夫婦生活、時には相手の言葉にムッとすることもあるでしょう。
ARINA株式会社が運営する幼児、小学生の親御さん向けの教育メディア「おうち教材の森」( https://naki-blog.com/study/ )は、日本全国の中学生以下のお子さんをお持ちの親御さんを対象に「夫から言われて昨年1番むかついたことは?」とアンケート調査を実施。その結果をご紹介しましょう。

「夫から言われて昨年1番むかついたことは?」とアンケート調査した結果、1位は『太った』でした。

1位:太った

・美容にかかる時間もお金もないのに、容姿を馬鹿にされてむかついた。
・自分でも年々太ったかなと気にしていたから。
・自分の外見の変化を棚に上げて、こちらの非難をするのでとてもむかつきました。お互い様でこちらは黙っていたのに!
・太ったことを自分でも自覚しているのに、わざわざ言われたことにむかついた。
・薬の副作用だと何回説明してもわからない。
・言われたら辛いから。

2位:子どもに怒り過ぎ

・怒ってしまったなと自分でも感じたからです。
・家事も育児も何もしない旦那、時には帰ってきたくないを理由に朝帰りを続けてこられましたが、久々帰ってくるとなにも協力的でもない割に「そんな怒らなくてもいいでしょ。」「かわいそう。」と散々言われました。「自分の行いはどうなんですか?」と追い詰めて問いたいぐらい許せないからです。
・夫は怒らずにいるので毎回、子どもに注意したり怒る役目は母親の私。子どももお父さんには怒られないと知恵がついてきて、さらにわがままになっていくから。
・自分も怒る時があるが、私が言わないとなおらないから怒ったのにそう言われたから。
・そんなに子どもに接していないのに、やり方に口出されると腹が立つから。
・夫がいない時間が多い生活の中で、子どもと接する時間が多い私に「怒りすぎるな」と夫は言いますが、「じゃあ全部変わって下さい、私が働きに出ます」と言いたいです。夫も子供と四六時中一緒にいたら絶対怒ると思います。

3位:老けた(同数)

・あまり言わないでほしい。
・自分が言われた時は大激怒なのに人には平気でいうから。あとは自分自身が老けたことを気にしているから。
・自分のことは棚にあげ、容姿のことを指摘するのはかなり気分が悪いです。
・お互い様なのに、と思ったから。
・年齢的にも気にしてることを、何も考えずに言ってきてムカついた。

3位:部屋が汚い(同数)

・掃除をこまめにしているから。
・子どもがいるので散らかるのはしょうがないのに言われたから。
・夫が朝会社に行き、子ども達が学校へ行ったあとに部屋を掃除したり片付けます。子どもが帰ってくるとまた部屋がおもちゃ類で散らかり、夜に主人が帰ってくるので、主人は一度も部屋がキレイになったところを見たことがありません。
・夫の実家はいつもきれいにされているお家で義理の母はお掃除が上手なため、我が家が気になってしまうと思います。
・片付けが苦手です。掃除は好きです。掃除に一切協力してくれないのに自分が散らかってるのが嫌いなので片付けをしろと言ってくる。

5位:お金使いすぎ

・結婚願望があるにもかかわらず自身の貯金をすることもせず、ほぼ貯金0円で結婚し、消費税が値上がりするからと好きなロードバイクのパーツ交換に結婚後に貯めたお金を全てはたいたうえ、足りないからとこちらが貯めてたお金も全てあてがい購入したにもかかわらず、自分達(義母と夫)の金銭感覚より、こちらのお金の使い道にだけやたらと口を挟むから困る。結婚前に貯めたお金はそちらのお金ではない!! 車や子供の机を買いたいのなら自分の娯楽のロードバイクに使うのではなく貯めるべき!!! なぜ、こちらが支払わないと駄目なのか分かりません。挙げ句の果てには、出してもらえないと義母と悪口を言う始末。
・必要経費をわかってない。
・必要なものを買っているのに不必要だといい、お金使いすぎと言われたから。
・年金生活になり収入が減ったことからお金に関するもめごとが多くなりました。老後生活の辛さを実感しています。
・使っている内訳には旦那のものも含まれているのに一概に言われるとイラッとしてしまいます。

6位:準備が遅い

・休日も朝から子どもたちの世話や家事に大忙しで、自分の時間が全くなく準備ができていなかったときに、「いつ出かけるのか?」と催促されたため。
・前日の仕事や移動で疲れてあまり寝てないのに叩き起こされ、準備完了まで急かされて寝起きから最悪だった。
・自分は何もしないで、私が家族全員の用意をして準備をしているのにも関わらず私に向かって、「まだ用意できてないの?」と平気で言ってくるから。
・どんくさいと言われてものすごく腹が立った。

7位:料理が下手

・毎回美味しくなさそうにご飯を食べながらその一言を言われているからです。
・家事は手伝ってくれず、こちらも大変で一生懸命しているのに、口癖で何か嫌なことがあった時にいってくるととても腹が立つ!
・一生懸命に作っても不味そうに食べる。

* * *

夫からの何気ない一言、傷つきますよね……、そして、時間が経っても言われたことは忘れられません。家族だから何を言っても大丈夫と思ってしまうのでしょうか。
一緒にいる月日が長いほど相手を思いやる気持ちが薄れてしまうような気がします。いつまでも相手の気持ちを考えられる人でありたいものです。

調査方法:インターネット調査
調査人数:200人(10代:2人、20代:36人、30代:86人、40代:54人、50代:21人、60代以上:人)
調査主体:ARINA株式会社、おうち教材の森
調査時期:2023年1月17日
調査レポート:https://naki-blog.com/study/survey-report-121/
発表日:2023年2月19日

*引用元:「おうち教材の森」https://naki-blog.com/study/

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
4月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店