新着記事

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

過激な音の乱舞!作曲家・西村朗の幻覚的で魔訶不思議な音楽【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

日本のみならずアジア全域における伝統文化、宗教、美術などを題材に、ヨーロッパの前衛音楽の技法を駆使して作曲する西村朗(1953年大阪生まれ)の音楽が、今ますます面白くなってきている。

最新アルバム『シェーシャ[聖蛇]』は、現代音楽の世界で40年以上もの間、最先端を走り続けるアルディッティ弦楽四重奏団が演奏している。その過激な音の乱舞を耳にして、こんな幻覚的で魔訶不思議な音楽も世の中にはあったのかと驚かれる向きもあるかもしれない。

シェーシャとはインド神話における超巨大なヘビのことで、千の頭を持ち、世界の原初の混沌の海を撹拌して様々なものを生み出し、最後には不死の霊薬とされる聖水を生むのだという。それが音楽になるというだけで、面白いではないか。寺社や仏像や日本伝統絵画を愛するサライ読者にもぜひ知っていただければと思う。

【今日の一枚】
シェーシャ[聖蛇]
アルディッティSQプレイズ西村朗(西村朗作品集19)
発売:カメラータ・トウキョウ
電話:03・5790・5565
2800円

※参考動画(ユリシーズ・カルテットによる演奏)

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2019年4月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マイ・ソングス/スティング(歌) 時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男…
  2. シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法 かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価をフォルテピアノ…
  3. ドビュッシー:牧神の午後への 前奏曲 アルハンブラのカール5世宮殿での演奏会をDVDとCDで再現【林田…
  4. マックス・リヒターの音楽|暴力に傷ついた人々への悲しみの治療行為…
  5. 古馴染みの東京・新宿のライブハウス『ピットイン』でサックスを吹く。今も年におよそ100ステージを各地でこなす。海外公演も多い。「僕は音楽を通して“生きる”ことの表現をしている」 【インタビュー】坂田 明(ミュージシャン・74歳)「引退するとし…
PAGE TOP