新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと

人材確保が難しいといわれている。どこの企業にとって即戦力になる人材は喉から手が出るほど欲しい…

今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線

取材・文/渡辺陽3月に入ってから花粉の量もぐっと増え、鼻づまりや目のかゆみにうんざり…

『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで

文/堀けいこ和歌や歌謡をはじめ、芸能でもその美しさが謳われてきた「桜」は、歌舞伎の作品に…

さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう

写真・文/矢崎海里前回、干し貝柱を使っただしのレシピをご紹介しました。今回は…

6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

文/砂原浩太朗(小説家)明治、大正、昭和、平成……。ふだんごく普通に使ってはいても、…

《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】

取材・文/池田充枝オスマン帝国(1299年頃~1922年)の第7代スルタン、メフメト…

【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 夏目漱石、ロンドンでヴィクトリア女王の葬儀を見物する。【日めくり漱石/2月2日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2. 華麗にして典雅! 徳川3世代の数百点に及ぶ圧巻の雛飾り「特別展 尾張徳川家の雛まつり」

    名古屋市にある徳川美術館では、お雛様の季節に合わせて2月11日(木・祝)から、同館が所蔵する尾張徳川…

  3. 夏目漱石、朝日新聞の紙面改革を画策する。【日めくり漱石/2月1日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4. 夏目漱石、正岡子規を通じて知り合った俳人と生死について語り合う。【日めくり漱石/1月31日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5. 夏目漱石、押しかけてきた貧しい文学青年を受け入れ創作指導する。【日めくり漱石/1月30日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6. 夏目漱石、帝大で講演するも、親友・正岡子規の姿がないことに気づく。【日めくり漱石/1月29日】

  7. 夏目漱石、リウマチを患い、ひとり湯河原へ湯治に行く。【日めくり漱石/1月28日】

  8. 夏目漱石、英国留学中に逝った親友・正岡子規の墓前で悲痛に耐える。【日めくり漱石/1月27日】

  9. 夏目漱石、教え子から講義スタイルをベタ褒めされる。【日めくり漱石/1月26日】

  10. 夏目漱石、留学先のロンドンから帰国し、門弟と鮨を味わう。【日めくり漱石/1月25日】

  11. 夏目漱石、臨時収入で懐が潤った門弟に「金の奴隷になるな」と諭す。【日めくり漱石/1月24日】

  12. アート・ペッパー|哀感のサウンドから激情のブロウへ!アルト・サックスに激動の人生が表れる【ジャズの巨人】第21巻

  13. 夏目漱石、英国女王の崩御に黒ネクタイと黒手袋で弔意を表す。【日めくり漱石/1月23日】

  14. 夏目漱石、甘党が災いし糖尿病を抱えてしまったことを友人に打ち明ける。【日めくり漱石/1月22日】

  15. 大量吐血で入院中の夏目漱石、見舞いに来た門弟に鰻丼をご馳走する。【日めくり漱石/1月21日】

  16. 夏目漱石、留学先に届いた愛妻からの手紙に苛立ちを覚える。【日めくり漱石/1月20日】

  17. 夏目漱石、門弟宛に美人画の絵手紙を書いて送る。【日めくり漱石/1月19日】

  18. 夏目漱石、国技館へ相撲見物に出かけ、大学時代の旧友と再会する。【日めくり漱石/1月18日】

  19. 夏目漱石、なんと1メートル半もの長大な手紙を書く。【日めくり漱石/1月17日】

  20. 夏目漱石、単身赴任先の松山でホームシックにかかる。【日めくり漱石/1月16日】

  21. 夏目漱石、わずかな留学費用をやりくりしてシェイクスピアを教わる。【日めくり漱石/1月15日】

  22. ウェス・モンゴメリー|革新的テクニックと魅力溢れる個性でジャズの中心に立ったギタリスト【ジャズの巨人】第20巻より

  23. 夏目漱石、余命短き親友・正岡子規の「決意」に衝撃を受ける。【日めくり漱石/1月14日】

  24. 夏目漱石、29歳で再婚した門弟・寺田寅彦の新妻に祝いを贈る。【日めくり漱石/1月13日】

  25. 夏目漱石、返したはずの本を未返却といわれ立腹する。【日めくり漱石/1月12日】

  26. 夏目漱石、小泉八雲との思わぬ不思議な縁に驚く。【日めくり漱石/1月11日】

  27. 夏目漱石、ロンドンでパントマイムを見てステテコ踊りを思い出す。【日めくり漱石/1月10日】

  28. サライ2016年2月号|特集は「日本酒」「夏目漱石」「スマホ活用術」別冊付録は「大人の逸品カタログ」です

  29. 夏目漱石、妻・鏡子のさりげない気遣いにホンワカする。【日めくり漱石/1月9日】

  30. 「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第2回】人生で初めて購入した念願の一台であり、生涯の伴侶に出会わせてくれた“愛車”

PAGE TOP