新着記事

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男の風格|スティング【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

1951年英国ニューカッスル生まれの歌手スティングは、今年で68歳になる。ロック・ミュージシャンとしてのみならず、俳優・作家としても長年活躍し、ジャンルを越えてさまざまな音楽にもかかわりを持ってきた。そんなスティングが、デビューしたロックバンド「ポリス」の頃からソロ活動に至るまで、原点回帰ともいえるヒット曲の数々を新たなアレンジとともに歌い直したセルフカバー・アルバム『マイ・ソングス』を発表した。

マイ・ソングス/スティング(歌)
年齢を重ねた歌手にとって難しいのは、歌唱法や声域によっては、どうしても声の衰えが出てしまう点にあるが、スティングの場合、あの見事な声は、迫力と深みを加え、さらなる進化を遂げている。驚くべきことだ。過去の重要な楽曲はほぼすべて収められている。時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズ(闘う姿勢)を止めない、真の男の風格がここにはある。

【今日の一枚】
マイ・ソングス
スティング(歌)

マイ・ソングス/スティング(歌)

発売/ユニバーサル ミュージック 
電話:045・330・7213
2500円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2019年7月号のCDレビュー欄「今月の推薦盤」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シューマン歌曲全集1:問い より深い次元でシューマンの音楽に触れることができる【林田直樹の音…
  2. レ・モノローグ ヴィオラ・ダ・ガンバとチェロによるモノローグの世界【林田直樹の音…
  3. シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2 シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹…
  4. 仕事場の棚には、師・木村伊兵衛の作品が山積み。「代表を務める写真保存センターで、著名な写真家の仕事を語り継いでいくシステムをつくることも私の重要な仕事です」 【インタビュー】田沼武能(写真家・90歳)「写真家にゴールはない…
  5. 前列中央から時計回りに、ご飯、納豆、沢庵、生卵、ふりかけ(緑黄色野菜・のりたま・小魚の原料ふりかけ)、日本茶、味噌汁(キャベツ・油揚げ)。ふりかけは5~6種類を常備し、そのうち好みの2~3種が食卓に。 【朝めし自慢】小川三夫(宮大工・71歳)「炊事当番が作り、みんな…
PAGE TOP