花づくりが盛んな「花の街」ダラットならではのフラワースポット巡り【ベトナムの避暑地ダラット紀行2】

さまざまな色のバラ (C)Azusa Shiraishi

さまざまな色のバラ (C)Azusa Shiraishi

取材・文・写真/白石あづさ

蒸し暑いイメージが強いベトナムだが、ホーチミンから国内線で1時間、軽井沢のように涼しく快適な高原がある。ベトナム人に人気の避暑地ダラットは、バラやガーベラなどの花の栽培が盛んな地だ。

今回は、ダラットの郊外にある花の栽培地と、一年を通して花が咲き乱れるダラット市ガーデンをご紹介しよう。

■花づくりが盛んなダラット郊外の栽培地

ダラットの郊外を車で走っていると、大型のビニールハウスが目に飛び込んでくる。高原野菜でも作っているのだろうか?と思ったら、「気候の涼しいダラットでは花の栽培が盛んなのです。特にバラは海外にも輸出するほど質もいいんですよ。ちょっと降りてみましょう」とガイドさん。

ガーベラ農家のビニールハウス かなり大きい (C)Azusa Shiraishi

ガーベラ農家のビニールハウス かなり大きい (C)Azusa Shiraishi

花農家の方のご好意で栽培の様子を見せてもらえることになった。幅15メートル、奥行き100メートルの大型ビニールハウスのなかには、美しい白やピンクのガーベラがすくすくと育っている。路地栽培だと蛾が来て花を食べてしまうため、最近はビニールハウスが主流なのだそうだ

オレンジのガーベラ ほとんどが輸出用 (C)Azusa Shiraishi

オレンジのガーベラ ほとんどが輸出用 (C)Azusa Shiraishi

その農家の周辺には集められた花々を選別し市場へと送る作業所がある。ここでは、バラの花をランク付けして束にし、市場や海外へと送るのだという。むせかえるバラの花の香りに包まれて、作業員が慣れた手つきでバラをより分けていく。

花を選別する作業員 (C)Azusa Shiraishi

花を選別する作業員 (C)Azusa Shiraishi

束にされたバラは、軽トラックにぎっしりと詰まれて出荷される。ベトナムというと、コーヒーやフルーツのイメージが強く、実は日本にも多くのベトナムがバラが輸出されていることを私ははじめて知ったのだが、帰国したら花屋でバラを見かけるたびにダラットを思い出しそうだ。

軽トラックに積まれたバラの花束  (C)Azusa Shiraishi

軽トラックに積まれたバラの花束  (C)Azusa Shiraishi

■ダラット市営のちょっと不思議なガーデン

郊外から市街に戻る途中に、3、4階建てのビルの高さほどある大きな半円形のグリーンが見えてきた。ダラット市が運営する「ダラット市ガーデン」の入り口である。

ダラット市ガーデンの入り口 (C)Azusa Shiraishi

ダラット市ガーデンの入り口 (C)Azusa Shiraishi

どうやって管理しているのだろう?と思わず入口を見上げてしまったが、雨模様にもかかわらず、市民が続々と入っていく。人気の施設なのだろう。広大な庭園には、さまざまな花が咲き乱れており、ポットや動物などの形に整えられた植木がユニークで、ベトナム人家族がしきりに写真を撮っていた。

巨大なミツバチがお出迎え (C)Azusa Shiraishi

巨大なミツバチがお出迎え (C)Azusa Shiraishi

かなり広い園内 お弁当を持ってのんびりしたい (C)Azusa Shiraishi

かなり広い園内 お弁当を持ってのんびりしたい (C)Azusa Shiraishi

日本にもさまざまなガーデンがあるが、このダラット市ガーデンはとにかくユーモラス。おもしろいのはゴミ箱。日本では、植えている木々のじゃまをしないように地味な色にしているガーデンが多いが、こちらでは、派手にペイントされた動物ゴミ箱があちこちに。

ペンギンやクマやネズミなど愛嬌のある顔で大きな口をあけている。気が付けばついついカメラを向けてしまう。

さまざまな動物ゴミ箱  (C)Azusa Shiraishi

さまざまな動物ゴミ箱  (C)Azusa Shiraishi

そして、展示方法も凝っている。馬車の座席に飾られた花々に、ずいぶんとメルヘンな展示だなあ、と近づけば、なんと張りぼてではなく、生きたポニーがつながれていた。つながれっぱなしで、ちょっとかわいそうな気もするが、時々、交替しているのだろうか。

生きたポニーも展示作品 (C)Azusa Shiraishi

生きたポニーも展示作品 (C)Azusa Shiraishi

そして、日本の盆栽コーナーを訪れれば、これは盆栽ではないだろう!と突っ込みたくなるほどの人間の背の高さをゆうゆうと超えた巨大な盆栽があったりして、ベトナム人のおおらかな感性に刺激を受けるだろう。

2、3メートルの“盆栽”も (C)Azusa Shiraishi

2、3メートルの“盆栽”も (C)Azusa Shiraishi

そのほか、インディアンの家のような小さな木製の小屋があったり、巨大なワインボトルが突然、立っていたりと、自由で気ままなベトナムならではのガーデンに、思わず長居をしてしまった。

インディアンの家? 庭がかわいい (C)Azusa Shiraishi

インディアンの家? 庭がかわいい (C)Azusa Shiraishi

高台からガーデンが一望 (C)Azusa Shiraishi

高台からガーデンが一望 (C)Azusa Shiraishi

子供向けかと思っていたが、大人でも十分楽しめる。園内はとてもきれいで池もあるので、もし訪ねるならゆっくり時間をとってほしい。

【ダラット市ガーデン】
■所在地/2 Tran Nhan Tong E of Town Centre, Da Lat
■営業時間/7:00-18:00
■休業日/無休
■日本語/不可
■入場料/2万ドン

次回はベトナム刺繍の魅力が詰まったダラットの「刺繍センター」を訪ねてみましょう。

取材・文・写真/白石あづさ
旅ライター。地域紙の記者を経て、約3年間の世界旅行へ。帰国後フリーに。著書に旅先で遭遇した変なおじさんたちを取り上げた『世界のへんなおじさん』(小学館)。最近は世界中で食べた珍しい動物の肉を取り上げた『世界のへんな肉』(新潮社)を上筆。市場好きが高じて築地に引っ越し、うまい魚と酒三昧の日々を送っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で