新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズ・ヴォーカル・コレクション

  1. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・ヴォーカル・コレクション52】

    文/後藤雅洋2016年4月に創刊した『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)が、いよいよ最終号を迎えました。52巻に及ぶこのシリーズを振り返ってみると、私なりにいろいろと新たな発見がありました…

  2. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカル・コレクション51 現代のジャズ・ヴォーカルvol.2】

    文/後藤雅洋“時代”はジャズに表れる「現代のジャズ・ヴォーカル」の2回目にあたり、「ジャズの…

  3. ジャズ文脈から考えたビートルズの音楽の魅力とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション50】

    文/後藤雅洋ビートルズ音楽の多様性今回2度目となるビートルズ・ジャズ・ヴォーカル特集…

  4. カウント・ベイシー・オーケストラ|最高のスイングでヴォーカルを牽引【ジャズ・ヴォーカル・コレクション49】

    文/後藤雅洋今号はビッグ・バンド・ジャズの雄、カウント・ベイシー・オーケストラとヴォーカルの…

  5. ソウル・ミュージックの魅力は、味の濃さと哀愁感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション48】

    文/後藤雅洋第41号「フュージョン・ジャズ・ヴォーカル」のビル・ウィザースが歌う「ソウル・シ…

  6. アニタ・オデイ|ジャズの自由を体現するヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション47】

  7. “歌手”オードリーが誕生した理由――映画音楽×ジャズの楽しみ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション46】

  8. ヘレン・メリル|声から溢れるウェットでリアルな情感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション45】

  9. ガーシュウィンの楽曲がジャズで愛されてきた理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション44】

  10. ジャズ・ヴォーカルのデュエットを楽しむ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション43】

  11. ジュリー・ロンドン|誰をもユートピアへ誘う多重キャラ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション42】

  12. フュージョン・ジャズとは何なのか?【ジャズ・ヴォーカル・コレクション41】

  13. ジャズ歌手にとってクリスマス・ソングが“難しい”理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション40】

  14. ビッグ・バンド・ジャズ・ヴォーカル|歌を彩る豪華絢爛ジャズ・サウンド【ジャズ・ヴォーカル・コレクション39】

  15. 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.3|ジャズ歌の“日本的魅力”を再認識【ジャズ・ヴォーカル・コレクション38】

  16. カサンドラ・ウィルソン|21世紀ジャズ・ヴォーカルの牽引者【ジャズ・ヴォーカル・コレクション37】

  17. ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル|新しい“スタンダード”の誕生【ジャズ・ヴォーカル・コレクション36】

  18. ビリー・ホリデイ|明と暗を併せ持つ異形の天才【ジャズ・ヴォーカル・コレクション35】

  19. ルイ・アームストロング|だみ声に込められた本音と誠意【ジャズ・ヴォーカル・コレクション34】

  20. メル・トーメ|他の追随を許さないジャジーなヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション23】

  21. ガーシュウィン・セレクション|ジャズマンが愛した「名曲王」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション22】

  22. ジューン・クリスティ|ドライでクールな独創のハスキー・ヴォイス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション21】

  23. 映画のジャズ・ヴォーカル|映画音楽はジャズ名曲の宝庫【ジャズ・ヴォーカル・コレクション20】

  24. ビング・クロスビー|古きよきアメリカを体現する「囁きの魔術師」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション19】

  25. 昭和のジャズ・ヴォーカル|世界に飛び出した日本のジャズの歌姫たち【ジャズ・ヴォーカル・コレクション18 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.2】

  26. ヘレン・メリル|深い情感をたたえるハスキー・ヴォイス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション17】

  27. クリスマスのBGMに最適!聖夜を彩るジャズ・ヴォーカル・クリスマス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション16】

  28. グループ・ジャズ・ヴォーカル|官能的な極上のハーモニー!【ジャズ・ヴォーカル・コレクション15】

  29. カーメン・マクレエ|豊かな情感と構築力で歌の魅力を表現【ジャズ・ヴォーカル・コレクション14】

  30. チェット・ベイカー|ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション13】

PAGE TOP