新着記事

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

文/池上信次前回紹介したSPレコードの「3分しばり」ですが、正確には「再生メディア」の限界が…

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

台東区は日本の伝統技術が今も息づく街だ。中でも有名なのは、下町情緒が残る…

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

新型コロナウイルスの流行に伴い、マスク不足が問題になっています。医師人材総合サービスを提供す…

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

写真・文/矢崎海里鍋の具材として大活躍の白菜。年中出回っていますが、11月~2月に旬を迎…

ドクターエルCC|骨盤を立たせて疲労軽減。ほどよい硬さが心地よい

運転姿勢を整える用品。シートに敷くタイプで、近年主流の背もたれや座面の「ヘリ」が高いバケット…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

指を動かすだけで健康効果がある「指ヨガ」|『全身ポーズと同じ効果!! 指だけヨガ』

指を動かすだけで健康効果がある「指だけヨガ」のやり方

文/鈴木拓也日本では15年ほど前からヨガブームが続いており、いまやヨガ人口は約800万人…

10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使い勝手がよく練られた帆布鞄

シンプルな外観ながら、使い勝手がよく考えられた帆布製のショルダーバッグである。『サライ』…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行記

  1.  

    ニューオリンズ行ったらコレ食べて!旅のシメは摩訶不思議な●●ツアー【アメリカ南部を旅する 最終回】

         

    文・写真/鳥居美砂※前回の記事ルイジアナ州ニューオリンズからスタートして、ブルースの聖地であるミシシッピ州クラークスデール、エルヴィス・プレスレリーゆかりの地テネシー州メンフィス、そして、黒人解放運動の舞台となったアラバマ州…

  2.  

    浅草花やしきよりも怖い!? スリル満点のコースターで森を疾走【ベトナムの避暑地ダラット紀行5】

         

    ダラットの南に広がる景勝地。前回は森に囲まれた竹林禅院とトゥイェンラム湖を紹介したが、今回は…

  3.  

    名物ケーブルカーで空中散歩!そしてお寺で神々しい仏様に出会う【ベトナムの避暑地ダラット紀行4】

         

    ゆるやかな高原の街、ダラット。ほんの少し郊外に出れば、景色のよい山並みが広がり、渓谷が点在している。…

  4.  

    息をのむほど美しい!ベトナム刺繍の魅力が詰まった「XQ刺繍センター」を訪ねた【ベトナムの避暑地ダラット紀行3】

         

    世界的に有名なベトナム刺繍。民族衣装に施された刺繍も美しいが、アートとしての価値も高く、国内…

  5.  

    花づくりが盛んな「花の街」ダラットならではのフラワースポット巡り【ベトナムの避暑地ダラット紀行2】

         

    取材・文・写真/白石あづさ蒸し暑いイメージが強いベトナムだが、ホーチミンから国内線で…

  6.  

    船上から「氷河の崩落」の圧倒的迫力を体感!客船クラウン・プリンセスで行くアラスカクルーズ【その2】

         

    文・写真/上田寿美子>>前回までの旅路5日目、いよいよこのアラス…

  7.  

    迎賓館を改装した憧れのホテルへ!ベトナム『ダラット・パレス』に泊まる【ベトナムの避暑地ダラット紀行1】

         

    取材・文・写真/白石あづさ林芙美子の小説「浮雲」にも登場する、ベトナムのダラット。フ…

  8.  

    黒人解放の歴史たどる旅路!メンフィスからモントゴメリーへ【アメリカ南部を旅する第5回】

         

    文・写真/鳥居美砂ここまでのアメリカのディープサウスの旅では、連日、ジャズやブルース、ロック…

  9.  

    犬ぞりで氷河を疾駆しタラバガニに舌鼓!客船クラウン・プリンセスで行くアラスカクルーズ【その1】

         

    文・写真/上田寿美子毎年5~9月にかけて行われるアラスカクルーズは、清涼感のあるサマ…

  10.  

    乗ってみた!アジア最大の新造客船ゲンティンドリームで行くシンガポール発着2泊3日クルーズ

         

    文・写真/上田寿美子2016年11月、アジアに新しいクルーズ機運が到来しました。ゲン…

  11.  

    歌手プレスリーが生まれた場所『サンスタジオ』をメンフィスに訪ねる【アメリカ南部を旅する 第4回】

         

    文・写真/鳥居美砂前回はエルヴィス・プレスリーの邸宅をはじめ、彼の偉業を再認識できる…

  12.  

    ロックの王の偉業を偲ぶ!エルヴィス・プレスリーゆかりの地を訪ねる【アメリカ南部を旅する 第3回】

         

    文・写真/鳥居美砂かつて綿花の集積地として栄えたメンフィスは、テネシー州最大の街で、現在も人…

  13.  

    あまりのことに絶句!ブルースの聖地「クロス・ロード」に立つ【アメリカ南部を旅する 第2回】

         

    文・写真/鳥居美砂ニューオリンズで、毎夜ジャズ、リズム&ブルース、ロック……とどっぶり音楽に…

  14.  

    クルーズの終着地点は金沢!伝統ある街の新旧の魅力を訪ねる【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第4回】

         

    文・写真/上田寿美子※前回の記事:船は京都・舞鶴へ!日本海側の景勝地を巡り、船上では…

  15.  

    ジャズが生まれた街ニューオリンズの夜【アメリカ南部を旅する 第1回】

         

    どんな人にも“死ぬまでに一度は見たい風景”があるだろう。私にも、ずっと憧れ続けた風景があった…

  16.  

    船は京都・舞鶴へ!日本海側の景勝地を巡り、船上では縁日を楽しむ。【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第3回】

         

    前回の記事: 船上で船長とダンス!? そして航海は盛夏の釜山と博多へ【コスタ ビクトリア日本…

  17.  

    ローマっ子も御用達!歩いて通ったローマの市場・食材店ベスト8【イタリア・ローマを歩く 第6回】

         

    永遠の都・ローマ。ヨーロッパきっての観光地として名高い地だが、ほとんどの観光客はホテルに滞在し、せい…

  18.  

    クレオパトラが微笑みかける!? ローマの中のエジプトを歩く【イタリア・ローマを歩く 第5回】

         

    永遠の都・ローマ。ヨーロッパきっての観光地として名高い地だが、ほとんどの観光客はホテルに滞在し、せい…

  19.  

    船上で船長とダンス!? そして航海は盛夏の釜山と博多へ【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第2回】

         

    ※前回記事: 日本海の景勝地を巡りつつイタリア式船旅を楽しむ【コスタ ビクトリア日本発着クル…

  20.  

    歩いて訪ねた「カラヴァッジョ」のあるローマの美術館6つ【イタリア・ローマを歩く 第4回】

         

    永遠の都・ローマ。ヨーロッパきっての観光地として名高い地だが、ほとんどの観光客はホテルに滞在し、せい…

  21.  

    天才画家カラヴァッジョの作品を求めてローマの教会を巡る【イタリア・ローマを歩く 第3回】

         

    永遠の都・ローマ。ヨーロッパきっての観光地として名高い地だが、ほとんどの観光客はホテルに滞在し、せい…

  22.  

    ここにも穴あそこにも穴!ローマ「穴めぐり」散歩記【イタリア・ローマを歩く 第2回】

         

    永遠の都・ローマ。ヨーロッパきっての観光地として名高い地だが、ほとんどの観光客はホテルに滞在し、せい…

  23.  

    ローマの中心にアパートを借りて暮らすように旅してみた!【イタリア・ローマを歩く 第1回】

         

    永遠の都・ローマ。ヨーロッパきっての観光地として名高い地だが、ほとんどの観光客はホテルに滞在し、せい…

  24.  

    日本海の景勝地を巡りつつイタリア式船旅を楽しむ【コスタ ビクトリア日本発着クルーズ第1回】

         

    取材・文/上田寿美子日本にも海外の有名客船が続々とやってくるようになりました。中でも…

  25.  

    監視員のおじさんと手を取り合ってベンガル湾で泳ぐことになったワケ【インド・オリッサ州を歩く6】

         

    まだまだ日本人観光客は少ないインド南部オリッサ州の海辺のリゾート地「プリ」を訪ねた、旅ライタ…

  26.  

    夕闇せまる南インドの繁華街、路地に溶け込む生と死のドラマ【インド・オリッサ州を歩く5】

         

    まだまだ日本人観光客は少ないインド南部オリッサ州の海辺のリゾート地「プリ」を訪ねた、旅ライターの…

  27.  

    天才料理人あらわる!穴場ホテルのスパイシーな魚介料理に仰天。【インド・オリッサ州を歩く4】

         

    旅ライターの白石あづささんが訪れたのは、インド・オリッサ州のリゾート地「プリ」。今回は、世界…

  28.  

    早朝のベンガル湾、浜辺で漁師たちの船出を見送ったら衝撃の光景が。【インド・オリッサ州を歩く3】

         

    旅ライターの白石あづささんが、はじめて訪れたインドのオリッサ州。州都・ブバネシュワールから世…

  29.  

    ベンガル湾の浜辺の夜市で「ラクダタクシー」に乗ってみた。【インド・オリッサ州を歩く2】

         

    旅ライターの白石あづささんが、はじめて訪れたインドのオリッサ州。州都・ブバネシュワールから世…

  30.  

    世界遺産の「あの寺院」で妖艶すぎる石の彫刻に見惚れる。【インド・オリッサ州を歩く1】

         

    近くて遠く、単純なのに混沌として、優しいけれど厳しい。まるでマザーグースの謎かけのような国、…

PAGE TOP