新着記事

ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】 オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】 顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策 トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

現代と違う作曲当時の響きを実感できるラヴェル管弦楽集【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

今クラシック音楽の世界で、もっとも重要な潮流が、作曲家の生きていた時代の楽器や奏法を復元しようという動きである。1971年パリ生まれの指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロトが率いるオーケストラ、レ・シエクルは、その最先端にいる。

バロック、古典派、ロマン派、近代まで、あらゆる時代の曲目に応じた新旧の楽器を使い分ける柔軟さがその身上である。

新譜『ラヴェル:マ・メール・ロワ、クープランの墓、他』では、20世紀初頭のフランスの楽器を用いて、現代とは明らかに色彩感の違う響きを作り出している。その特徴は少しの“ざらつき”である。

ラヴェルの音楽がテーマとしているおとぎ話のような世界、夢の中の出来事を描くだけにはとどまらない。むしろ本物の肌に触れるような感覚のざわめきとダイナミズムがここにはある。そこがこのオーケストラのすごいところだ。

新しい響きのフランス近代音楽を堪能できる1枚である。

【今日の一枚】
ラヴェル:マ・メール・ロワ、クープランの墓、他
フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮レ・シエクル

2017年録音
発売/キングインターナショナル
電話:03・3945・2333
販売価格/3000円
>>試聴はこちらから

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年10月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP