新着記事

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男の風格|スティング【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

1951年英国ニューカッスル生まれの歌手スティングは、今年で68歳になる。ロック・ミュージシャンとしてのみならず、俳優・作家としても長年活躍し、ジャンルを越えてさまざまな音楽にもかかわりを持ってきた。そんなスティングが、デビューしたロックバンド「ポリス」の頃からソロ活動に至るまで、原点回帰ともいえるヒット曲の数々を新たなアレンジとともに歌い直したセルフカバー・アルバム『マイ・ソングス』を発表した。

マイ・ソングス/スティング(歌)
年齢を重ねた歌手にとって難しいのは、歌唱法や声域によっては、どうしても声の衰えが出てしまう点にあるが、スティングの場合、あの見事な声は、迫力と深みを加え、さらなる進化を遂げている。驚くべきことだ。過去の重要な楽曲はほぼすべて収められている。時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズ(闘う姿勢)を止めない、真の男の風格がここにはある。

【今日の一枚】
マイ・ソングス
スティング(歌)

マイ・ソングス/スティング(歌)

発売/ユニバーサル ミュージック 
電話:045・330・7213
2500円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2019年7月号のCDレビュー欄「今月の推薦盤」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シューマン歌曲全集1:問い より深い次元でシューマンの音楽に触れることができる【林田直樹の音…
  2. レ・モノローグ ヴィオラ・ダ・ガンバとチェロによるモノローグの世界【林田直樹の音…
  3. シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2 シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹…
  4. 仕事場の棚には、師・木村伊兵衛の作品が山積み。「代表を務める写真保存センターで、著名な写真家の仕事を語り継いでいくシステムをつくることも私の重要な仕事です」 【インタビュー】田沼武能(写真家・90歳)「写真家にゴールはない…
  5. 前列中央から時計回りに、ご飯、納豆、沢庵、生卵、ふりかけ(緑黄色野菜・のりたま・小魚の原料ふりかけ)、日本茶、味噌汁(キャベツ・油揚げ)。ふりかけは5~6種類を常備し、そのうち好みの2~3種が食卓に。 【朝めし自慢】小川三夫(宮大工・71歳)「炊事当番が作り、みんな…
PAGE TOP