルナディリゾート」。インレー湖畔の町・ニャウンシュエにあり、小さな湖に面しています。夜は湖からの風が心地よく、穏やかな時間が流れます。そしてインレー湖のボートツアーの拠点となった「インレー・プリンセス・リゾート」はスタイリッシュで洒落たデザインながら、湖の自然と溶け込む佇まい。敷地内には紙漉きや焼き物などのミャンマーの伝統工芸のデモンストレーションエリアもあります。

インレー・プリンセス・リゾートのレセプション

ワインカーブは特別なレストラン

ヴィラタイプの客室

ミャンマーへの旅行は10月~3月上旬の乾季がおすすめです。まだまだ未知なる部分を秘めるミャンマーを訪ねてみてはいかがでしょうか。なんと、10月からは日本人と韓国人の観光ビザは免除になるとのこと。ヤンゴンだけでなく、ぜひ地方へも。ミャンマーの魅力はローカルにあり!です。穏やかなミャンマーの人々の笑顔に触れるだけでも心癒されますよ。

また、ミャンマーでは日本から寄贈された陽光桜が植樹され、昨年1月、首都・ネピドーで植樹式が行われました。日本とのつながりもますます深まりそうです。チェーズーベー(ありがとう)、ミャンマー。

協力:ミャンマー・ホテル観光省、ミャンマー観光連盟

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  4. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  5. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
PAGE TOP