新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

尾戸焼は約350年前、土佐藩の藩窯に創始した。江戸時代には四国・土佐の国焼きとして広く知れ渡…

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

写真・文/鈴木珠美車内にあるアクセサリーソケットは、車内環境を快適に楽しくするもの。アクセサ…

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

高齢化社会を迎えている現在、ダイエット、健康食品・サプリメント、運動など、健康志向は高まるば…

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

現代においてリーダーに求められる資質は旧来とは異なってきている。現代のリーダーには「EQ」が…

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

オンザロックの氷がカランカランと心地よく響くクリスタルガラス。その涼やかな音はウイスキーの味…

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

最近では家事を積極的に行う男性も増えているといいます。マイボイスコム株式会社(https…

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

人が視覚から得ることのできる情報は全体の55%といわれており、第一印象の良し悪しに関しては出…

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、二挺拳銃の異名をとって大暴れするいい女。『月刊サンデーGX…

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    作家・三浦綾子が病床で愛用していた手鏡【文士の逸品No.27】

         

    ◎No.27:三浦綾子の手鏡文/矢島裕紀彦へその緒が首に巻きつき仮死状態で生まれ、体の奥に蒲柳(ほりゅう)の質を抱え込んだ。24歳で肺結核に罹患し、以降13年に及ぶ療養生活。とくに後半の6年余は、結核菌が背骨…

  2.  

    えっバナナ豆乳ウイスキー!? 誰も知らない面白ウイスキーレシピ4種

         

    文/鈴木拓也「ウイスキーの家飲みの仕方」と聞いて、ストレート以外に何が思い浮かぶだろうか?「…

  3.  

    「ロータス エラン」 “ハンサムなプレイボーイ” になって一緒に走る日を夢見て(横山剣のクルマコラム 第2回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  4.  

    現地ライターが推薦!巡ってみたいオーストリアの名城6選

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター)ハプスブルク帝国の都ウィーンを首都に持つアルプス…

  5.  

    桂歌丸さん(落語家)インタビュー『サライ』に語った波瀾の人生と座右の銘

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の談話を毎号お届けしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー」…

  6.  

    金剛院住職の「お寺ごはん」日々の食から“氣づき”を得るカフェ

         

    文/鈴木拓也大永2年(1522)に開創した古刹、真言宗豊山派の金剛院(東京都豊島区)…

  7.  

    夏目漱石が英国留学中に使っていた旅行ガイドブック【文士の逸品No.26】

         

    ◎No.26:夏目漱石の旅行ガイドブック文/矢島裕紀彦明治・大正期に海外へ出…

  8.  

    迷えるオヤジ世代こそ知っときたい最低限の「着こなしルール」とは?

         

    文/鈴木拓也出腹、痩せ、薄毛、シワなど、加齢に伴って目立ち始める身体の変化。そのせい…

  9.  

    「いすゞ ベレット」 “僕はタイムマシンに乗ってソウルフルな世界にワープした”(横山剣のクルマコラム 第1回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  10.  

    なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性

         

    文/柿川鮎子 写真/木村圭司蓼食う虫も好き好きと言いますが、鳥も虫と同じように好き嫌いがあり…

  11.  

    切腹したくない武士がなぜ切腹するに至ったか?映画『切腹』衝撃の物語【面白すぎる日本映画 第20回】

         

    文・絵/牧野良幸『切腹』は小林正樹監督の1962年(昭和37年)の作品であるが、僕は…

  12.  

    専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

         

    家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

  13.  

    キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

         

     文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

  14.  

    白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

         

    終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

  15.  

    夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

         

    ◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

  16.  

    知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

         

    文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

  17.  

    新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

         

    新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

  18.  

    朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1985年韓国生まれ、韓国と日本で育ったギタリストの朴葵…

  19.  

    【インタビュー】山﨑 努さん(俳優)「誰もが試行錯誤する“人間のアマチュア”なんです」

         

    【サライ・インタビュー】山﨑 努さん(やまざき・つとむ、俳優)――映画デビュー57年、1…

  20.  

    江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの哀感【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  21.  

    文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】

         

    ◎No.24:夏目漱石の日記帳文/矢島裕紀彦宮城県仙台市の東北大学附属図書館…

  22.  

    【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年8月の第…

  23.  

    御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ落ち込んだり、悲しいことに出会ったりしたとき、映画や音楽に接することで、気持ちが…

  24.  

    今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オーディオ小僧のアナログ日誌 第19回】

         

    文・絵/牧野良幸ポール・マッカートニーの2005年の作品に『ケイオス・アンド・クリエイシ…

  25.  

    元国税調査官が教える「やってはいけない老後対策」とは

         

    文/鈴木拓也主に長寿化と少子化が要因となって、年金制度に暗雲が立ちこめている。数年以…

  26.  

    プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑作ピアノデュオ【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)バルトークと並んで、近現代音楽への扉を開けてくれる最重要人物…

  27.  

    オレを認めて臭、根性臭…「加齢臭」がする話し方とは?

         

    文/鈴木拓也経団連は、企業会員を対象に「新卒採用に関するアンケート」を毎年実施してい…

  28.  

    カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするような生々しい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ハンガリー出身の作曲家バルトーク(1881~1945)ほ…

  29.  

    もしガウディが「建築家こだわりの宿」を建てたら【イシグロ妄想研究所 vol.5】

         

    構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)安藤忠雄による「ウェスティンホテル淡路」、隈研…

  30.  

    「ラファエル前派」の傑作名画に出会える英国美術館巡り

         

    文/塚田沙羅(ロンドン在住ライター)海外、特にヨーロッパへの旅行では美術館巡りを楽しみにして…

PAGE TOP