■間違いその4 熱中症の初期症状は口を開けてハァハァ苦しい息をするだけ

個体にもよりますが、一番多い初期症状は、さまざまな消化器の異常です。岡田先生によると、「暑い日に吐いたり下痢をする。いつもに比べて調子が悪そうな場合は、軽度であっても熱中症を疑う必要があります」と言います。最初は『ほんの少し調子が悪い』ぐらいの夏バテ状態でも、その後、真夏日が続くと、最終的には熱中症となってしまいます。

「熱中症というと、舌を出して息をハァハァさせるという印象が強いようですが、そういう状態になった時はすでに症状が進行して、深刻な事態となっているケースが多いのです。

高齢なペットほど、熱中症に罹りやすくなってしまいます。人間でも一人暮らしの高齢者は、暑さを感じないでエアコンを切ってしまい、熱中症にかかるケースがあります。ペットも若い頃に比べると、体力面などで様々な許容範囲が狭くなるのではないか、と思います」と岡田先生。

下痢と嘔吐が熱中症の初期症状の場合も

下痢と嘔吐が熱中症の初期症状の場合も

岡田先生の病院でも、12歳の猫が、なんとなく元気がない状態が続いた後、下痢と嘔吐で来院されたそうです。飼い主さんは、「ここまで元気がないのはとても珍しい」と心配して、数日入院点滴して、元気になって退院されました。その直後に、入れ替わりのようなタイミングで、同居していた別のもう一頭の高齢猫が同じような下痢と嘔吐で来院されたそうです。

「飼い主さんは、下痢と嘔吐に心配されて、何か悪いものでも食べたかと悩んでいらっしゃいましたが、原因は熱中症が考えられました。そこで詳しくお話しを聞きなおすと、エアコンなしの室内で、長時間、留守番していたことがわかったのです」。

熱中症の初期症状は、『ハアハアあえぐような息をするだけ』と思っている人は、認識を改める必要がありそうです。特に、猫は普段、ほとんどハァハァしません。猫の荒い呼吸は、別の病気のサインであることの方が多いようです。

■間違いその5 すべての猫にサマーカットが適している

極寒の中でも屋外で過ごせるように作出された犬種は、上毛と下毛が二重のダブルコート構造で、身体を保温するような機能をもっています。夏になると下毛は抜けますが、それでも日本の夏の暑さに耐えるのは大変です。

こうした犬の飼い主さんの中にはサマーカットをして、快適に過ごせるようにしている人が多く、体表温度が下がって快適に過ごせるようになっています。カットは犬の可愛らしさを表現できるファッションであると同時に、夏を快適に過ごす効果もあります。

ちょっと注意した方がいいのは、犬のサマーカットに関しては、短くすると毛質や色が変わったり、毛が生えにくくなる子がいるそうなので、動物病院やトリマーさんにも相談すると良いと、岡田先生は教えてくれました。

カットで個性を引き出し、より魅力的になる子も

カットで個性を引き出し、より魅力的になる子も

一方で猫のサマーカットですが、米国の調査で、カットが猫に強いストレスを与えているという内容のレポートが出ました。岡田先生は犬と猫ではサマーカットに対して、根本的に異なる考え方でアプローチするべきだと、飼い主さんにアドバイスしています。

「猫の場合、基本的に嫌がると攻撃的になってしまうため、おとなしくトリミングさせてくれる子は、ほとんどいません。多くの場合は短時間の鎮静麻酔が必要です。鎮静麻酔をするには、健康状態が良くなければ危険です。事前に健康診断や検査が必要になるケースもあるでしょう。

その猫がサマーカットできる身体と心(ストレス耐性)をもっているかが大切で、個体によって、事前の検査など、やるべきことにかなり幅が出てしまいます。犬に比べると猫のカットに費用がかかるのはそのためです。

当院では、毛玉症の腸閉塞で手術経験がある子など、病気予防的な観点から、1年に数回程度、毛を刈っている子がいます。熱中症対策としてカットを選択する前に、ホームドクターと相談して、納得した上で行う方が良いでしょう。もちろん、カットして問題が無い子もたくさんいます」(岡田先生)。

すべての猫がサマーカットで快適になるわけではない

すべての猫がサマーカットで快適になるわけではない

「熱中症は命の危険を伴います。体が熱くなって脱水し、血液がドロドロになり、短時間で多臓器不全へまっしぐら、という大変危険で怖いものなのです。死に至る怖い病気のひとつと考え、暑さ対策をしてください。今年の夏も厳しい暑さが予想されていますが、暑い日中のお散歩は避けて、日差しの弱い早朝や夕方、夜間のお散歩で、熱中症を防ぎましょう。そしてエアコンを効果的に使って、元気に乗り切ってほしいですね」とアドバイスしてくれました。

岡田響さん(ひびき動物病院院長)
取材協力/岡田響さん(ひびき動物病院院長)
神奈川県横浜市磯子区洋光台6丁目2−17 南洋光ビル1F
電話:045-832-0390
http://www.hibiki-ah.com/

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

撮影/木村圭司

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
9月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品