新着記事

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

文/印南敦史メディア文化評論家である『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』(碓井広義 編、新…

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

株式会社博報堂の次世代育児アイテムPechat(http://pechat.jp/)開発チームと博報…

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

春。肌の露出も増えてくるこの時期、30歳以上の「大人女子」のみなさんにとって、顔はもちろん、…

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・…

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

瞑想がストレス軽減や生産性向上に繋がることはご存知でしょうか?瞑想は、世界中で5億人以上が実践し…

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

「最近風邪を引いても治りにくい」、「寝ても疲れが取れない」、「花粉症などアレルギー症状が出る…

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

写真・文/矢崎海里コロナウイルスにより、さまざまな業界が打撃を受けています。なかでも一斉休校…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズ

  1. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。  

    ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

         

    文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・トリオの求道者」の枠に収まる人ではありませんでした。積極的に「新しいサウンド」を求めていた例としてはエレクトリック・ピアノの使用のほか、「も…

  2. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年  

    ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道47】

         

    文/池上信次ジャズ・ミュージシャンや、そのアルバムを紹介するときに必ず語られる「定説」があり…

  3. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日  

    あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

         

    文/池上信次前回、ブルーノート・レーベルの名盤は日曜日に生まれると紹介しましたが、同じ時期(…

  4. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』  

    名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道45】

         

    文/池上信次いきなりですが、まず問題です。下記の3枚はいずれも「モダン・ジャズの名盤」として…

  5.  

    今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方(後編)

         

    文/池上信次(ジャズ「プロ・リスナー」への道連載中)前回…

  6. 渡辺香津美『MOBO』  

    1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道44】

         

    文/池上信次1940年代末に10インチ(25センチ)と12インチ(30センチ)の2種類の「L…

  7. なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』  

    今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方

         

    文/池上信次(ジャズ「プロ・リスナー」への道連載中)読者のみなさんは、音楽は何で聴い…

  8. 『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』  

    再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

         

    文/池上信次レコード登場の当初から長らく続いた「3分しばり」ですが、ついにそのしばりが解ける…

  9. チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』  

    録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

         

    文/池上信次前回紹介したSPレコードの「3分しばり」ですが、正確には「再生メディア」の限界が…

  10. 「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】  

    「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

         

    文/池上信次ジャズを聴く時、読者のみなさんはどんなメディア(媒体・装置)で聴いていますか? …

  11. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』  

    ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

         

    文/池上信次前回に続いて「編成で聴くジャズ」、今回はひとり増えた3人編成の「トリオ」です。ジャズ…

  12. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』  

    「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道39】

         

    文/池上信次「編成で聴くジャズ」の今回はデュオの4回目。「ヴォーカル+ピアノ」のデュオです。ピア…

  13. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』  

    1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道38】

         

    文/池上信次「編成で聴くジャズ」の今回はデュオの3回目。「ヴォーカル+楽器」のデュオを聴いていき…

  14. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』  

    ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道37】

         

    文/池上信次(1)チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ(原題:CoreaHanc…

  15. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』  

    音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

         

    文/池上信次第30回から紹介している「編成で聴くジャズ」の続きです。「ソロ(独奏)」に続いて…

  16. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』  

    真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道35】

         

    文/池上信次クリスマス・ソングは、本来の意味を考えれば「季節限定」楽曲なのですが、優れたジャ…

  17. ビング・クロスビー『メリー・クリスマス』  

    ジャズ・スタンダードとしてのクリスマス名曲選【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道34】

         

    文/池上信次今回は、前回に続いて代表的クリマスマス・ソング名曲とそのジャズ名演を紹介します。…

  18. ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』  

    「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

         

    文/池上信次今回は「季節ネタ」を。でも、ジャズでは季節ネタとして済ませられないほど重…

  19. (2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』  

    「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

         

    文/池上信次今回紹介するのは前回に続いて「ソロ=独奏」です。前回はその中の「枠組みの…

  20. アート・テイタム『ピアノ・ソロズ』  

    「ひけらかし」もジャズの個性。とてつもない技術に圧倒される「ソロ」の快感【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道31】

         

    文/池上信次前回はジャズ・バンドの編成を紹介しましたが、今回は、その最小編成の「ソロ」につい…

  21. ソニー・ロリンズ『ザ・ソロ・アルバム』(マイルストーン)  

    自由すぎるジャズ・バンド。ひとりでも100人でもジャズなのだ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道30】

         

    文/池上信次ジャズ・バンドにはさまざまな編成があります。ジャズほど多様な編成が当たり前になってる…

  22. ペギー・リー『シュガー・ン・スパイス』  

    相次ぐ相棒の死去で巨匠作曲家が作詞家へ転身?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道29】

         

    文/池上信次第29回ジャズ・スタンダード必聴名曲(18)「ザ・スウィーテスト・サウンズ」…

  23. 『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』  

    オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

         

    文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

  24. ジョン・コルトレーン『マイ・フェイヴァリット・シングス~コルトレーン・アット・ニューポート』(インパルス)  

    ミュージカル・ヒット=ジャズ・スタンダードではない。ミュージカルの「革新」はジャズも変えた!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道27】

         

    文/池上信次第27回ミュージカル・ヒット=ジャズ・スタンダードではない。ミュージカルの「革新」は…

  25. フランク・シナトラ『イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ』  

    またまた作曲者は怒り心頭? ジャズの常識はミュージカルの常識にあらず【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道26】

         

    文/池上信次第26回ジャズ・スタンダード必聴名曲(16)「イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マ…

  26. ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』  

    作曲者はジャズマンに怒り心頭? 大スタンダード「恋に恋して」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道25】

         

    文/池上信次第25回ジャズ・スタンダード必聴名曲(15)「恋に恋して」リチャード・ロ…

  27. マイルス・デイヴィス『クッキン』  

    「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

         

    文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

  28. チャーリー・パーカー『プレイズ・コール・ポーター』  

    ミュージカルだけではない、コール・ポーターとパリの関係【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道23】

         

    文/池上信次第23回ジャズ・スタンダード必聴名曲(13)「アイ・ラヴ・パリ」コール・…

  29. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ  

    カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ

         

    文/堀けいこオーケストラを日本語で言うと、管弦楽団。クラシック音楽の編成では、管楽器、弦楽器…

  30. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・コール・ポーター・ソング・ブック』  

    「炎上商法」で名を上げた? コール・ポーターのヤバい名曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道22】

         

    文/池上信次第22回ジャズ・スタンダード必聴名曲(12)「ラヴ・フォー・セール」前回…

PAGE TOP