新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

毎年のように、台風や豪雨で大きな被害が発生するようになった。電気や水道などの社会インフラが機…

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

取材・文/池田充枝浮世絵の大部分を占めるのは、絵師が版下絵を描き、彫師、摺師の手を経…

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

文・写真/キュンメル斉藤めぐみ(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)世界的に著名な政治家や実業…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族…

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

文・写真/杉﨑行恭東海道線の下り電車は藤沢から相模湾沿岸に出る。そこから辻堂、茅ヶ崎を経て相…

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

大河ドラマを影で支えるのが美術スタッフの存在。美術は、画面に映るすべてを担当しているといっても過…

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

サライで15年にわたり「命といふもの」を連載した、日本画家の堀文子さん(1918~2019)…

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への期待が高まっている理由のひとつは、名作大河とい…

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

日本には素晴らしい景色に囲まれた場所がたくさんあります。1年の始まりに出かけるという方も多い…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし犬/ペット

  1.  

    西郷隆盛の本当の愛犬は薩摩犬ではなく洋犬だった!【西郷隆盛よもやま話3】

         

    文/矢島裕紀彦西郷隆盛(さいごう・たかもり、1828-1877)というと、東京近辺に住んでいる人なら、まず頭に浮かぶのは、上野公園の銅像かもしれない。勝海舟との会談によって江戸無血開城をなしとけだという意味でも、東京の人たち…

  2.  

    西郷隆盛が犬との散歩を欠かさなかった理由【西郷隆盛よもやま話1】

         

    文/内田和浩維新の英傑として知られる西郷隆盛(さいごう・たかもり、1828-1877)は…

  3.  

    獣医さんが教える「譲渡犬」を飼うことの5つの良い点

         

    取材・文/柿川鮎子犬を飼おうと考えた時、最初の選択肢として「譲渡会」を考える人は少な…

  4.  

    獣医さんが教える「譲渡犬」をわが家に迎える際のポイント

         

    取材・文/柿川鮎子犬を飼おうと考えた時、最初の選択肢として「譲渡会」を考える人は少な…

  5.  

    獣医さんが薦める「毎日できて役に立つ」犬と一緒の災害対策

         

    文/柿川鮎子今年も動物愛護週間(9月20日~26日)には、様々な行事が全国で行われま…

  6.  

    獣医さんが教える犬のおやつの正しい量と選び方3か条

         

    文/柿川鮎子犬も人もおやつは大好き。おやつを通じて、犬は主人から愛情を受け取ります。…

  7.  

    犬が食べると危険!チョコ、保冷剤、キシリトールにご注意

         

    文/柿川鮎子暑い夏に便利な保冷剤。お弁当が痛まないように冷やしたり、バンダナに包んで首の…

  8.  

    犬と「正しく」遊ぶための4つのルールとは

         

    文/柿川鮎子大好きな犬と遊ぶ時間はかけがえのない大切なもの。犬の喜ぶ姿を見るのも楽し…

  9.  

    知ってるようで意外と知らない「犬と人との3つの違い」とは

         

    文/柿川鮎子気持ちが通じ合い、言うこともほとんど理解してくれる愛犬。言葉の通じる人間…

  10.  

    犬の気持ちが判断できる「カーミングシグナル」6つの仕草

         

    犬がおしゃべりしたらどんなことを話すのか、飼い主ならば誰もが想像したことがあるはず。何を訴え…

  11.  

    夫婦と愛犬が伸び伸び暮らせる家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例01】 

         

    取材・文/臼井美伸取材協力・監修/水越美枝子人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら…

  12.  

    愛犬の寿命をのばす「犬の長生き食生活」6つの秘訣

         

    大好きな愛犬は家族の一員です。いつまでも健康で長生きして欲しい、一分一秒でも長く一緒にいたい…

  13.  

    犬と猫がこんなに仲良くなるなんて!常識を覆したわさびちゃんちの秘策とは

         

    文/一乗谷かおりゴールデンレトリーバーの女の子、ぽんず(愛称・ぽんちゃん)とかわいい子猫たち…

  14.  

    どれもこれも可愛い!犬の「ぽんちゃん」と子猫たちの共演動画5連発

         

    大好評発売中の『わさびちゃんちのぽんちゃん保育園』(小学館)は、飼い猫修行をする子猫たちと、園長…

  15.  

    犬のぽんちゃんを助ける猫の保育士さん!べっぴん保護猫「にがりちゃん」涙の物語

         

    2月は猫の月。2が“にゃん”に通じることから、365日猫を愛おしむ人たちにとっては、いつも以上に猫を…

  16.  

    犬本ランキングで1位を獲得!わさびちゃんちの犬の園長先生「ぽんちゃん」の魅力

         

    1月24日、犬の園長先生と保護された子猫園児たちとのほのぼの保育園生活を綴った『わさびちゃん…

  17.  

    夏目漱石、愛犬の死を知らされ深い悲しみを抱く。【日めくり漱石/10月31日】

         

    秋の雨が、朝から蕭々と降り注いでいた。時にそれが、ざあざあと強い音を立てた。漱石が愛…

  18.  

    ホテル四季の蔵|愛犬との同伴利用もできる森の小さなリゾートホテル【心の底から癒される大人の常宿】

         

    海を望む高台に立つ、森に囲まれたペット同伴型のスモールラグジュアリーホテル。本館にあるツインやファミ…

PAGE TOP