新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

黒人解放の歴史たどる旅路!メンフィスからモントゴメリーへ【アメリカ南部を旅する第5回】

文・写真/鳥居美砂

ここまでのアメリカのディープサウスの旅では、連日、ジャズやブルース、ロック……と音楽三昧の楽しい時間を過ごしてきたが、この地(メンフィス)ではどうしても避けて通れない“負の遺産”がある。それは、黒人差別の歴史であり、黒人の人権を求めた公民権運動である。

そもそも、ジャズやブルースもアフリカから連れてこられた奴隷たちの心の叫びから生まれた音楽だ。これらの音楽の背景には、黒人解放の歴史がある。

その黒人解放運動の先頭に立っていたのが、マーチン・ルーサー・キング牧師だ。そして、遊説に立ち寄ったメンフィスで銃弾に倒れた。キング牧師が暗殺されたのは、宿泊先のロレインモーテル306号室のバルコニー。現在、このモーテルは「国立公民権博物館」として公開されている。

花輪が掲げられているのが、キング牧師が暗殺されたロレインモーテル306号室。バルコニーに出ていたところを狙撃された。室内は当日の様子が再現され、見学できる。

花輪が掲げられているのが、キング牧師が暗殺されたロレインモーテル306号室。バルコニーに出ていたところを狙撃された。室内は当日の様子が再現され、見学できる。

館内には、アラバマ州モントゴメリーで起きたバスボイコット運動や、同州バーミングハムでグレイハウンドバスが襲撃された事件などが再現されている。黒人に向けられた凄まじい差別に今更ながらに驚き、それに耐えて非暴力で自由を勝ちとっていく忍耐力と意思の強さ。展示内容はリアルで、胸に迫ってくる。

自由の国アメリカの歴史に陰を落とすこの事実を、しっかり観ておかなくては。

黒人解放を訴え、黒人6名と白人7名がグレイハウンドバスに乗り込んでワシントンを出発した「フリーダムライド」運動。ところが、アラバマ州バーミングハムで襲撃されてしまう。炎上するバスの様子を再現した展示だ。

黒人解放を訴え、黒人6名と白人7名がグレイハウンドバスに乗り込んでワシントンを出発した「フリーダムライド」運動。ところが、アラバマ州バーミングハムで襲撃されてしまう。炎上するバスの様子を再現した展示だ。

博物館には通りを挟んで別館があり、キング牧師の暗殺に使われた部屋がそのまま保存されていて生々しい。興味本位ではなく、こうした恥部もちゃんと残しているのは現在のアメリカの公平さを表しているようで、ホッとした。

エルヴィス・プレスリーゆかりの地、メンフィスは黒人解放運動の最前線でもあった。その両方を目に焼き付けて、次の目的地、アラバマ州モントゴメリーを目指した。

でも、その前にちょっと寄り道。ソウル・ゴスペルシーンの大御所、アル・グリーンが現在牧師となっていて、メンフィス郊外にある教会「フル・ゴスペル・タベルナクル」(Full Gospel Tabernacle)で日曜礼拝があるのだ。体調がよくないと聞いていて、彼自身がゴスペルを歌ってくれるか微妙なところだが、向かうことにした。

聖歌隊のゴスペルで盛り上がったころ、アル・グリーンが登場した。礼拝説教のあとに、献金の時間があった。各自に献金用の封筒が渡され、それに寸志を入れて彼のところに持っていく。

どこから来ましたかと尋ねられ、勢いよく「ジャパン!」と答えると、グリーン牧師だけでなく、信者たちも歓声をあげて祝福してくれた。そして、歌のお返しも! 今回の旅で、忘れられないシーンとなった。

聖歌隊がゴスペルを披露。神を称えながら、音楽的にも聴かせてくれる。さすが、アメリカ南部の教会だ。

聖歌隊がゴスペルを披露。神を称えながら、音楽的にも聴かせてくれる。さすが、アメリカ南部の教会だ。

中央がアル・グリーン神父。若い頃は甘くセクシーな歌声の持ち主だったが、まだまだ声に張りがある。

中央がアル・グリーン神父。若い頃は甘くセクシーな歌声の持ち主だったが、まだまだ声に張りがある。

感激は冷めやらないが、4時間以上のドライブが待っているので出発しないと。

アラバマ州に入った途端、不思議なことに道路のコンディションがよくなった。しかし、景色が単調で行けども行けども、車窓からは森林しか見えない。サザンロックの雄「レーナード・スキナード」は「スィート・ホーム・アラバマ」と歌っていたのに、高層道路だからしかたないか。

カーラジオのクラシック・ロック・チャンネルを探して、70年代のロックを聴きながら、ひたすら車を走らせた。ちなみに、このドライブ中に一番かかっていた曲は、「スティーヴ・ミラー・バンド」の「ザ・ジョーカー」。いくつかのチャンネルに合わせてみたが、彼のほかの曲もかかっていて、その人気の高さがちょっと意外だった。

■公民権運動の中心地、モントゴメリー

アラバマ州モントゴメリー(地元では「モンゴメリー」ではなく、「モントゴメリー」と発音する)には、マーチン・ルーサー・キング牧師が大学院卒業後に初めて着任した教会がある。それが「デクスター・アベニュー・バプティスト教会」だ。この小さな教会から公民権運動を指導し、やがてケネディ政権をも巻き込む大きなうねりとなっていった。

「デクスター・アベニュー・バプティスト教会」は、黒人バプティスト派教会として1877年に創立された。キング牧師が着任したのは1954年。

「デクスター・アベニュー・バプティスト教会」は、黒人バプティスト派教会として1877年に創立された。キング牧師が着任したのは1954年。

モントゴメリーの名が全米に知れ渡ったのは、バスボイコット運動だ。1950年代の南部では、バスの座席は白人用と黒人用に分かれていて、たとえ黒人が許された席に座っていても、立っている白人がいれば席を譲らなければならなかった。なんと理不尽な規則だろう!

これに抗議したのが42歳の黒人女性ローザ・パークスである。運転手から白人に席を譲れと命令されても、それを拒否した。彼女は即逮捕されてしまうが、この勇気ある行動に共鳴した多くの黒人が続き、バスに乗車しないというボイコット運動になっていく。

キング牧師が中心となってこの運動を指揮、1956年に連邦最高裁の「バスの人種隔離は違憲」という判決を勝ち取った。

「国立公民権博物館」で再現展示されていた「フリーダムライド」に使われたグレイハウンドバスは、バーミングハムで襲撃された後に、なんとかモントゴメリーのバスステーションに到着した。しかし、ここでもまた鉄パイプを持った群衆に襲われてしまう。その惨事の舞台が博物館として残されている。

モントゴメリーはアラバマ州の州都。現在は穏やかで静かな町にしか見えないが、町のあちこちに公民権運動の歴史が刻まれている。

壁にも公民権運動を描いた絵がある。公民権運動を推し進めるデモ隊が、アラバマ川に架かる橋で州兵と衝突した事件が題材だ。

壁にも公民権運動を描いた絵がある。公民権運動を推し進めるデモ隊が、アラバマ川に架かる橋で州兵と衝突した事件が題材だ。

およそ観光地とはいえない場所を巡って憤りや怒り、悲しみ、それに少しの希望が入り混じった気持ちで胸がいっぱいになった。多分、わたしが黒人音楽に惹かれるのはこうした複雑な感情が音楽のベースになっていて、心を揺り動かされるからだろう。

次回は今回の旅の拠点、ニューオリンズに戻る。第1回でお伝えできなかった食文化やダークな一面も紹介します。

文/鳥居美砂
ライター・消費生活アドバイザー。『サライ』記者として25年以上、取材にあたる。12年余りにわたって東京〜沖縄を往来する暮らしを続け、2015年末本拠地を沖縄・那覇に移す。沖縄に関する著書に『沖縄時間 美ら島暮らしは、でーじ上等』(PHP研究所)がある。『サウンド・レコパル』などで音楽記事も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジャック・ダニエル蒸留所 アメリカ・テネシー州の蒸留所ツアーで知る、「ジャック・ダニエル」…
  2. 止まった腕時計が建物のシンボルに使われていたり、巻貝が屋根の先端に飾られていたり。「あの部分は何でできている?」と考え、「ここにこの素材を配したか!」と唸るのが楽しい 80歳で亡くなるまで、作り続けた125のミニチュア建築|外国人修…
  3. 咸臨丸 所縁の地サンフランシスコで巡る幕末の歴史|「咸臨丸」水夫達の眠る…
  4. 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサン…
  5. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
PAGE TOP