サライ.jp

文/柿川鮎子

ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいない天国は、天国ではない」と言いました。こんなに大好きなのに、いつか、死を受け入れなければならない日が来るなんて、考えたくもありませんね。でも、ペットが死ぬ確率は100%で、どうしたって避けられない。避けられないのであれば、できるだけ、ペットが楽に死を迎えられるようにしてあげたいと、飼い主ならだれもが思います。

高齢になっても性格や性質が変わらないので、実年齢を忘れることも。

人間は「終活」が話題になり、色々と情報が得られるようになってきました。ペットに関してはまだそこまで進んでいません。今回はひびき動物病院院長岡田響さんに、ペットの終活について、アドバイスしていただきます。

■「もしもの時」をシミュレートする

岡田さんによると、「死生観、という言葉はありますが、ヒトでも自分のことですら人生の折り返し地点くらいまではあまり考えることがないと思うのです。とくに普段、元気なペットと暮らす元気な人は、ペットが死んでしまうことなんて考えもしないことではないでしょうか?」。

「ですから、突然ペットの死と向き合うようになることも少なくありません。そして、そういう時は大切なペットのためにどうしたらよいのか、判断が難しくなってしまう場合もたくさんあります。ここで、具体例を紹介します。飼い主さんはあなた自身と考えて、その時あなたはどうするかを一緒に考えて欲しいのです」。

■STEP1:死に直面する衝撃

診察室でよくある事例

「このところ、全然食べなくなってしまって、なんだかちょっとおかしいみたいなんだけど、年取ると風邪になりやすいのかしら?」と、飼い主さんは気軽に来院しましたが、獣医師は嫌な予感を伝えて検査をすすめます。その結果、お腹の中に腫瘍があることが分かりました。

診察室で、ある日突然、つきつけられてしまう死も多い。

「やっぱり軽い風邪ではありませんでした。しっかり聞いて下さいね。お腹の中に悪性を疑う腫瘍があって、それでだんだん調子が悪くなっていたんじゃないかと思われます。少し進んでしまって大きくなっています。問題はそこから出血してしまってひどく貧血していることです」

「それは注射とかでよくなるんですか?」

「今ね、お腹の中で大量出血していて、出血を止めないととても危険です」

「え?うちの子、死んでしまうんですか?」

「何もしなければその可能性が高いです。数日のうちという可能性もあります」

「そんな、急に、どうすればいいのですか?」

「外科手術などの治療が必要です」

「手術すれば治りますか?」

「体力的にはギリギリな状況です。手術はリスクがつきものですが、年齢とできている場所から、危険度は高い方です」

「え?手術しても死んでしまうのですか?」

「いままで手術をやると決めて助かった子が9割ですが、そうはいっても最善をつくしても死亡する可能性があります。ガンの可能性は50%です。手術を乗り越え、病気が悪くないものの場合は、半年以上の生存期間が見込めます。しかし、ガンであった場合は、手術を乗り越えても数か月で亡くなる可能性があります」

気軽に、病院に連れて行ったのに、腫瘍が見つかって飼い主さんは衝撃を受け、ショックと自責の念で混乱し、正常な思考回路ではありません。

岡田さんによると、「長い間、介護の末に亡くなるペットも増えてきましたが、ほとんどの飼い主さんにとって、死は覚悟の末に訪れるものではなく、突然やってきます。心に余裕はなく、激しく混乱するのは当然のこと。落ち着くまで、時間が必要なことは多いです」と言います。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア