新着記事

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価をフォルテピアノにて問う【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

18世紀後半、すなわち古典派の始まりから、19世紀全般、すなわちロマン派の時代にかけて、主役ともいえる楽器だったフォルテピアノ(現代のピアノと区別してそう呼称される)の多様な響きを探求する演奏家たちの動きは、現代のクラシック音楽において最も重要な潮流のひとつである。

シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法
山名敏之・朋子のデュオによる『シューベルト:フォルテピアノによる4手連弾作品全集』は、かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価を、フォルテピアノの手触り優しくも明晰な響きによって問い直そうというもの。ウィーンの1820年ローゼンベルガー製、1782年ワルター製のフォルテピアノを用いたその演奏は、シューベルトの音楽から新鮮な柔らかい響きと夢見るような寂寥感を引き出していて、聴きごたえ充分である。エキゾティシズムと対位法という二つの観点も興味深い。

【今日の一枚】
シューベルト:フォルテピアノによる4手連弾作品全集 第1巻エキゾティシズムと対位法
山名敏之・山名朋子(フォルテピアノ)

シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法

発売/ALM RECORDS コジマ録音 
電話:03・5397・7311
3400円(2枚組)

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2019年7月号のCDレビュー欄「今月の推薦盤」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シューマン歌曲全集1:問い より深い次元でシューマンの音楽に触れることができる【林田直樹の音…
  2. レ・モノローグ ヴィオラ・ダ・ガンバとチェロによるモノローグの世界【林田直樹の音…
  3. シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2 シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹…
  4. マイ・ソングス/スティング(歌) 時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男…
  5. 仕事場の棚には、師・木村伊兵衛の作品が山積み。「代表を務める写真保存センターで、著名な写真家の仕事を語り継いでいくシステムをつくることも私の重要な仕事です」 【インタビュー】田沼武能(写真家・90歳)「写真家にゴールはない…
PAGE TOP