新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part2 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

文/印南敦史「断捨離」ということばも、いまやすっかりおなじみになった。とはいえ、どこか他…

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

取材・文/池田充枝かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ば…

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズ・ヴォーカル・コレクション

  1.  

    ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・ヴォーカル・コレクション52】

         

    文/後藤雅洋2016年4月に創刊した『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)が、いよいよ最終号を迎えました。52巻に及ぶこのシリーズを振り返ってみると、私なりにいろいろと新たな発見がありました…

  2.  

    時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカル・コレクション51 現代のジャズ・ヴォーカルvol.2】

         

    文/後藤雅洋“時代”はジャズに表れる「現代のジャズ・ヴォーカル」の2回目にあたり、「ジャズの…

  3.  

    ジャズ文脈から考えたビートルズの音楽の魅力とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション50】

         

    文/後藤雅洋ビートルズ音楽の多様性今回2度目となるビートルズ・ジャズ・ヴォーカル特集…

  4.  

    カウント・ベイシー・オーケストラ|最高のスイングでヴォーカルを牽引【ジャズ・ヴォーカル・コレクション49】

         

    文/後藤雅洋今号はビッグ・バンド・ジャズの雄、カウント・ベイシー・オーケストラとヴォーカルの…

  5.  

    ソウル・ミュージックの魅力は、味の濃さと哀愁感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション48】

         

    文/後藤雅洋第41号「フュージョン・ジャズ・ヴォーカル」のビル・ウィザースが歌う「ソウル・シ…

  6.  

    アニタ・オデイ|ジャズの自由を体現するヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション47】

         

    文/後藤雅洋「キャラ立ちする」という言い方がありますが、アニタ・オデイはまさに白人女性ヴォー…

  7.  

    “歌手”オードリーが誕生した理由――映画音楽×ジャズの楽しみ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション46】

         

    文/後藤雅洋映画とジャズ、こうしてふたつ並べただけでじつに多様で豊かなイメージが沸き起こって…

  8.  

    ヘレン・メリル|声から溢れるウェットでリアルな情感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション45】

         

    文/後藤雅洋ヘレン・メリルは日本人好みのジャズ・ヴォーカリストだといわれています。私自身もジ…

  9.  

    ガーシュウィンの楽曲がジャズで愛されてきた理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション44】

         

    文/後藤雅洋ジャズに名曲なし?昔、有名なジャズ評論家の野川香文(1904~57)という人が、…

  10.  

    ジャズ・ヴォーカルのデュエットを楽しむ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション43】

         

    文/後藤雅洋デュエット・ジャズ・ヴォーカルの魅力は、歌手を楽器にたとえれば、トランペットやサ…

  11.  

    ジュリー・ロンドン|誰をもユートピアへ誘う多重キャラ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション42】

         

    文/後藤雅洋ジュリー・ロンドンの歌声を聴いていると、「歌」というものの効用のたしかさ…

  12.  

    フュージョン・ジャズとは何なのか?【ジャズ・ヴォーカル・コレクション41】

         

    文/後藤雅洋まずジャズの世界で使われている“フュージョン”という言葉を説明しておきましょう。…

  13.  

    ジャズ歌手にとってクリスマス・ソングが“難しい”理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション40】

         

    文/後藤雅洋クリスマス・ソングを聴くと、もう古希を迎えた私でさえ、なんとなくワクワク…

  14.  

    ビッグ・バンド・ジャズ・ヴォーカル|歌を彩る豪華絢爛ジャズ・サウンド【ジャズ・ヴォーカル・コレクション39】

         

    文/後藤雅洋ジャズにはほんとうに多彩なフォーマット(編成・形式)があります。たったひ…

  15.  

    昭和のジャズ・ヴォーカルvol.3|ジャズ歌の“日本的魅力”を再認識【ジャズ・ヴォーカル・コレクション38】

         

    文/後藤雅洋■ジャズは肉体の音楽本シリーズ第6号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.1…

  16.  

    カサンドラ・ウィルソン|21世紀ジャズ・ヴォーカルの牽引者【ジャズ・ヴォーカル・コレクション37】

         

    文/後藤雅洋■歴史が証明した先進性「ジャズ100年」を迎えた今、すでに大御所の風格を…

  17.  

    ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル|新しい“スタンダード”の誕生【ジャズ・ヴォーカル・コレクション36】

         

    文/後藤雅洋今回はジョン・レノンにポール・マッカートニー、そしてジョージ・ハリスンと…

  18.  

    ビリー・ホリデイ|明と暗を併せ持つ異形の天才【ジャズ・ヴォーカル・コレクション35】

         

    文/後藤雅洋「大きな入れ物にはなんでも入る」などということわざがあったかどうか定かで…

  19.  

    ルイ・アームストロング|だみ声に込められた本音と誠意【ジャズ・ヴォーカル・コレクション34】

         

    文/後藤雅洋■サッチモと歌の復権いつも不思議に思うのは、「ジャズ100年」と…

  20.  

    メル・トーメ|他の追随を許さないジャジーなヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション23】

         

    文/後藤雅洋メル・トーメは、白人男性ジャズ・ヴォーカリストを代表する大歌手です。彼は…

  21.  

    ガーシュウィン・セレクション|ジャズマンが愛した「名曲王」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション22】

         

    文/後藤雅洋■スタンダードは「結果」ジョージ・ガーシュウィンはアメリカが誇る…

  22.  

    ジューン・クリスティ|ドライでクールな独創のハスキー・ヴォイス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション21】

         

    文/後藤雅洋■「いーぐる」人気の1枚今回はちょっと個人的な話から始めさせてい…

  23.  

    映画のジャズ・ヴォーカル|映画音楽はジャズ名曲の宝庫【ジャズ・ヴォーカル・コレクション20】

         

    文/後藤雅洋■映画とジャズ歌の関係映画とジャズの関わりというと、多くの方々は…

  24.  

    ビング・クロスビー|古きよきアメリカを体現する「囁きの魔術師」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション19】

         

    文/後藤雅洋■“アメリカの気分”を喚起「古きよき時代のアメリカ」という言いま…

  25.  

    昭和のジャズ・ヴォーカル|世界に飛び出した日本のジャズの歌姫たち【ジャズ・ヴォーカル・コレクション18 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.2】

         

    文/後藤雅洋■日本的ジャズという個性第6号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.…

  26.  

    ヘレン・メリル|深い情感をたたえるハスキー・ヴォイス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション17】

         

    文/後藤雅洋■“大人のジャズ”の声ジャズを聴き始めて最初に好きになったジ…

  27.  

    クリスマスのBGMに最適!聖夜を彩るジャズ・ヴォーカル・クリスマス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション16】

         

    文/後藤雅洋■日本のクリスマス風俗クリスマスの想い出は、世代によって違うので…

  28.  

    グループ・ジャズ・ヴォーカル|官能的な極上のハーモニー!【ジャズ・ヴォーカル・コレクション15】

         

    文/後藤雅洋■“チームの音楽”の面白さ今回は「ヴォーカル・グループ」の特集で…

  29.  

    カーメン・マクレエ|豊かな情感と構築力で歌の魅力を表現【ジャズ・ヴォーカル・コレクション14】

         

    文/後藤雅洋■遅いデビューの実力派ジャズ・ヴォーカルの世界では、昔から「エラ…

  30.  

    チェット・ベイカー|ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション13】

         

    文/後藤雅洋ロック・ミュージックではビートルズはじめ、ギターを弾きつつ歌を歌うのはご…

PAGE TOP