新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 野鳥観察は都心で楽しめる!覚えておきたい3種の野鳥とは

    文/柿川鮎子野鳥観察というと、珍しい鳥を求めて奥深い山や河原など郊外へ出掛けるイメージがありますよね。でも、わざわざ遠くまで行かなくても大丈夫。都心の身近な街路樹や公園でも、野鳥観察はじゅうぶん楽しめるのです。とくに都会に住…

  2. 夏目漱石が大酒飲みの鈴木三重吉をたしなめた言葉【漱石と明治人のことば196】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3. 「パリで私は牡丹と呼ばれたの」(岡本かの子)【漱石と明治人のことば195】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  4. 三河名物・八丁味噌の「八丁」は岡崎城からの距離だった

    文/萩原さちこ『三河美やげ』という幕末の書物があります。江戸の役人が、三河地方(現在…

  5. 余命を悟った正岡子規が自分のために綴った墓碑銘【漱石と明治人のことば194】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  6. 大相撲と刀剣に意外な歴史的接点あり!「大相撲と日本刀」展

  7. 放浪詩人・金子光晴が残した覚悟ある反逆の言葉【漱石と明治人のことば193】

  8. 「芸道は不器用なほうが上達の見込みがある」(高村光雲)【漱石と明治人のことば192】

  9. リタイア後の生き方は“江戸のご隠居”に学べ!『江戸の定年後』【印南敦史の定年本イッキ読み10】

  10. ラヴェルのボレロには「内周から聴くレコード」が適している【オーディオ小僧のアナログ日誌 第7回】

  11. 「私は豆腐屋のような映画監督なのだから」(小津安二郎)【漱石と明治人のことば191】

  12. 稲庭城(秋田県湯沢市)稲庭うどん発祥の地で戦乱の世に思いを馳せる

  13. 稲垣吾郎の悪役ぶりがスゴイ!『十三人の刺客』と“斬り捨て御免”の真実【時代劇、勝手に応援し隊 第八夜】

  14. 奇想の画家アルチンボルドの摩訶不思議な肖像画を堪能!『アルチンボルド展』

  15. 伊藤左千夫『野菊の墓』ヒロイン民子の名台詞【漱石と明治人のことば190】

  16. ついに終結!11年も続いた「応仁の乱」幕引きの糸口は?【応仁の乱を読む 第6回】

  17. 宮澤賢治を愛する病床の画家が『ゴーシュ』挿絵依頼に即答した言葉【漱石と明治人のことば189】

  18. 自分史づくりの6つの基本ステップ【気軽に書ける自分史講座4】

  19. 作家・佐藤春夫の「晴れ男伝説」を裏付ける妻のことば【漱石と明治人のことば188】

  20. 日本名城画集成|伝説の城郭画家による「名城画」の集大成

  21. 井伊直虎から直政へ!大河ドラマで話題の「井伊家」の足跡を辿る特別展

  22. 「日と月とは人間のために動くのではない」(佐藤春夫)【漱石と明治人のことば187】

  23. “起業の神様”が己の半生を振り返って語った信念のことば【漱石と明治人のことば186】

  24. 稀代の美術収集家の超一流コレクション!「細川護立と近代の画家たち」展

  25. 鍋島焼の歴史を体現する「今右衛門」の名品が勢揃い!『今右衛門の色鍋島』展

  26. 作家・山本周五郎が死の前々日に妻に打ち明けた大事なこと【漱石と明治人のことば185】

  27. 「神さま、私をこのみにくさから離して下さい」(村山槐多)【漱石と明治人のことば184】

  28. 【挑戦!江戸クイズ】五街道の起点とされた有名な橋は?ほか初級編3問

  29. 紅白のだるま型おみくじにドキドキ!『愛宕神社』の「だるまみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第4回】

  30. 高野山に伝わる至宝の数々を拝観!「空海と高野山の至宝」展

PAGE TOP