新着記事

れんこんと鶏手羽元のビール煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】冬至は旬のれんこん料理で運を呼び込もう!

40~50代の「卒母」世代の9割が実感する髪の悩みと対策法

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/16~12/22)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】会社を劇的に変えた「10円のサプライズ」

【ビジネスの極意】会社を劇的に変えた「10円のサプライズ」

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ヴィオラ・ダ・ガンバとチェロによるモノローグの世界【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

ヴィオラ・ダ・ガンバという弦楽器をご存知だろうか。フランスではヴィオールと呼ばれ、ルイ14世にも愛されたその音色は、重厚で味わい深く、バロック音楽には欠かせない存在である。19世紀になるとチェンバロと同様すたれてしまったヴィオラ・ダ・ガンバだが、最近ではその魅力が見直され、愛好者も増えている。

レ・モノローグ
構えといい大きさといい、一見チェロとよく似たヴィオラ・ダ・ガンバだが、両者の違いを同一の演奏家の弾き比べによって楽しんでみようという冒険的な趣向のアルバムが登場した。1989年生まれの島根朋史による『レ・モノローグ』である。無伴奏チェロと無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバの作品ばかりが集められており、文字通りモノローグの世界が展開されている。そこで感じられるのは、これらの楽器がどちらも、いかに人の声に近く、いかに深いか、ということだ。暗闇の中の一筋の光のように、瞑想的な音楽にたっぷり浸れる1枚である。

【今日の一枚】
レ・モノローグ─無伴奏チェロと無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための作品集─
島根朋史(チェロ&ヴィオラ・ダ・ガンバ))

レ・モノローグ

発売/ALM RECORDS コジマ録音
電話:03・5397・7311
2800円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2019年8月号のCDレビュー欄「今月の推薦盤」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。 【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館…
  2. 前列左から時計回りに、発芽玄米ご飯(小豆・日本酒)、納豆(大根おろし)、キムチ、梅干し、沢庵、野菜サラダ(キャベツミックス・胡瓜・トマト・貝割れ大根・豆腐)、昆布水、味噌汁(キャベツ・麩・青葱)。お手拭きの上は番茶。発芽玄米ご飯に入れる小豆は、仏さまのお下がりを利用。昆布水は上質の昆布を24時間水に浸けたもので、朝食前に飲む。野菜サラダは市販の胡麻ドレッシングで食す。 【朝めし自慢】堀澤祖門(三千院門跡門主・90歳)「発芽玄米ご飯の…
  3. シューマン歌曲全集1:問い より深い次元でシューマンの音楽に触れることができる【林田直樹の音…
  4. シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2 シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹…
  5. マイ・ソングス/スティング(歌) 時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男…
PAGE TOP