新着記事

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

高齢化社会を迎えている現在、ダイエット、健康食品・サプリメント、運動など、健康志向は高まるば…

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

現代においてリーダーに求められる資質は旧来とは異なってきている。現代のリーダーには「EQ」が…

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

オンザロックの氷がカランカランと心地よく響くクリスタルガラス。その涼やかな音はウイスキーの味…

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

最近では家事を積極的に行う男性も増えているといいます。マイボイスコム株式会社(https…

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

人が視覚から得ることのできる情報は全体の55%といわれており、第一印象の良し悪しに関しては出…

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、二挺拳銃の異名をとって大暴れするいい女。『月刊サンデーGX…

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

まだまだ残暑が続いていますが、ふとした瞬間に秋の訪れを感じることもある今日このごろ。シニアライダーの…

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

林田直樹

  1. シューマン歌曲全集1:問い  

    より深い次元でシューマンの音楽に触れることができる【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)宝物としかいいようのないくらい、美しい声に恵まれた歌手が、どの時代にもいるものだ。1969年生まれのドイツのバリトン歌手クリスティアン・ゲルハーヘルもその一人。端正で柔らかい声、美しく表情豊かなド…

  2. レ・モノローグ  

    ヴィオラ・ダ・ガンバとチェロによるモノローグの世界【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ヴィオラ・ダ・ガンバという弦楽器をご存知だろうか。フラン…

  3. シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2  

    シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代を代表するピアニストの一人で、1953年ハンガリー出…

  4. マイ・ソングス/スティング(歌)  

    時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男の風格|スティング【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1951年英国ニューカッスル生まれの歌手スティングは、今…

  5. シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法  

    かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価をフォルテピアノにて問う【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)18世紀後半、すなわち古典派の始まりから、19世紀全般、…

  6. ドビュッシー:牧神の午後への 前奏曲  

    アルハンブラのカール5世宮殿での演奏会をDVDとCDで再現【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1971年パリ生まれの指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロト…

  7.  

    過激な音の乱舞!作曲家・西村朗の幻覚的で魔訶不思議な音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)日本のみならずアジア全域における伝統文化、宗教、美術など…

  8.  

    マックス・リヒターの音楽|暴力に傷ついた人々への悲しみの治療行為【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)もっとも重要な音楽的出来事は、常にジャンルの境界線上で起…

  9.  

    フランス至宝の音色!歴史的チェンバロで奏でるルイ・クープランの組曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)2015年春にオープンしたフィルハーモニー・ド・パリは、…

  10.  

    安心して帰ってこられる場所のような音楽|ラーシュ・ヤンソン『ジャスト・ジス』【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)北欧の音楽は、ジャンルを問わずどうしてこれほど魅力的なの…

  11.  

    パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)森と湖の国フィンランドの作曲家シベリウスの音楽は、北国の…

  12. マーラー:交響曲第6番イ短調《悲劇的》  

    クラシック界最注目の風雲児クルレンツィス渾身の「マラ6」に聴く”闇の力”【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ギリシャ出身で西シベリアのペルミを本拠に活躍する指揮者テ…

  13.  

    ドビュッシー最晩年の傑作群を1枚に収録!没後100年企画の決定盤【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)昨年2018年は、フランス近代を代表する作曲家クロード・…

  14.  

    マリー・アントワネットの音楽教師バルバトルの知られざる作品集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ひとつの時代が終わろうとするとき、文化は爛熟に達し、もっ…

  15.  

    亡き師に捧ぐクラシック・ギター四重奏団の心に染み入る親密な響き【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)クラシック・ギターの良さのひとつに親密さがある。優しく抱…

  16.  

    名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ずしりと手応えのある音楽である。現代を代表するドイツのヴ…

  17.  

    歌姫チェチーリア・バルトリ20年ぶりのヴィヴァルディ オペラアリア集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ヴェネツィアで活躍したバロックの作曲家ヴィヴァルディとい…

  18.  

    子供や孫と聴きたい!楽しさいっぱいのアニメ音楽名曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)擬人化された動物が活躍する、子供向けのユーモラスなアニメ…

  19.  

    チェリビダッケ×ミュンヘン・フィルによる高純度のラヴェル名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)生前はクラシック音楽界の帝王カラヤンの最大のライバルとし…

  20.  

    ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)あまりにも多く、軽々しく演奏されすぎているせいか、ショパ…

  21.  

    幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた

         

    文/林田直樹(音楽ジャーナリスト)クラシック音楽の殿堂として知られるサントリーホール(東京・…

PAGE TOP