新着記事

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価をフォルテピアノにて問う【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

18世紀後半、すなわち古典派の始まりから、19世紀全般、すなわちロマン派の時代にかけて、主役ともいえる楽器だったフォルテピアノ(現代のピアノと区別してそう呼称される)の多様な響きを探求する演奏家たちの動きは、現代のクラシック音楽において最も重要な潮流のひとつである。

シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法
山名敏之・朋子のデュオによる『シューベルト:フォルテピアノによる4手連弾作品全集』は、かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価を、フォルテピアノの手触り優しくも明晰な響きによって問い直そうというもの。ウィーンの1820年ローゼンベルガー製、1782年ワルター製のフォルテピアノを用いたその演奏は、シューベルトの音楽から新鮮な柔らかい響きと夢見るような寂寥感を引き出していて、聴きごたえ充分である。エキゾティシズムと対位法という二つの観点も興味深い。

【今日の一枚】
シューベルト:フォルテピアノによる4手連弾作品全集 第1巻エキゾティシズムと対位法
山名敏之・山名朋子(フォルテピアノ)

シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法

発売/ALM RECORDS コジマ録音 
電話:03・5397・7311
3400円(2枚組)

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2019年7月号のCDレビュー欄「今月の推薦盤」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シューマン歌曲全集1:問い より深い次元でシューマンの音楽に触れることができる【林田直樹の音…
  2. レ・モノローグ ヴィオラ・ダ・ガンバとチェロによるモノローグの世界【林田直樹の音…
  3. シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2 シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹…
  4. マイ・ソングス/スティング(歌) 時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男…
  5. 仕事場の棚には、師・木村伊兵衛の作品が山積み。「代表を務める写真保存センターで、著名な写真家の仕事を語り継いでいくシステムをつくることも私の重要な仕事です」 【インタビュー】田沼武能(写真家・90歳)「写真家にゴールはない…
PAGE TOP