新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

現代と違う作曲当時の響きを実感できるラヴェル管弦楽集【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

今クラシック音楽の世界で、もっとも重要な潮流が、作曲家の生きていた時代の楽器や奏法を復元しようという動きである。1971年パリ生まれの指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロトが率いるオーケストラ、レ・シエクルは、その最先端にいる。

バロック、古典派、ロマン派、近代まで、あらゆる時代の曲目に応じた新旧の楽器を使い分ける柔軟さがその身上である。

新譜『ラヴェル:マ・メール・ロワ、クープランの墓、他』では、20世紀初頭のフランスの楽器を用いて、現代とは明らかに色彩感の違う響きを作り出している。その特徴は少しの“ざらつき”である。

ラヴェルの音楽がテーマとしているおとぎ話のような世界、夢の中の出来事を描くだけにはとどまらない。むしろ本物の肌に触れるような感覚のざわめきとダイナミズムがここにはある。そこがこのオーケストラのすごいところだ。

新しい響きのフランス近代音楽を堪能できる1枚である。

【今日の一枚】
ラヴェル:マ・メール・ロワ、クープランの墓、他
フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮レ・シエクル

2017年録音
発売/キングインターナショナル
電話:03・3945・2333
販売価格/3000円
>>試聴はこちらから

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年10月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP