新着記事

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)2010年にスペインの有力…

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

染め、織り、縫製のすべての工程にわたり、遠州(静岡県西部)の職人の手により作られた、着心地抜…

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代を代表するピアニストの一人で、1953年ハンガリー出…

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では…

【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

文/松村むつみ乳がんの発症リスクには、生活習慣、ホルモン治療、マンモグラフィでの乳腺濃度…

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

今年の夏休みはどのように過ごすか、もう決められましたか? 株式会社エイチ・アイ・エスが夏休み…

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が…

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

会社など組織での立場が上になればなるほど、悩みを相談しづらくなるもの。あなたは、身近に悩みを…

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

「リーダーシップ」理論にはさまざまなものがある。どのような「リーダーシッ…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、旧友が戻ってくるとの噂を聞いてちょっと焦る。【日めくり漱石/12月5日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月5日、39歳の漱石は勤務先の第一高等学校で、ある人物の転任の話を仄聞し、思わず顔を上げた。その人物は、学生時代からの友人の斎藤阿具。いまは仙台の第二高等学校の教壇…

  2.  

    落城間近の大阪城から救出!知多半島に残る「ある屏風」に隠された驚くべきメッセージ

         

    慶長20年(1615)の「大坂夏の陣」では、真田信繁(さなだ・のぶしげ)ら豊臣方の武将たちの…

  3.  

    山寺駅(JR仙山線)紅葉映える芭蕉ゆかりの名駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第11回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)11月のよく晴れた朝、山寺駅を訪ねた。この駅は山…

  4.  

    夏目漱石、亡き娘の位牌のそばで皆といっしょに食事をとる。【日めくり漱石/12月4日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月4日の朝、44歳の漱石は東京・…

  5.  

    71台のフェラーリが秋の京都に集結!フェラーリ最高峰のドライビング・イベントが日本で初開催

         

    2016年11月10日、絶好の行楽シーズンを迎えていた京都。木々が紅く染まる姿を楽しみに京都…

  6.  

    筆が進まぬ夏目漱石、妻・鏡子と一緒に義太夫を聴きに出かける。【日めくり漱石/12月3日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月3日、45歳の漱石は妻の鏡子を連…

  7.  

    クリスマスのBGMに最適!聖夜を彩るジャズ・ヴォーカル・クリスマス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション16】

         

    文/後藤雅洋■日本のクリスマス風俗クリスマスの想い出は、世代によって違うので…

  8.  

    夏目漱石、幼くして急逝した末娘の葬儀をとりおこなう。【日めくり漱石/12月2日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月2日、44歳の漱石は3日前に急…

  9.  

    特別ゲストが参加決定!ジャズ界最高峰バンド「フォープレイ」年末カウントダウン・ライブ【@ブルーノート東京】

         

    「フォープレイ」はその名の通り、4人の名ジャズプレイヤーが集結したドリームバンド。 1990…

  10.  

    「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

         

    放映中の「真田丸」に続き、2017年1月8日から放送開始予定のNHK大河ドラマ「おんな城主 …

  11.  

    夏目漱石、門弟の窮状を見かねて友人に一筆したためる。【日めくり漱石/12月1日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)12月1日、46歳の漱石はまだ東京帝国…

  12.  

    解体新書の挿絵を描いたサムライ画家!「小田野直武と秋田蘭画」展

         

    歴史の教科書でもお馴染の『解体新書』の挿絵を描いた、小田野直武(おだのなおたけ)の展覧会がサ…

  13.  

    夏目漱石、とっておきの吉報をもって門下生の下宿を訪ねる。【日めくり漱石/11月30日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)11月30日、41歳の漱石は吉報を胸…

  14.  

    今年の新語大賞は「トランプ・ショック」に決定!『大辞泉』編集部が「新語大賞2016」を発表

         

    毎年たくさんの新しい言葉が生まれは消えていくが、その年の世相を象徴する“新語”は、年末の恒例…

  15.  

    日本人の魂を揺さぶる伝統芸能の文物が集結!「日本の伝統芸能展」

         

    日本の伝統芸能を一堂に会した華やかな展覧会が、東京中央区の三井記念美術館で開催されています。(~20…

  16.  

    夏目漱石と鏡子夫人、幼い娘の突然の死に呆然自失となる。【日めくり漱石/11月29日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月29日の東京は、快晴であった。…

  17.  

    なぜ信長は鉄砲を導入できた?築城史の転換期「長篠の戦い」舞台裏

         

    観光名所として欠かせない“城”。国内旅行をする際は各地の城をめぐるのが楽しみという方もいらっ…

  18.  

    人間業とは思えない!「神の手」を持つ日本人作家たちの展覧会「神の手●ニッポン展Ⅱ」

         

    東京・目黒にある目黒雅叙園では、園内にある有形文化財「百段階段」にて、「神の手●ニッポン展Ⅱ」が開催…

  19.  

    夏目漱石、帝国劇場にイプセン『人形の家』を観に出かける。【日めくり漱石/11月28日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月28日、44歳の漱石は東京の空…

  20.  

    浮世絵と日本画をつないだ男!明治の浮世絵師・水野年方(みずのとしかた)展

         

    明治時代の浮世絵師、水野年方(みずの・としかた)の画業を振り返る、初の展覧会が太田記念美術館で開かれ…

  21.  

    夏目漱石、亡き友・正岡子規の半身像に在りし日の姿を偲ぶ。【日めくり漱石/11月27日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)11月27日、洋行帰りの38歳の漱石…

  22.  

    伊那八幡駅(JR飯田線)洋館停車場のスタイルを残す懐かしい駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第10回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)駅舎の改築が進むJR飯田線、そのなかで開業時の姿…

  23.  

    絶食明けの夏目漱石、病院で野菜を食べて生き返る心地を味わう。【日めくり漱石/11月26日】

         

    絶食状態にまで陥った病人が、回復途上で、少しずつものを口に入れられるようになり、次第に普通食…

  24.  

    ネコを撮るならカメラ目線で!写真家が教える「ネコの上手な撮り方」3つのコツ

         

    デジカメやスマホで気軽に高画質の写真が撮れるようになり、撮影を楽しむ人が増加している。それを…

  25.  

    夏目漱石、自ら主宰する「朝日文芸欄」が創設され大いに張り切る。【日めくり漱石/11月25日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)11月25日、東京朝日新聞に「文芸欄…

  26.  

    江戸で一番モテた男!天下のイケメン八代目・市川團十郎の人気ぶりがスゴイ

         

    文/堀口茉純(PHP新書『江戸はスゴイ』より転載・再構成)お江戸には、キラ星のごとき…

  27.  

    夏目漱石、カレンダーを睨みつつ執筆スケジュールを思案する。【日めくり漱石/11月24日】

         

    明治38年(1905)秋の漱石は、東京帝国大学と第一高等学校と明治大学と、3つの学校の講師を…

  28.  

    暴れん坊将軍は花がお好き!? 江戸に「お花見ブーム」仕掛けた徳川吉宗のスゴイ狙い

         

    文/堀口茉純(PHP新書『江戸はスゴイ』より転載・再構成)春のレジャーといえばお花見…

  29.  

    戦国ファン必見の展覧会!第一級の美術品や資料が全国から大集合「戦国時代」展

         

    日本の戦国時代とは、どんな時代であったのか。貴重な歴史資料を通して戦国という時代を検証する展覧会が、…

  30.  

    死期迫る夏目漱石、激しい胃痛と嘔吐をくりかえし重態に陥る。【日めくり漱石/11月23日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)11月23日、漱石の妻の鏡子は朝一番で…

PAGE TOP