新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

樺細工で有名な秋田県仙北市角館町から届いた、職人が仕上げた逸品である。使われるのは、東北地方…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズ・ヴォーカル・コレクション

  1.  

    ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・ヴォーカル・コレクション52】

         

    文/後藤雅洋2016年4月に創刊した『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)が、いよいよ最終号を迎えました。52巻に及ぶこのシリーズを振り返ってみると、私なりにいろいろと新たな発見がありました…

  2.  

    時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカル・コレクション51 現代のジャズ・ヴォーカルvol.2】

         

    文/後藤雅洋“時代”はジャズに表れる「現代のジャズ・ヴォーカル」の2回目にあたり、「ジャズの…

  3.  

    ジャズ文脈から考えたビートルズの音楽の魅力とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション50】

         

    文/後藤雅洋ビートルズ音楽の多様性今回2度目となるビートルズ・ジャズ・ヴォーカル特集…

  4.  

    カウント・ベイシー・オーケストラ|最高のスイングでヴォーカルを牽引【ジャズ・ヴォーカル・コレクション49】

         

    文/後藤雅洋今号はビッグ・バンド・ジャズの雄、カウント・ベイシー・オーケストラとヴォーカルの…

  5.  

    ソウル・ミュージックの魅力は、味の濃さと哀愁感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション48】

         

    文/後藤雅洋第41号「フュージョン・ジャズ・ヴォーカル」のビル・ウィザースが歌う「ソウル・シ…

  6.  

    アニタ・オデイ|ジャズの自由を体現するヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション47】

         

    文/後藤雅洋「キャラ立ちする」という言い方がありますが、アニタ・オデイはまさに白人女性ヴォー…

  7.  

    “歌手”オードリーが誕生した理由――映画音楽×ジャズの楽しみ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション46】

         

    文/後藤雅洋映画とジャズ、こうしてふたつ並べただけでじつに多様で豊かなイメージが沸き起こって…

  8.  

    ヘレン・メリル|声から溢れるウェットでリアルな情感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション45】

         

    文/後藤雅洋ヘレン・メリルは日本人好みのジャズ・ヴォーカリストだといわれています。私自身もジ…

  9.  

    ガーシュウィンの楽曲がジャズで愛されてきた理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション44】

         

    文/後藤雅洋ジャズに名曲なし?昔、有名なジャズ評論家の野川香文(1904~57)という人が、…

  10.  

    ジャズ・ヴォーカルのデュエットを楽しむ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション43】

         

    文/後藤雅洋デュエット・ジャズ・ヴォーカルの魅力は、歌手を楽器にたとえれば、トランペットやサ…

  11.  

    ジュリー・ロンドン|誰をもユートピアへ誘う多重キャラ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション42】

         

    文/後藤雅洋ジュリー・ロンドンの歌声を聴いていると、「歌」というものの効用のたしかさ…

  12.  

    フュージョン・ジャズとは何なのか?【ジャズ・ヴォーカル・コレクション41】

         

    文/後藤雅洋まずジャズの世界で使われている“フュージョン”という言葉を説明しておきましょう。…

  13.  

    ジャズ歌手にとってクリスマス・ソングが“難しい”理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション40】

         

    文/後藤雅洋クリスマス・ソングを聴くと、もう古希を迎えた私でさえ、なんとなくワクワク…

  14.  

    ビッグ・バンド・ジャズ・ヴォーカル|歌を彩る豪華絢爛ジャズ・サウンド【ジャズ・ヴォーカル・コレクション39】

         

    文/後藤雅洋ジャズにはほんとうに多彩なフォーマット(編成・形式)があります。たったひ…

  15.  

    昭和のジャズ・ヴォーカルvol.3|ジャズ歌の“日本的魅力”を再認識【ジャズ・ヴォーカル・コレクション38】

         

    文/後藤雅洋■ジャズは肉体の音楽本シリーズ第6号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.1…

  16.  

    カサンドラ・ウィルソン|21世紀ジャズ・ヴォーカルの牽引者【ジャズ・ヴォーカル・コレクション37】

         

    文/後藤雅洋■歴史が証明した先進性「ジャズ100年」を迎えた今、すでに大御所の風格を…

  17.  

    ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル|新しい“スタンダード”の誕生【ジャズ・ヴォーカル・コレクション36】

         

    文/後藤雅洋今回はジョン・レノンにポール・マッカートニー、そしてジョージ・ハリスンと…

  18.  

    ビリー・ホリデイ|明と暗を併せ持つ異形の天才【ジャズ・ヴォーカル・コレクション35】

         

    文/後藤雅洋「大きな入れ物にはなんでも入る」などということわざがあったかどうか定かで…

  19.  

    ルイ・アームストロング|だみ声に込められた本音と誠意【ジャズ・ヴォーカル・コレクション34】

         

    文/後藤雅洋■サッチモと歌の復権いつも不思議に思うのは、「ジャズ100年」と…

  20.  

    メル・トーメ|他の追随を許さないジャジーなヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション23】

         

    文/後藤雅洋メル・トーメは、白人男性ジャズ・ヴォーカリストを代表する大歌手です。彼は…

  21.  

    ガーシュウィン・セレクション|ジャズマンが愛した「名曲王」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション22】

         

    文/後藤雅洋■スタンダードは「結果」ジョージ・ガーシュウィンはアメリカが誇る…

  22.  

    ジューン・クリスティ|ドライでクールな独創のハスキー・ヴォイス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション21】

         

    文/後藤雅洋■「いーぐる」人気の1枚今回はちょっと個人的な話から始めさせてい…

  23.  

    映画のジャズ・ヴォーカル|映画音楽はジャズ名曲の宝庫【ジャズ・ヴォーカル・コレクション20】

         

    文/後藤雅洋■映画とジャズ歌の関係映画とジャズの関わりというと、多くの方々は…

  24.  

    ビング・クロスビー|古きよきアメリカを体現する「囁きの魔術師」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション19】

         

    文/後藤雅洋■“アメリカの気分”を喚起「古きよき時代のアメリカ」という言いま…

  25.  

    昭和のジャズ・ヴォーカル|世界に飛び出した日本のジャズの歌姫たち【ジャズ・ヴォーカル・コレクション18 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.2】

         

    文/後藤雅洋■日本的ジャズという個性第6号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.…

  26.  

    ヘレン・メリル|深い情感をたたえるハスキー・ヴォイス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション17】

         

    文/後藤雅洋■“大人のジャズ”の声ジャズを聴き始めて最初に好きになったジ…

  27.  

    クリスマスのBGMに最適!聖夜を彩るジャズ・ヴォーカル・クリスマス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション16】

         

    文/後藤雅洋■日本のクリスマス風俗クリスマスの想い出は、世代によって違うので…

  28.  

    グループ・ジャズ・ヴォーカル|官能的な極上のハーモニー!【ジャズ・ヴォーカル・コレクション15】

         

    文/後藤雅洋■“チームの音楽”の面白さ今回は「ヴォーカル・グループ」の特集で…

  29.  

    カーメン・マクレエ|豊かな情感と構築力で歌の魅力を表現【ジャズ・ヴォーカル・コレクション14】

         

    文/後藤雅洋■遅いデビューの実力派ジャズ・ヴォーカルの世界では、昔から「エラ…

  30.  

    チェット・ベイカー|ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション13】

         

    文/後藤雅洋ロック・ミュージックではビートルズはじめ、ギターを弾きつつ歌を歌うのはご…

PAGE TOP