新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

リアルな夫婦の寝室事情|別室への分かれ道は「結婚10年目」

夫婦の寝室、別への分かれ道は「結婚10年目」

プライベートを覗き見するようで、面と向かっては聞きづらいお隣の寝室事情。よその夫婦は同じ部屋で寝ているのか? それとも別々か? 不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」が子持ち既婚者・男女268人を対象に「夫婦の寝室事情」を調査した。その結果を基に、リアルな夫婦の寝室事情をみてみよう。

子持ち夫婦の42.5%は「寝室が別々」

まず現状の「夫婦の寝室」について聞いている。すると『同室』(57.5%)、『別室』(42.5%)とわずかに「同室」の方が多かった。とはいえ「別室」と答えた夫婦も約4割。5組中2組の夫婦は「寝室は別々」という現状がわかった。

子持ち夫婦の42.5%は「寝室が別々」

さらに詳しく「婚姻期間」をみてみると、「同室」「別室」共に『25年~50年未満』(同室:59.7%、別室:61.4%)が最多で、次いで『10年~25年未満』(同室:29.9%、別室:28.1%)だった。

寝室が別室の理由1位は『ゆっくり寝たい』

では、寝室が別室の人はどうして別々になったのか? その理由を尋ねてみると、『ゆっくり寝たい』(43.9%)と『配偶者と生活のリズムが異なる』(38.6%)との回答が多く、以下『配偶者とプライベートを分けたい』(17.5%)、『配偶者のいびきがうるさい』(13.2%)、『配偶者が子どもと寝る』(12.3%)、『配偶者と仲が悪い』(4.4%)、『その他』(1.8%)だった。

寝室が別の理由1位は『ゆっくり寝たい』

別室のタイミング『結婚10年目』が最多

では、寝室が別室になったのは結婚何年目からか? 最も多かったのは『10年目』(18.4%)、以降『20年目』(14.9%)、『30年目』(10.5%)と区切りの良い年数が多い結果に。このタイミングで話し合う夫婦が多いようだ。一方で、『1年目』『3年目』(共に7.0%)、『2年目』(1.8%)、『5年目』(7.9%)など結婚歴が5年以下の夫婦でも23.7%が別々に寝ていることもわかった。

別室のタイミング『結婚10年目』が最多

一般的に、寝室が別だと夫婦仲が悪いのではと思われがちだが、そうとは限らないようだ。今回の調査では、仲が悪いからという理由よりも、お互いの睡眠をきちんと確保するために、あえて別々にするという考えの夫婦が多かった。

睡眠は“時間”も大事だが、それよりも“質”が重要といわれている。いびきがうるさい!とストレスを感じながらでは、寝ても疲れが取れないだろう。寝室は別でも、普段から夫婦でコミュニケーションがきちんととれていれば、何ら問題ないのかもしれない。

※リビンマッチ調べ

 

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 夫婦共に理想の婚姻関係は「どちらかが死ぬまでずっと」が5割以上 夫婦円満寿命|理想の婚姻関係は「どちらかが死ぬまでずっと」が5割…
  2. 夫婦生活の実態調査|夫婦の5割が「思い描いた結婚生活を実現している」と実感 結婚生活の実態調査|夫婦の5割が「思い通りの結婚生活が実現できて…
  3. 年末年始に夫婦げんか約3割! 休暇2~3日目に息抜きで円満?|長期休暇の過ごし方に関する調査 年末年始に夫婦げんか約3割!|長期休暇、パートナーとどう過ごす?…
PAGE TOP