新着記事

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 【サライ氏の日常 10】大人のスイカの楽しみ方。

    漫画/なかむらるみイラストレーター。1980年東京都新宿区生まれ。武蔵野美術大学デザイン情報学科卒。著書に『おじさん図鑑』(小学館)、『おじさん追跡日記』(文藝春秋)がある。『STORY BOX』『東京新聞ほっとweb』でも…

  2. 「君ノ手紙ヲ見テ西洋ヘ往タヤウナ気ニナツテ愉快デタマラヌ」(正岡子規)【漱石と明治人のことば237】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治…

  3. 「人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」(木戸孝允)【漱石と明治人のことば236】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治…

  4. 「知識は学習から、人格はスポーツから」(安部磯雄)【漱石と明治人のことば235】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治…

  5. 達人に聞いた「粋な日本酒の遊びかた」基本の“七五三”とは

    写真・文/柳澤史樹ブーム、というよりすでにカルチャーとして定着した感のある「日本酒」。そもそ…

  6. 《旅のをはりの鴎どり/浮きつつ遠くなりにけるかも》(三好達治)【漱石と明治人のことば234】

  7. 90歳の清川妙さんが綴った吉田兼好流「よい友」の条件とは【兼好さんの遺言を読む4】

  8. 達人が教える「野鳥観察がもっと楽しくなる」2つの提案

  9. 「あきらめと辛抱が人間のカンドコではないでしょうか」【漱石と明治人のことば233】

  10. 「人間なんて弱いものなんだね」(永井龍男)【漱石と明治人のことば232】

  11. 稀代の愛猫家だった文士・大佛次郎の「猫コレクション」展覧会

  12. 「自然は濫費者であり、残酷な父母である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば231】

  13. 【サライ氏の日常 09】酷暑の夏を涼しく過ごす秀逸なアイデア。

  14. 『記念艦 三笠』に圧巻の「艦隊コレクション」模型展示を見にいく

  15. 童話作家・新美南吉の継母が就職かなった息子にかけた言葉【漱石と明治人のことば230】

  16. 鷲(ワシ)と鷹(タカ)の違いと究極の見分けポイント3つ

  17. 徳川将軍家ゆかりの品々が一堂に!「徳川将軍家へようこそ」展 

  18. 文士・尾崎紅葉が死の間際に弟子たちに贈ったことば【漱石と明治人のことば229】

  19. 平安時代の高僧「源信」が開けた《死後の世界》を目撃する展覧会

  20. 「やっぱり河豚はあたる」(吉川英治)【漱石と明治人のことば228】

  21. 旧日本兵が戦地から妻へ毎日送り続けた哀しい葉書【漱石と明治人のことば227】

  22. 「人間の生滅も花の開落も同じ宇宙の現象である」(高浜虚子)【漱石と明治人のことば226】

  23. 「人間は誰でも猛獣使いである」(中島敦)【漱石と明治人のことば225】

  24. 腕時計に彫金を施して唯一無二の逸品に仕立てる工房

  25. 詩人サトウハチローの妻が旦那の浮気記事を読んで呟いた一言【漱石と明治人のことば224】

  26. 英国の宣教師が日本の山の美しさを讃えたことば【漱石と明治人のことば223】

  27. 「空に真赤な雲のいろ。玻璃に真赤な酒の色。」(北原白秋)【漱石と明治人のことば222】

  28. オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴【オーディオ小僧のアナログ日誌 第9回】

  29. 「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた」(梶井基次郎)【漱石と明治人のことば221】

  30. 「長島茂雄はいつでもやっているのだ」(サトウハチロー)【漱石と明治人のことば220】

PAGE TOP