新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。

取材・文/鳥海美奈子山形・蔵王連邦のふもとに、その見事なぶどう畑は広がる。うねるよう…

【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方

文/鈴木拓也周知のとおり、年を重ねると多くの人が「足腰の痛み」に悩まされるようになる…

本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】

文/砂原浩太朗(小説家)人呼んで「徳川四天王」――。家康が関ヶ原で勝利を手にする以前…

江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演

ガラスに直線の切り込みで小紋のような模様を付ける江戸切子は、その名のとおり江戸から東京へと伝…

一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR]

「人生100年時代」と言われている今、「長生きするなら仕事もしないと」「一度しかない人生、好きなこと…

「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ

招き猫、タイトルに猫がつくゲームから、猫脚の家具まで幅広いアイテムが登場本物そっくり、ハンド…

高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

文/中村康宏「油」と聞けばカラダに悪いというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思い…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズ

  1. マーカス・ミラー

    マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

    文/堀けいこその曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャンが奏でる音楽があるはず。いろいろあった2018年を楽しい思い出として残すために、年の瀬を特別なミュージシャンのライブで締めくくるのはいかが…

  2. JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドームLIVEを観に行ったら……

    文/後藤雅洋(ジャズ評論家、ジャズ喫茶いーぐる店主)10月31日に東京ドームで行われたポール…

  3. 来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった!

    文/編集部いよいよ今週からポール・マッカートニーの来日公演がスタートする(10月31日@東京…

  4. ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由

    文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

  5. 隔週刊『JAZZ絶対名曲コレクション』とくにオススメの号はこれとこれ

    文/編集部10月2日に創刊となった、サライ責任編集 隔週刊CDつきマガジン『JAZZ絶対名曲…

  6. マイケル・ジャクソン、ビートルズの名曲をジャズで楽しむ! ジャズを新発見する「JAZZ絶対名曲コレクション」、創刊

  7. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

  8. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

  9. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・ヴォーカル・コレクション52】

  10. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

  11. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカル・コレクション51 現代のジャズ・ヴォーカルvol.2】

  12. ジャズ文脈から考えたビートルズの音楽の魅力とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション50】

  13. カウント・ベイシー・オーケストラ|最高のスイングでヴォーカルを牽引【ジャズ・ヴォーカル・コレクション49】

  14. ソウル・ミュージックの魅力は、味の濃さと哀愁感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション48】

  15. アニタ・オデイ|ジャズの自由を体現するヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション47】

  16. “歌手”オードリーが誕生した理由――映画音楽×ジャズの楽しみ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション46】

  17. ヘレン・メリル|声から溢れるウェットでリアルな情感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション45】

  18. 弾き語りの名手ジョン・ピザレリの『シナトラ&ジョビン』ライブ

  19. ガーシュウィンの楽曲がジャズで愛されてきた理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション44】

  20. ジャズ・ヴォーカルのデュエットを楽しむ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション43】

  21. ジュリー・ロンドン|誰をもユートピアへ誘う多重キャラ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション42】

  22. フュージョン・ジャズとは何なのか?【ジャズ・ヴォーカル・コレクション41】

  23. ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

  24. ジャズ歌手にとってクリスマス・ソングが“難しい”理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション40】

  25. 祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

  26. ビッグ・バンド・ジャズ・ヴォーカル|歌を彩る豪華絢爛ジャズ・サウンド【ジャズ・ヴォーカル・コレクション39】

  27. 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.3|ジャズ歌の“日本的魅力”を再認識【ジャズ・ヴォーカル・コレクション38】

  28. カサンドラ・ウィルソン|21世紀ジャズ・ヴォーカルの牽引者【ジャズ・ヴォーカル・コレクション37】

  29. ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル|新しい“スタンダード”の誕生【ジャズ・ヴォーカル・コレクション36】

  30. ビリー・ホリデイ|明と暗を併せ持つ異形の天才【ジャズ・ヴォーカル・コレクション35】

PAGE TOP