新着記事

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

“歌手”オードリーが誕生した理由――映画音楽×ジャズの楽しみ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション46】

文/後藤雅洋

映画とジャズ、こうしてふたつ並べただけでじつに多様で豊かなイメージが沸き起こってきますね。その想いの中身はみなさんそれぞれでしょうが、映画とジャズには共通点があるのです。

それは、ともに20世紀を代表するアメリカ文化だったという事実です。

ジャズが始まったのは19世紀末とされていますが、「ジャズの父」と呼ばれたトランぺッター、ルイ・アームストロング、“ビ・バップ”の創始者、アルト・サックス奏者のチャーリー・パーカー、そしてジャズを世界に広めた人気トランぺッター、マイルス・ディヴィスといった「ジャズの巨人」たちが、「ジャズ」をアメリカ文化の象徴にまで押し上げたのは、20世紀の出来事でした。

そして映画も、その発祥はフランス人のリュミエール兄弟が19世紀末に発明したものですが、20世紀になってアメリカで商業映画が盛んに制作されるようになり、ハリウッド映画はアメリカを代表する文化産業となったのです。

こうしたいきさつもあって、映画とジャズは何かと結びつけて語られることが多いのですが、その切り口はさまざまです。本シリーズの第1弾『JAZZ100年』では、第12号「死刑台のエレベーター」で「映画とジャズの出会い」をテーマに、器楽ジャズにおける両者の多様な出会いの形について解説しました。そしてこの『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』でも、第20号「映画のジャズ・ヴォーカル」で、「映画で使われていたジャズ」という視点から、さまざまなジャズ・ヴォーカルを紹介しました。

そして今回の「ムービー・テーマ・ジャズ・ヴォーカル」は、「名画の名曲」をジャズ・ヴォーカルで紹介しようという魅力的な企画です。別の言い方をすると、「名画発祥のスタンダード・ナンバー」ですね。

この記事は、第46号「ムービー・テーマ・ジャズ・ヴォーカル」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)からの転載です。

私自身も経験があるのですが、想い出と音楽は強く結びついているようです。懐メロを聴くと若かりしころの甘酸っぱい想い出が蘇ったりするのは、誰しもが体験していますよね。この、「想い出」と「音楽」のように、それぞれ別のものごとが記憶の中で結びついてしまうという現象は、よくあることのようです。

あまりに長すぎて完読したした人はごくわずかといわれるマルセル・プルーストの大著、『失われた時を求めて』に出てくる名場面、紅茶に浸したマドレーヌ菓子から過去の記憶が鮮やかに蘇る記述などは有名ですね。

映画音楽はこうした人間心理の特徴(犬や猫だって物音に反応して餌の時間を知ったりするのですが……)を利用し、画面の出来事をより印象的に観客に伝えるため音楽をじつに効果的に使っているのですね。とりわけ「名画」とされる作品はその使い方が優れているため、音楽を聴いただけで映画のシーンが鮮やかに蘇ってくるのです!

ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マーカス・ミラー マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスー…
  2. JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドー…
  3. 来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった…
  4. ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由
  5. 隔週刊『JAZZ絶対名曲コレクション』とくにオススメの号はこれと…
PAGE TOP